長友佑都の学歴:出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と実家の家族構成・生い立ち

スポンサーリンク

記事「長友佑都の学歴:出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と実家の家族構成・生い立ち」アイキャッチ

日本代表のサイドバックとして活躍されている長友佑都さん。

小さい体ながら、強靭な肉体とスタミナの持ち主で、苦しい時間帯に何度も日本を救ってくれていますよね。

そんな長友佑都さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケを紹介します。

スポンサーリンク

長友佑都の出身大学

長友佑都さんの出身大学は、明治大学 政治経済学部です

明治大学 政経学部は偏差値64の学校です。

長友さんは、2005年4月に大学へ進学し、2009年3月に卒業しています。

学校名  明治大学
学科・コース 政治経済学部
偏差値  64
所在地 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
最寄駅  お茶の水駅(JR中央線)神保町・小川町(都営地下鉄新宿線)
公式サイトHP https://www.meiji.ac.jp/
著名な卒業生 山田大記・室屋成・丸山祐市(サッカー日本代表) 他

長友佑都の大学時代

高校卒業後は指定校推薦で明治大学に進学した長友佑都さん。

大学でサイドバックにコンバートされたことで一気に才能が開花します。

そして、大学在学中にFC東京とプロ契約を結んでいます。

長友佑都の出身高校

長友佑都さんの出身高校は東福岡高等学校です。

東福岡高等学校は偏差値48~61の学校です。

長友さんは、2002年4月に高校へ進学し、2005年3月に卒業しています。

学校名  東福岡高等学校
学科・コース 普通科
偏差値  48-61
所在地 〒164-0011東京都中野区中央2-56-2 
最寄駅  博多駅(JR鹿児島本線)・東比恵駅(福岡市地下鉄)
公式サイトHP http://www.higashifukuoka.ed.jp/
著名な卒業生 有田隆平(ラグビー)・村田修一・田中賢介(プロ野球) 他

長友佑都の高校時代

画像引用:https://akasannz.com/

画像引用:https://akasannz.com/

地元の愛媛を離れ福岡県にあるサッカーの強豪校・東福岡高等学校に進学した長友佑都さん。

寮生活を送らければならない東福岡高校への進学は、お母さんへ経済的な負担をかける選択でした。

しかし、将来何としてもプロになると決意し東福岡高校への進学を決めたそうですよ。

長友佑都さん自身、この決断がなかったら、地元で細々とサッカー続け、そこでサッカー人生は終えていたと語っています。

東福岡高校への進学が長友佑都さんにとって人生の分岐点だったことは間違いないでしょう。

高校時代は「練習の鬼」となり、朝は5時から練習し、昼休みやほんの少しの時間でもあればトレーニングをしていたそうです。

当時の自分は誰よりも練習していたという自負があるそうですよ。

そんな努力の甲斐あって、高校2年生の時にはレギュラーを獲得し、高校3年生のときには全国高校サッカー選手権大会に出場しています。

長友佑都の出身中学校

長友佑都さんの出身中学校は、西条市立西条北中学校です。

長友さんは、1999年4月に中学校へ進学し、2002年3月に卒業しています。

学校名 西条市立西条北中学校
所在地 〒793-0027愛媛県西条市朔日市400
最寄駅 伊予三芳駅(JR予讃線)
公式サイトHP https://saijo-kita-j.esnet.ed.jp/
著名な卒業生

長友佑都の中学校時代

画像引用:https://celestial.wp-x.jp/

画像引用:https://celestial.wp-x.jp/

小学校時代にクラブチームのセレクションに落ちた長友佑都さん。

中学のサッカー部に入部してからも、その挫折から立ち直ることができなかったそうです。

ろくに練習もせずに髪を茶色に染め、ゲームセンターに入り浸る日々を送っていたそうですよ。

しかし、サッカー部顧問の先生が「お前達と一緒にサッカーがしたい」と本気の説得に号泣。

その後は心を入れ替え、県大会3位に食い込むほどの強豪中学校に成長を遂げています。

長友佑都の出身小学校

長友佑都さんの出身小学校は、西条市立三芳小学校です。

長友さんは、1993年4月に小学校へ進学し、1999年3月に卒業しています。

学校名 西条市立三芳小学校
所在地 〒799-1301愛媛県西条市三芳1217
最寄駅 伊予三芳駅(JR予讃線)
公式サイトHP https://saijo-miyoshi-e.esnet.ed.jp/
著名な卒業生

長友佑都の小学校時代とサッカーを始めたキッカケ

長友佑都さんがサッカーを始めたのは小学1年生のときのこと。

始めた動機は「好きな女の子がいてその子にモテたかったから」なんだとか。

そんな理由で始めたサッカーですが、やってみるとすぐにサッカーの虜になります。

元々の運動神経が良いこともあってメキメキと上達したんだそうですよ。

小学校時代のチームでは1番うまく、「俺にボールを出せ。そうすればゴールを決めてやる」という気持ちでプレーしていたと、当時を振り返り語られています。

そんなキング状態だった小学校時代の長友佑都さんですが、6年生で受けた愛媛FCのセレクションで不合格となってしまったことで、大きな挫折を経験されたそうです。

長友佑都の出身地と実家の家族構成

画像引用:https://livedoor.blogimg.jp/

画像引用:https://livedoor.blogimg.jp/

1986年9月12日生まれ、愛媛県西条市出身の長友佑都さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、長友佑都さん、2歳年下の弟さんの5人家族でした。

しかし、ご両親は長友佑都さんが小学3年生の時にすでに離婚されています。

お母さんは冠婚葬祭の司会業をしながら、女手一つで3人の子供を育てました。

生活は楽ではなかったでしょうが「子供にかかるお金は必要なものだから気にしなくていい」と、色々な出費をためらうことは一切なかったそうですよ。

こんな懐深いお母さんに育てられたからこそ、今の長友佑都さんの活躍があるのでしょうね。

また、長友家はスポーツ一家で、母方のお祖父さんは元競輪選手の吉田達雄さん、そして大叔父の吉田実さんも元競輪選手なんだそうです。

父方のお祖父さんは明治大学出身の元ラガーマンだそうなので、長友佑都さんの身体能力の高さはご家族からの遺伝もあるのでしょう。

ちなみに弟の宏次郎さんもサッカー経験者で、「兄ちゃん(長友佑都さん)よりも才能がある」と周囲から評判だったそうですよ。

現在はFC東京の前身である「東京ガス」にお勤めなんだそうです。

まとめ

長友佑都さんの生い立ちや家族構成、学歴、サッカーを始めたキッカケについて調べてみました。

小学校時代に一度挫折を味わいながらも、誰よりも努力を重ね日本代表に上り詰めた長友佑都さん。

本当に強い精神力の持ち主なんだと思いました。
日本代表でもチームを盛り上げ、引っ張っていってくれることを期待しています。

長友佑都のプロフィール

《長友佑都のプロフィール 》
画像引用:https://pbs.twimg.com/本名 :長友佑都(ながともゆうと)
生年月日:1986年9月12日
出身地:愛媛県西条市
身長:170cm
血液型:O型

コメント

タイトルとURLをコピーしました