画像引用:https://rr.img.naver.jp/サッカー日本代表の正ゴールキーパーとして長きに渡り活躍されている川島永嗣さん。

チームの守護神として、メンバーをまとめ引っ張ってくれる存在ですよね。

そんな川島永嗣さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

川島永嗣のプロフィール

 

《川島永嗣のプロフィール 》
画像引用:https://images.virates.com/本名 :川島永嗣(かわしまえいじ)
生年月日:1983年3月20日
出身地:埼玉県与野市(現 さいたま市中央区)
身長:185cm
血液型:O型
所属事務所:FCメス(リーグ・アン)

 

 

 

川島永嗣の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

1983年3月20日生まれ、埼玉県与野市(現 さいたま市中央区)出身の川島永嗣さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、1歳年上のお兄さん、川島永嗣さんの5人家族です。

お姉さんとの年齢差は分かりませんでしたが、お姉さんは三姉弟の長女らしく、まさに姉御肌な女性なんだそうですよ。

お兄さんは、川島永嗣さんと同じくサッカーをされていたんだとか。

ポジションは左サイドバックで、高校でも活躍されていたそうですよ。

また、川島家は家族みんな背が高く、お姉さんも173cm、お兄さんも183cmと長身です。

川島永嗣さんのあの恵まれた体格はご両親からの遺伝なのでしょうね。

 

 


sponsored link

 

 

川島永嗣の出身小学校・中学校とサッカーを始めたキッカケ

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

川島永嗣さんの出身小学校は、与野市立八幡小学校です。

川島永嗣さんは小学2年生の時に与野八幡サッカースポーツ少年団に入部され、サッカーを始めています。

当時からゴールキーパー志望で、アルゼンチン出身の元サッカー選手・セルヒオ・ゴイコチェアに憧れていたそうですよ。

また、小学校時代から身体が大きかった川島永嗣さん。

小学6年生のときのこと。

中学生と試合をした際には、川島永嗣さんの身体の大きさに注目していたと中学時代のコーチが語っています。

川島永嗣さんの出身中学校は、与野市立与野西中学校で、

中学時代から本格的にゴールキーパーのポジションに固定されたのだとか。

そしてすぐにゴールキーパーとしての才能を発揮・

地区選抜メンバーへ、そして県の選抜メンバーへと順調にステップアップしていったそうですよ。

また、学校生活では学級委員を務めていたそうです。

こういった経験からチームをまとめる力が自然と身についたのかもしれませんね!

 

 

川島永嗣の出身高校・大学

 

画像引用:http://yuuki-s322.c.blog.so-net.ne.jp/

画像引用:http://yuuki-s322.c.blog.so-net.ne.jp/

 

川島永嗣さんは中学卒業後、埼玉県立浦和東高等学校(偏差値50)に進学されています。

中学時代から浦和東高校の野崎正治監督から声がかかっていたため、こちらの高校に進学されたようですよ。

また、このとき既に浦和レッズからも誘われていたというから驚きですよね。

高校時代もどんどん実力を伸ばし、3年間で選手権・国体・高校総体と、高校サッカー3大全国大会全てに出場を果たしています。

卒業後は成績が優秀だったこともあり、大学進学も勧められたようです。

しかし、プロでやっていくことを決意し大宮アルディージャへ加入しました。

その後は名古屋グランパス、川崎フロンターレなどへ移籍し、さらに2007年からは日本代表のゴールキーパーとして活躍されています。

 

 

まとめ

川島永嗣さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケについて調べてみました。

日本代表の不動のゴールキーパーとして長い間活躍されている川島永嗣さんですので、ロシアW杯でもチームの守護神として日本のゴールを守ってくれることでしょう。

川島永嗣さんの活躍を期待しています!!


sponsored link