スポンサーリンク

【小泉孝太郎の学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:https://i2.wp.com/甘いルックスと物腰の柔らかな雰囲気で、多くの女性ファンを集めている俳優の小泉孝太郎さん。

映画やドラマ、CM、バラエティ番組など、今やテレビで見ない日はないほど活躍されていますよね。

そんな小泉孝太郎さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

小泉孝太郎のプロフィール

 

《小泉孝太郎のプロフィール》
画像引用:https://anincline.com/本名 :小泉孝太郎(すこいずみこうたろう)
生年月日:1978年7月10日
出身地:神奈川県横須賀市
身長:177cm
血液型:AB型
所属事務所:イザワオフィス

 

 

 

小泉孝太郎の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/

画像引用:https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/

 

1978年7月10日生まれ、神奈川県横須賀市出身の小泉孝太郎さん。

小泉孝太郎さんといえば、曾祖父にあたる小泉又次郎さん、祖父の小泉純也さん、お父さんの小泉純一郎さん、3歳年下の弟の小泉進次郎さんと代々政治家で、政治家一家であることは有名な話ですよね。

また、お母さんは宮本佳代子さんといい、小泉孝太郎さんが4歳の時に離婚されていますが、この離婚にはなかなか複雑な理由があったんだとか。

詳しくは語られていませんが、小泉純一郎さんの姉の道子さんとお母さんの関係があまり良くなかったそうですよ。

当時、小泉孝太郎さんは4歳、進次郎さんは1歳で、更にお母さんのお腹には第三子の子供がおり妊娠6ヶ月だったそうです。

にもかかわらず、お母さんは家を出ていき子供は1人で産み、育て上げていますから、かなりの深い事情があったのでしょう。

そのため小泉孝太郎さんも1番下の弟さんには会ったことがなかったようです。

しかし、小泉純一郎さんが政界を引退したことを機に連絡を取るようになり、現在では一緒に食事をしたりしているようです。

長い年月がかかったにせよ、家族関係を修復できたことは本当に良かったですよね。

 

 

 

小泉孝太郎の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://buzz-press.com/

画像引用:http://buzz-press.com/

 

小泉孝太郎さんの出身小学校は神奈川県横浜市にある私立校関東学院六浦小学校です。

小泉孝太郎さんは子供の頃からお父さんとキャッチボールをしており、小学4年生からは本格的に野球を始めたんだそうですよ。

また、水泳教室にも通っていたところをみると運動神経は良かったのでしょうね。

代々政治家の家庭ということで、当然裕福なおぼっちゃま育ちであることは間違いありません。

礼儀や躾(しつけ)はとても厳しく、意外にもお父さんはお小遣いも全然くれなかったそうですよ。

出身中学校は関東学院六浦中学校で、小学校からの内部進学です。

俳優で歌手の上地雄輔さんとは子供の頃からの友達で、家にお泊まりをするほどの仲だったそうですよ。

 

 

小泉孝太郎の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://rr.img.naver.jp/

画像引用:https://rr.img.naver.jp/

 

小泉孝太郎さんは中学卒業後、系列の関東学院六浦高等学校(偏差値推定54)に進学されています。

同校は完全な中高一貫校のため偏差値は推定の数値しか分かっていません。

小泉孝太郎さんは高校時代、硬式野球部に所属し、甲子園を目指して練習に励んでいたそうですよ。

しかし、高校3年生のときに椎間板ヘルニアの一歩手前まで腰を痛めてしまい、野球を続けることができなくなり退部されたようです。

甲子園を目指していた小泉孝太郎さんにとって、この出来事は辛く悔しいことだったでしょう。

高校卒業後は二浪し、日本大学経済学部夜間部(偏差値45)に進学されています。

こちらの学部は2009年をもって廃止となっています。

そして大学在学中の2000年に、芸能界へ進むべくオーディションを受けるも落選しました。

しかし、小泉純一郎さんが総理大臣になったことで、息子である小泉孝太郎さんにも注目が集まります。

複数の芸能事務所からオファーを受け、現在の事務所と契約し芸能界デビューを果たしています。

 

 

まとめ

 

小泉孝太郎さん生い立ちや家族構成、学歴、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

芸能界入りのキッカケはお父さんの力もあったのかもしれませんが、その後はご自身の力でしっかりと自分の地位を確立されていますので、努力家で真面目な方なのでしょう。

小泉孝太郎さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

 

コメント