スポンサーリンク

古谷一行の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

古谷一行の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

役者として長きに渡り活躍されている古谷一行さん。

Dragon Ashの降谷建志さんのお父さんであることも有名な話ですよね。

そんな古谷一行さんの出身校や生い立ち、家族構成、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

 

スポンサーリンク

古谷一行の出身地と実家の家族構成

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nobuaki Kitamuraさん(@nobuaki0119)がシェアした投稿


1944年1月2日、東京市浅草区で生まれ、東京都豊島区で育った古谷一行さん。

古谷一行さんが生まれた頃、日本は戦時中だったため、生まれてすぐに信州に疎開されたそうですよ。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、古谷一行さん、妹さんの4人家族のようです。

ご両親の情報はあまりありませんでしたが、お父さんは写真館で写真家をされていたという情報がありました。

また、古谷一行さんといえば、長男がミュージシャンの降谷建志さんというのは有名な話ですよね。

同じ「ふるや」という名字でも漢字が違っていますが、これは降谷建志さんが〝親の七光りに頼らずにやっていきたい〟という強い想いから漢字を変えて、古谷一行さんが父親だということを隠して活動されていたそうですよ。

降谷建志さんも若者のカリスマ的存在でしたが、そんな降谷建志さんにとってもお父さんの存在はとても大きなものだったのでしょう。

 

古谷一行の出身小学校・中学校

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

piroさん(@piro_ra)がシェアした投稿


古谷一行さんの出身小学校は、豊島区立大塚台小学校です。

古谷一行さんは小学校時代、先生に勧められて区の演劇コンクールに出演された経験があるそうですよ。

この時から役者として何か光るものを持っていたのかもしれませんね。

古谷一行さんの出身中学校は、豊島区立高田中学校です。

同校は1999年に豊島区立雑司谷中学校と合併して豊島区立千登世橋中学校へと変わっています。

残念ながら中学時代の情報はありませんでしたが、かなり勉強はできるタイプだったようです。

 

古谷一行の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Matsusueさん(@massekun2)がシェアした投稿

古谷一行さんの出身高校は、東京都立板橋高等学校(偏差値44)です。

この偏差値は現在のものですが、古谷一行さんが在籍されていた頃は都立でも上位のレベルだったそうですよ。

高校時代、古谷一行さんは弁護士を目指していますので、高い学力を有していたことは間違いないでしょう。

高校卒業後は弁護士を目指して中央大学法学部(偏差値65)に進学されていますが、大学時代に演劇研究会に入ったことにより進路を大きく変更されています。

20歳だった1964年に俳優座の養成所に入所し、23歳の時に正式に俳優座に入団するなど、本格的に役者の道を歩みはじめたようです。

その後は1969年に「新撰組」で映画初出演を果たすと、以降は数々の作品に出演し、人気俳優へと成長を遂げています。

 

まとめ

古谷一行さんの生い立ちや家族構成、学歴、芸能界デビューのキッカケを紹介しました。

デビューから現在まで数多くの作品に出演されていますが、これほど長い間、第一線で活躍を続ける役者さんはなかなかいないと思いました。

間違いなく日本を代表する役者の一人ですので、これからも活躍を続けて欲しいです。

古谷一行さんのさらなるご活躍を期待しています。

 

次の記事へ>>>降谷建志(Dragon Ash)の学歴と偏差値

 

古谷一行のプロフィール

本名 :古谷一行(ふるやかずゆき)
生年月日:1944年1月2日
出身地:東京都豊島区(出生は東京市浅草区)
身長:170cm
血液型:A型
所属事務所:フロム・ファーストプロダクション

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました