スポンサーリンク

こがけん(お笑い芸人)の学歴と経歴:高偏差値大学出身のR-1ぐらんぷりファイナリスト

こがけんの学歴と経歴_R

画像引用:https://marucco-lino.com/

2016年にとんえんるずの番組『博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~』に出演し、『オーマイガーの人』としてプチブレークしている芸人・こがけんさん。

2019年3月には『R-1ぐらんぷり』の決勝戦に進出して話題を集めていますね。

そんな芸人・こがけんさんの学歴や経歴をご紹介します。

スポンサーリンク

こがけんの学歴

 

1979年2月14日生まれ福岡県久留米市出身のごがけんさん。

色々と調査してみたのですが、出身小学校・中学校・高校の情報を見つけることはできませんでした。

家族構成は、ご両親、2人のお姉さん、こがけんさんの5人家族。

こがけんさんは、末っ子の長男として、大切に育てられたのでしょうね!

こがけんさんは、小学生のころから映画好きな少年だったそうです。

小学生のころから『日曜洋画劇場』を観て育ったというこがけんさん。

映画館に行くといえば、お母さんからお小遣いをもらえたそうです。

ちょっと裕福なご家庭だったのかもしれませんね!

また、佐世保にはカフェを営む映画好きの叔父さんがいたそうで、よくSF映画やコメディー映画のビデオを観せられたそうです。

こがけんさんが得意としているハリウッドねたは、子供のころから映画に親しんでいたことが原点のようですね。

こがけんさんの出身大学は、慶應義塾大学商学部(偏差値:70)です。

芸人になっていなければ、エリートコースも夢ではない学歴ですね!

 

こがけんの経歴

 

就職することなく、学生時代の同級生・かんしさんと芸人の道に進んだこがけんさん。

慶應義塾大学卒業後、2001年4月吉本総合芸能学院に東京NSC7期生として入学します。

東京NSC7期の同期性には、もう中学生さんがいます。

さて、慶應義塾大学卒のお高学歴を捨て、お笑いの世界に飛び込んだこがけんさんでしたが、最初のお笑い芸人の生活はわずか4ヶ月で終わりを迎えてしまいます。

その理由は、親御さんに吉本総合芸能学院へ入学したことがバレたこと。

就職せずに芸人の道に進むことはご両親には内緒だったそうです。

親御さんの逆鱗に触れた結果、こがけんさんは芸人の道を諦めてしまいます。

そして、芸の道をあきらめた、こがけんさんが選んだ職業は、なんと板前。

こがけんさんは7年間もの間、板前として職人の道を歩んでいます。

慶應義塾大学卒業卒のキャリアがあれば、第二新卒だったとしても一流企業に進めそうな気もするのですが、芸人そして職人の道を選んだこがけんさん。

 

こがけんさんの芸暦

 

こがけんさんがお笑い芸人として再始動したのは2008年のこと。

キッカケは、お笑いの世界に一緒に飛び込んだ学生時代の同級生・かんしさんとの再開。

共通の友達の結婚式の余興で、かんしさんとコンビを組んだことがキッカケで、こがけんさんはお笑いの世界に戻ってきます。

しかし、泣かず飛ばずで苦労をしたこがけんさん。

『博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~』に出演している『オーマイガーの人』として、プチブレークするも、芸人としての収入はわずか月5000円程度。

公園の清掃などのアルバイトで生活を支える日々が10年以上も続いているそうです。

はたして、2019年の『R-1ぐらんぷり』の決勝進出をキッカケに、こがけんさんの生活は楽になるのでしょうか?

そんなことを心配しているのは私だけでしょうか?

 

こがけんのプロフィール

本名:古賀憲太郎
生年月日:1979年2月14日
出身地:福岡県久留米市
血液型:A型
身長:178 cm
出身 NSC東京校7期

コメント

タイトルとURLをコピーしました