スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】福山雅治の出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:https://i1.wp.com/tubuyakisan.com/wp-content/uploads/2016/12/FUKU.jpg長きにわたり、日本中の女性を虜にしてきた福山雅治さん。

シンガーソングライター、俳優だけではなく、ラジオDJやタレントとしての才能にもあふれていますね!

そんな福山雅治さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケなどを調べてみましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

福山雅治のプロフィール

《福山雅治のプロフィール》
画像引用:https://i2.wp.com/funip.jp/wp-content/uploads/2014/04/3115445472471828bd5e4f6af087146c.jpg?resize=180%2C180本名:福山 雅治(ふくやま まさはる)
生年月日:1969年2月6日
出身地:長崎県長崎市
身長:180cm
血液型:O型
所属事務所:アミューズ

 

 

 

福山雅治の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://sunnystation.info/

画像引用:http://sunnystation.info/

 

1969年2月6日生まれの福山雅治さんは、長崎県長崎市出身です。

生まれた時は、4000gを超える、大きな赤ちゃんでした。

家族構成は、両親に兄が1人という4人家族。

両親はともに戦争中の長崎で被爆されています。

特に父親は、大きく被爆された方だったといいます。

つまり、福山さんは被爆二世という立場です。

福山さんの父は明さんといい、被爆によって思うように体が動かなかったためか、定職には就いていなかったようです。

そんな父は、家にはほとんどおらず、麻雀ばかりしている方だったといいます。

そして、母親は、とてもしっかりした働き者の母だったようです。

定職に就いていなかった父の代わりに母がパートに行き、一家の生計は母のパート代が頼りでした。

しかし、父のお酒代やマージャン代に大半が消えていき、一家の生活は相当苦しかったようです。

そんな父は、福山さんが17歳の時に病気で他界します。

葬式には、麻雀仲間が参列し、小指のなかった父親の棺に泣きながら牌を入れる姿を見て、違和感を覚えたようです。

被爆一世で思うように体が動かず、日々健康を失っていく父でしたので、長生きができなかったのかもしれません。

理想的な家族ではなかったようですが、福山さんはそんな父に同情の思いもあるようで、恨んでではいないようです。

ちなみに母は若い頃に洋服店に勤めていたことがあり、その間に資格を取得し、50歳にしてカラーコーディネート講師になったそうです。

努力の人ですよね。

また、兄は自衛官をしており、現在は結婚して子供が3人いるようですね。

 

 

 

 

福山雅治の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://iropel0103.com/

画像引用:http://iropel0103.com/

 

福山雅治さんは、長崎市立稲佐小学校出身です。

小学校時代の福山さんは、とてもやんちゃで活発な男の子だったようです。

小学校を卒業した福山雅治さんは、長崎市立淵中学校に進学します。

中学校ではブラスバンド部に所属し、ホルンを吹いていたという福山さん。

中学3年生では部長も務めます。

中学1年生の時、兄の影響でギターを弾き始めた福山さん。

中学2年生ではバンドを組み、卒業式前日に体育館で最初で最後のライブを開いたようです。

それ以外にも兄と一緒にバンドを組んで演奏をしていたようで、兄弟仲はとても良かったようですね。

またこの頃、福山さんは初恋も経験します。

初めての彼女ができるのです。

この彼女とは純愛を貫き、高校時代まで長く交際をしていたようです。

中学時代の福山さんは、この時既に女の子にモテモテだったそうです。

音楽の時間は席が自由に座れるので、みんな必死に福山さんの近くに座ろうとしていたというエピソードもあります。

あんなにかっこいい人がクラスにいたら、もちろん女の子は夢中になりますよね!

 

 

福山雅治の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://i.ytimg.com/vi/RBmllSTbnkw/maxresdefault.jpg

画像引用:https://i.ytimg.com/

 

中学を卒業した福山さんは、長崎県立長崎工業高等学校に進学します。

こちらの高校の偏差値は現在56ですが、福山さんが在籍していた当時は40半ばだったそうです。

高校時代はブラスバンド部には所属せず、なぜか茶道部に入ります。

理由はお菓子が食べられるからだったらしく、なんとも福山さんらしい動機ですね。

高校時代の福山さんはとてもやんちゃな生徒だったといいます。

校則で禁止されていたバイクに乗り回したりして停学になることもあったようです。

しかし、ヤンキーだったというわけではなく、周りからの信頼も厚く、リーダー的な存在だったといいます。

そしてイケメンだった福山さんは近隣の女子高生からももてまくり、ファンクラブまであったそうな。

しかし、福山さんは非常に一途で初恋の彼女との交際を続けており、初めて自分で作った曲も彼女に捧げる歌だったそうです。

まさしく、「初恋」「純愛」ですね!

高校卒業後は大学には進学せず、地元の電機メーカーに就職した福山さん。

ですが、音楽への思いが絶ちきれず、5か月で退職してしまいます。

そして、「東京に出てビッグになる」と決めた福山さんは、当時の愛車であったバイクを売却し、20万円を手にします。

その20万円を資金とし、単身夜行列車に乗って上京しました。

夜行列車では、お金を盗まれないよう、靴下の中にその20万円を隠していたそうです。

確かに靴下の中にそんな大金が入っているなんて、誰も予想できないですね!

上京後は、東京にいる友人宅に居候しながら、音楽活動を行います。

ですが、当初は全く売れず、貧困時代を経験します。

オーディションに受かって事務所に所属をしてからは、俳優業も行うようになったようです。

そして、1993年ドラマ「ひとつ屋根の下」の出演で、一気に大ブレイクをします。

それからの福山さんは長年トップアーティストとして、マルチな才能を生かしながら、大人気を維持していますね!

 

まとめ

 

 

長年独身を貫き、”独身最後の砦”とまで言われていた福山雅治さん。

そんな福山さんも、女優・吹石一恵さんと結婚してお子さんも生まれ、順風満帆な人生を送られていますね。

そんな福山雅治さんの今後の活躍は、ますます飛躍するものになるのではないでしょうか?

 

コメント