スポンサーリンク

北野武の学歴と偏差値:出身校(小学校、中学校、高校、大学)

 

記事『北野武の学歴と偏差値』のアイキャッチ

お笑いタレント、俳優、そして映画監督と多彩な才能を発揮している北野武さん。

もはや日本だけでなく、”世界の北野”と言われて世界中にファンを持つ大物芸能人ですよね。

そんな北野武さんの学歴や出身校の偏差値をご紹介します!

スポンサーリンク

北野武の出身小学校

1947年1月18日生まれ、東京都足立区出身の北野武さん。

北野武さんの出身小学校は、足立区立梅島第一小学校です。

北野武さんは、東京都台東区浅草で生まれましたが、生まれてすぐに足立区に引っ越したそうです。

少年時代の北野武さんは、色白で細くて小柄。

しかしながらも、身軽で俊敏だったため、友人たちからは「ターチ」と言われていたそうです。

北野家の四男として生まれた北野武さんは、祖母には大変可愛がられながらも、母からは非常に厳しく育てられました。

そんな教育熱心な母親のおかげか、小学校時代の北野武さんは成績が非常に優秀だったそうです。

特に、算数と図工の成績はトップクラスだったとか。

北野武さんのお兄さんは、大学教授ですし、北野武さんも非常に頭の回転の良い方ですので、少年時代は成績優秀だったと聞いて納得ですよね!

 

北野武の出身中学校

北野武さんの出身中学校は、足立区立第四中学校です。

実は、北野武さんの住んでいた場所は他の中学校の校区だったそうです。

しかし、教育熱心な母親が進学校への受験を考慮し、遠く離れた学区外の中学校へ通わせたそうです。

小学校時代から野球をしていた北野武さんは、中学校では野球部に所属。

成績が優秀だった上に、スポーツ万能でもあったんですね!

 

北野武の出身高校

北野武さんは、中学校卒業後には都立足立高校に進学をしています。

足立高校は、現在の偏差値は46程度ですが、当時は中堅クラスの進学校として知られていました。

北野武さんが在籍時には偏差値と言う概念はありませんでしたが、現在で言うと偏差値60前後のレベルだったようです。

高校時代の北野武さんは、軟式野球部に所属。

北野武さんは、小学校時代から硬式野球をプレーしていたようですが、高校では軟式に転向しています。

その理由は、中学校の同級生に後にロッテのエースとなる成田文男さんがおり、自分の野球の才能の限界を感じてしまい、軟式に転向をしたそうです。

また、高校時代にはボクシングジムに通っていたこともありました。

やはりこの頃も野球やボクシングと様々なスポーツをプレーし、運動神経が良かったようですね。

北野武の出身大学

北野武さんは、高校卒業後には明治大学工学部機械工学科(現在の理工学部)に進学をしています。

現在、同大学の同学部の偏差値は58程度ですが、北野武さんが進学した際はもう少し入学が容易だったそうです。

北野武さんは、高校3年生の夏休み以降は、1日12時間もの猛勉強をし、見事現役で大学に合格しています。

しかし、大学生活にはあまり馴染めず、ジャズ喫茶やクラブのボーイ、解体工、タクシー運転手など多数のアルバイトに明け暮れていたようです。

アルバイト三昧であてのない生活をしていた北野武さんは、結局大学に通えなくなってしまい、その後は除籍をしています。

以降は、バイト先で知り合った、後の映画監督・若松孝二さんの紹介で映画などの端役に俳優として出演をするようになります。

そして、26歳の時にはお笑い芸人を目指してツービートを結成。

お笑いの才能を発揮した北野武さんは、一気に人気芸人となり、芸能界の第一線で活躍をするようになりました。

まとめ

北野武さんの学歴や出身校をご紹介しました。

今や日本を代表する名映画監督ともなった北野武さん。

若い頃は目的もなく、人生の岐路に立たされたこともあったのですね。

これからもその類まれな才能を発揮し、日本の芸能界を元気づけてくれると嬉しいですね!

北野武のプロフィール

名前:北野 武(きたの たけし)

生年月日:1947年1月18日

出生地:東京都台東区

身長:168cm

血液型:O型

コメント

タイトルとURLをコピーしました