スポンサーリンク

大下容子アナの学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち

画像引用:https://joshiana-room.com/テレビ朝日のアナウンサーとして、活躍されている大下容子さん。

長きに渡り第一線で活躍されていて、現在も情報番組など毎日のようにテレビで見かけますよね。

そんな大下容子さんの出身校や生い立ち、家族構成をご紹介します。

スポンサーリンク

大下容子のプロフィール

 

《大下容子のプロフィール 》
画像引用:https://joshiana-room.com/本名 :大下容子(おおしたようこ)
生年月日:1970年5月16日
出身地:広島県広島市南区
身長:161cm
血液型:A型
所属:テレビ朝日

 

大下容子の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://1993mitakai.jp/

画像引用:http://1993mitakai.jp/

 

1970年5月16日生まれ、広島県広島市南区出身の大下容子さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、大下容子さんの4人家族です。

大下容子さんのご実家は、広島市南区で「大下医院」という内科医院を経営されているんだそうですよ。

もともとお父さんがお医者さんだったようですが、お兄さんも後を継いで医者となり、現在はお兄さんが理事長を務めているようです。

なお、広島県出身の元プロ野球選手の大下剛史さんの娘であると報道されたことがありますが、お父さんはお医者さんであるため、この情報は誤りです。

 

大下容子の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://joseiana.com/

画像引用:https://joseiana.com/

 

大下容子さんの出身小学校は広島大学附属小学校です。

さすがご実家が内科医院を経営する、いわばいいところのお嬢様な大下容子さんだけあって、小学校から国立の学校に通われていたんですね!

小学校の頃から頭脳明晰であると共に運動神経も抜群で、小学校時代は陸上部に所属していたんだそうですよ。

中学は系列の広島大学附属中学校(偏差値73)に内部進学し、中学時代はバレー部に所属されています。

お父さんもお兄さんも医者ということで、大下容子さんも将来は医師の道を目指したこともあったようですが、理数系の科目が苦手だったため断念されたそうですよ。

 

大下容子の出身高校・大学

 

画像引用:http://alice36.com/

画像引用:http://alice36.com/

 

大下容子さんの出身高校は、広島大学附属高等学校(偏差値75)です。

大下容子さんは小学校から系列の学校に通われていたので、高校もそのまま内部進学されたのでしょう。

内部進学というと一般の試験よりも軽くみられがちですが、国立の付属高校へ内部進学するためには、高いレベルの学力が求められます。

また、広島大学附属高校は県内屈指の進学校ですし、難関大学への進学者も多いことから、大下容子さんも相当の学力を有していたと言えるでしょうね。

高校時代はバレー部に所属しながら友人と女子バンドを組むなど、アクティブな学校生活を送られていたようですよ。

高校卒業後は慶應義塾大学法学部法律学科(偏差値70)に入学し、大学時代はテニスサークルに所属されています。

そして、大学卒業後の1993年からテレビ朝日に入社し、アナウンサーとしての道を歩み始めました。

 

まとめ

 

大下容子さんの生い立ちや家族構成、学歴をご紹介しました。

お父さんとお兄さんがお医者さんで、ご自身はアナウンサーなんて、絵に描いたような理想の家族だなと思いました。

また、1993年に入社してから、ずっとアナウンサー一筋で活躍されていることは本当に素晴らしいですよね。

これからも後輩アナウンサーの目標や指針となれるように頑張ってほしいです。
大下容子さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 
【この記事の動画版はこちら!!】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました