スポンサーリンク

長谷川博己の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

画像引用:https://365d-happy.com/wp-content/uploads/2015/05/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E5%8D%9A%E5%B7%B1.jpg?ssl=1端正な顔立ちと抜群のスタイル、そしてどんな役でも演じられるその演技力で人気を集めている長谷川博己さん。

数々の映画やドラマに出演されていますよね。

そんな長谷川博己さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

スポンサーリンク

長谷川博己の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://yononakanews.com/

画像引用:https://yononakanews.com/

 

1977年3月7日生まれ、東京都八王子市出身の長谷川博己さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、長谷川博己さん、妹さんの4人家族です。

お父さんは長谷川堯(たかし)さんといって、日本の建築史家、建築評論家であり、武蔵野美術大学の名誉教授も務める凄い方なんだとか。

今までに約20冊もの本を出版し、著書『都市廻廊』で毎日出版文化賞を受賞されているそうです。

長谷川博己さんには、品格のある雰囲気がありましたが、芸術家の家庭で育ったのなら納得できますね。

また、長谷川博己さんといえば「塩顔」の男前なルックスですが、妹さんもキリッとした美人さんなんだそうですよ。

お母さんは一般の方のようで、詳しいことはあまり分かっていません。

 

長谷川博己さんの出身小学校・中学校

 

画像引用:https://nakasuga13.com/

画像引用:https://nakasuga13.com/

 

長谷川博己さんの出身小学校は公開されていませんでしたが、小学3年生の頃、お父さんの仕事の都合で1年間イギリスで生活されていたそうです。

長谷川博己さんは帰国子女だったんですね。

しかし、滞在は1年間と短かったので、英語力はあまり上達しなかったそうですよ。

また、小学校時代から映画を見るのが大好きで、東京都立川にある映画館「シネマシティ」が、まだ平屋の映画館だった頃から、足繁く通っては映画を観ていたそうです。

長谷川博己さんは中学受験に全て失敗したそうで、その時に「明日からまた生きるぞ」と力をくれた映画が、ここで観た「ダイ・ハード」だったと語っています。

出身中学校も公開されていませんでしたが、中学時代はバスケットボール部に所属していたんだとか。

長身の長谷川博己さんなので、さぞかし上手かったんだろうなと想像しましたが、当時は身長が156cmだった上に、バスケの強豪校だったため、3年間補欠で試合への出場機会はほとんどなかったそうです。

 

長谷川博己の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

長谷川博己さんの出身高校についても、諸説あり特定することができませんでした。

長谷川博己さんの出身高校として最も有力なのが八王子高校です。

この八王子高校は古くから多摩地区の進学校として知られている偏差値65の共学高校です。

八王子高校はバスケットボール部は全国大会レベルの強豪校であること、長谷川さんの出身大学も八王子にあることより、長谷川博己さんの出身高校が八王子高校である、というの納得感のある情報です。

ただ、一方で長谷川さんがインタビューで『ずっと男子校に通っていた。』と話していたとの情報があることより、八王子高校の出身説に否定的な意見も多くあります。

長谷川博己さんの出身高校として2番目に多いのが桐朋高校出身説です。

桐朋高校は東京都国立市にある偏差値71の超進学校です。

また男子校に通学していたという長谷川さんのインタビュー情報にも合致します。

さらに、長谷川博己さんの出身高校が出身大学の付属である中央大学附属高校であるとの情報もあります。

中央大学附属高校は偏差値70の共学です。

しかし、中央大学附属が共学になったのは2001年のことで、長谷川博己さんが高校生だった頃は男子校でした。

さらに、中央大学附属高校はバスケットボールの強豪校としても知られています。

結局、長谷川博己さんの出身校高校は特定できませんでした。

しかし、どの高校だったとしても、中学生の頃の長谷川さんが学業優秀だったことは間違いなさそうですね!

高校時代の長谷川さんはバスケ部には所属せず、そのストレスから解放されたことで、身長が急激に伸びたのかもと語っています。

また、本人曰く「高校時代はよく遊んだ。どんな遊びかは言えない」というエピソードもありました(笑)

高校卒業後は、中央大学文学部(偏差値58)に進学されています。

本当は映画監督になりたくて日本大学芸術学部を受験しましたが、残念ながら不合格だったようです。

そして在学中、演劇を始めたことが人生のターニングポイントとなり、役者になりたいと強く思うようになったんだそうです。

このため、大学を卒業しても就職はせず、24歳の時にようやく、念願の文学座附属演劇研究所に入所されています。

その後正座員になれたのが29歳の頃でしたが、それからわずか8ヶ月で退団し、俳優として端役ながらも地道に演技の経験を積んでいったようです。

 

まとめ

 

長谷川博己さんは意外と苦労人で、初の主演作品が34歳とはとても驚きました。

しかし、その確かな演技力は、若い頃に文学座でしっかり培ったお陰なのでしょう。

長谷川博己さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

長谷川博己のプロフィール

 

《長谷川博己のプロフィール》
画像引用:https://web-chiku.info/wps/wp-content/uploads/2016/03/20131009184217125459_59_201310100002041.jpg本名 :長谷川博己(はせがわひろき)
生年月日:1977年3月7日
出身地:東京都八王子市
身長:182cm
血液型:A型
所属事務所:ヒラタオフィス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました