スポンサーリンク

【中垣内祐一の学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち、バレーボールを始めたキッカケ

画像引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/バレーボール全日本のスーパーエースとして大活躍をし、日本中を沸かせた垣内祐一さん。

現在は、バレーボール全日本男子の監督として、後輩の指導にあたっています。

そんな中垣内祐一さんの生い立ちや学歴、そしてバレーボール界デビューのキッカケについて調べてみましたのでご紹介します!

スポンサーリンク

中垣内祐一のプロフィール

 

画像引用:http://capyblo.net/本名:中垣内 祐一(なかがいち ゆういち)
生年月日:1967年11月2日
出身地:福井県福井市
身長:194㎝
血液型: 非公表

 

 

 

中垣内祐一の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://tankentai.biz/

画像引用:http://tankentai.biz/

 

中垣内祐一さんは、1967年11月2日、福井県福井市江上町にて誕生しました。

実家の家族構成は、残念ながら公開されていませんでした。

あまりプライベートのことはお話されない主義なのかもしれません。

身長が194㎝ある中垣内さんですが、これだけ大きいとなるとご両親も高身長であった可能性が高いです。

運動などによって身長が伸びることはありますが、これだけ高い場合は、ほとんどが遺伝の影響でしょう。

ですので、中垣内さんのご両親は、平均身長を遥かに上回る、高身長だったのではないでしょうか?

また、兄弟の有無も不明ではありますが、兄弟がいるなら中垣内さん同様に高身長である可能性も高いでしょう。

これほどまで恵まれた体格は、両親譲りの部分がかなり大きいのではないでしょうか。

 

 

 

 

中垣内祐一の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://connectommy.jp/

画像引用:https://connectommy.jp/

 

中垣内祐一さんの出身小学校は、福井市立鶉小学校です。

小学校時代の中垣内さんは、野球をやっていたという野球少年でした。

バレーボールと同じ球技であり、チームスポーツである野球をやっていたことは、後にバレーボールをするためのキッカケになったかもしれませんね。

小学校卒業後は、福井市立川西中学校へ進学をします。

中学校では野球部に入りたかった中垣内さんですが、担任の先生から勧められ、バレーボール部に入部をします。

それまでは身長はそれほど高くなかったという中垣内さんですが、中学校3年間で30㎝も身長が伸びたそうです。

現在194㎝の中垣内さんですので、逆算をすると中学校入学時は160㎝前後だったのではないでしょうか。

中学校時代の中垣内さんは、バレーボール部で活躍をすると同時に、学校の成績もトップクラスだったと言われています。

まさしく文武両道と言う言葉がぴったりの中垣内さん。

きっと女子生徒にもモテモテだったことでしょう。

 

 

中垣内祐一の出身高校・大学とバレーボール界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

中垣内祐一さんの出身高校は、藤島高校です。

同校は、福井県内にある公立高校で、福井県内では最も難しいと言われている進学校です。

偏差値は68と非常に高く、数多くの著名人を輩出している、伝統ある進学校です。

進学校ですので、スポーツ推薦もありません。

つまり、中垣内さんは自分自身の学力で同校に入学をしています。

県内で最難関の高校に、自分の学力だけで入学をしているということですので、相当な頭脳の持ち主だったのでしょう。

高校ではバレーボール部に所属をした中垣内さん。

ですが、同校のバレーボール部は弱小であり、進学校らしく学業が優先。

そんな中で中垣内さんは頭角をあらわし、県内でも注目を浴びるようになります。

実家から高校まで、片道10キロの距離を毎日自転車通学をし、筋力を鍛えたという中垣内さん。

高校時代は優秀な選手として地元では注目され、弱小だったチームも県大会4位という成績を残します。

しかし、全国大会に出場する機会はありませんでした。

高校を卒業した中垣内さんは、筑波大学に進学。

高校時代にバレーボールで注目をされていた中垣内さんは、同大学の体育専門学群に在籍。

同学部の偏差値は58と、日本にある体育学部の大学では最も難関とされています。

同大学のバレーボール部は全国でも強豪として知られています。

大学ではバレーボール部に所属し、才能を開花していった中垣内さん。

大学4年生の時には、全日本代表にも選ばれます。

大学卒業後は、実業団である新日本製鉄に入社。

すぐにMVPや新人賞にも選ばれ、数々の賞を総なめにします。

1992年にはバルセロナ五輪にも出場し、1994年には全日本の主将も務めます。

2004年に現役を引退するまで、全日本男子バレーボールのスーパーエースとして大活躍。

素晴らしい実力と端正なルックスからも、「ガイチ」の愛称で、アイドル並みの人気を誇りました。

現役引退後は、堺ブレイザーズの監督に就任をし、Vリーグ優勝に貢献。

2011年から2013年までは、全日本男子バレーボールのコーチに就任。

2016年には全日本男子バレーボールの監督に選出をされます。

ですが、同年11月に交通事故を起こし、処分を受けます。

翌年の6月には謹慎が解け、全日本監督に復帰をし、現在に至ります。

 

まとめ

 

 

”ミスターバレーボール”としての異名を取り、日本の男子バレーボール界に大きく貢献をした中垣内祐一さん。

幼い頃から文武両道で、福井県内でも最も進学校であった高校出身だったことがわかりました。

そんな中垣内さんは、不倫に事故と、プライベートでのスキャンダルも報道されたこともありました。

ですが、現在では不倫相手だった相手と再婚もされ、全日本監督にも復帰をされるなど、公私ともに順調そうです。

そんな中垣内祐一さんが率いる全日本男子バレーボールの活躍を大きく期待しましょう!

 

コメント