スポンサーリンク

【コロッケの学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち、芸能界デビューのキッカケ

画像引用:http://deai-wakare.tokyo/300以上のものまねを駆使し、ものまね界のレジェンドと言われているコロッケさん。

歌声からビジュアルまで、その幅広いものまねで長年ファンを魅了してきました。

そんなコロッケさんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについて調べてみましたのでご紹介します!

スポンサーリンク

コロッケのプロフィール

 

《コロッケのプロフィール》
画像引用:http://芸能人の息子娘特集.com/本名:瀧川 広志(たきがわ ひろし)
生年月日:1960年3月13日
出身地:熊本県熊本市
身長:170㎝
血液型:B型
所属事務所:ファインステージ

 

 

 

コロッケの出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

コロッケさんは、1960年3月13日、熊本県熊本市南区にて誕生しました。

実家の家族構成は、母親と姉の3人家族。

コロッケさんの両親は、コロッケさんが生まれる前に離婚をしたそうで、父親の顔を知らないまま、母親の元で育ちます。

女手1つでコロッケさんを育てた母親は、生け花の先生。

そして、お姉さんは1歳年上で、年子の姉弟でした。

そんなコロッケさんのお母さん、お姉さんはコロッケさんと顔がそっくりだそうです。

子供の頃のコロッケさんは、母子家庭であったため、経済的に苦しい家庭でした。

そんな中でも強く生きてきたコロッケさんの家庭には、「あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな」という家訓が壁に貼られていたそうで、「あおいくま」と覚えていたそうです。

現在でも苦しくなった時は、この家訓を思い出すようです。

 

 

 

 

コロッケの出身小学校・中学校

 

画像引用:http://www.kakugo.tv/

画像引用:http://www.kakugo.tv/

 

コロッケさんの出身小学校は、熊本市立白山小学校です。

小学校の頃のコロッケさんは、とても内気で無口な少年でした。

家族写真を撮影する際も「おしっこ」と言えず、お漏らしをしたこともあったそうです。

小学校2年生の時には、交通事故で1か月半入院生活を送ります。

退院後はクラスに馴染めず、仲間外れにされ、以後も友達がほとんどいませんでした。

また、体も小さく、運動も苦手だったようです。

そんな小学校時代のコロッケさんの将来の夢は、漫画家になること。

小学校5年生、小学校6年生の頃には、漫画クラブに所属し、漫画家を目指します。

小学校卒業後は、熊本市立出水中学校に進学。

中学校時代のコロッケさんは、芸能人の追っかけが趣味で、熊本に来た芸能人は全員サインをもらうか、写真を撮ったそうです。

学校の成績は、540人中500番台。

あまり成績も良くなかったコロッケさんですが、ものまねが上手で人気者だった姉の影響を受け、中学校3年生の頃からものまねを始めます。

また、中学校時代にはジャニーズ事務所に履歴書を送ったこともあるそうで、この頃から芸能界への憧れが芽生えていた模様です。

 

コロッケの出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

コロッケさんの出身高校は、熊本第一工業高校です。

同校は、熊本市内にある私立の男子校で、当時の偏差値は35前後。

現在は、男女共学となり、開新高校として名称を変更しています。

コロッケさんが通学をしていた当時の同校は、熊本県内でも一番の不良校として知られていました。

コロッケさんも周りに舐められないよう、剃り込みを入れ、しょっちゅう喧嘩をしていたそうです。

中学校卒業まで無口だったコロッケさんですが、高校でかなり変わったようですね。

母子家庭で経済的に苦しかったコロッケさんは、中学校3年生から高校生にかけては新聞配達のアルバイトをするなど、親孝行な面もあったようです。

姉の影響で始めたものまねも続けており、近所のスナックで西城秀樹さんや沢田研二さんの物まねを披露していたそうです。

高校卒業後は大学には進学せず、ものまねタレントとしての活動を開始します。

地元・熊本ではものまねは大好評。

ショーパブやゲイバーなどを中心に活動をしていたコロッケさんは、知人の紹介で上京し、ラジオ番組に出演したこともあります。

しかし、当時同席をしていた所ジョージさんから、「似ているけれど面白くない」と言われてしまい、熊本に帰郷。

そして、ビジュアル面も真似たものまねを確立し、「お笑いスター誕生」に出演し、人気を獲得。

また、「ものまね王座決定戦」などのものまね番組にも出演し、一躍トップものまね芸人となります。

1980年代半ばからその人気に火が付き、以降90年代の物まねブームの先駆者に。

ものまね四天王の1人としても大人気を誇り、国民的な人気を博すものまねタレントとなりました。

 

まとめ

 

長きに渡り、ものまねタレントの代名詞的存在であるコロッケさん。

生まれた頃から母子家庭で育ち、大変苦労をされたことがわかりました。

そんなコロッケさんは、ものまね以外では俳優としても活躍をしています。

マルチな才能を持ったコロッケさんの末永いご活躍を期待しています。

 

 

コメント