スポンサーリンク

【武藤嘉紀の学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち、そしてサッカーを始めたキッカケ

画像引用:http://anincline.com/ブンデスリーガ・1.FSVマインツ05に所属されている武藤嘉紀さん。

大学時代にプロデビューを果たし、その後は階段をかけあがるように、海外へといかれましたよね。

そんな武藤嘉紀さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

武藤嘉紀のプロフィール

 

《武藤嘉紀のプロフィール》
画像引用:http://sonesupo.c.blog.so-net.ne.jp/本名 :武藤嘉紀(むとうよしのり)
生年月日:1992年7月15日
出身地:東京都世田谷区
身長:179cm
血液型:A型
所属:ブンデスリーガ・1.FSVマインツ05

 

 

 

武藤嘉紀の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://keispo.org/

画像引用:http://keispo.org/

 

1992年7月15日生まれ、東京都世田谷区出身の武藤嘉紀さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さんが2人、武藤嘉紀さん、弟さんが2人の7人家族です。

武藤嘉紀さんは5人姉弟の真ん中なんですね!意外と兄弟が多くてビックリしました。

お父さんのご職業などは分かりませんでしたが、慶應義塾大学卒業のエリートであることは間違いないようです。

慶応時代にはアイスホッケーをされており、運動神経も抜群なんだそうですよ。

また、母方のお祖父さんがとても凄い方で、全国で30店舗近くのスポーツクラブを運営する「株式会社スポーツアカデミー」の社長さんなんだとか。

お祖父さんも慶應義塾大学出身で、武藤嘉紀さんは慶応一家のお坊ちゃまなのでしょう。

 

 

 
sponsored link

 

 

大島僚太の出身小学校・中学校とサッカーを始めたキッカケ

 

葉増引用:http://syumatsusekai-football.com/

画像引用:http://syumatsusekai-football.com/

 

武藤嘉紀さんの出身小学校は、世田谷区立松丘小学校のようです。

武藤嘉紀さんがサッカーを始めたのは小学校入学よりもずっと前の4歳の時。

通っていたバディスポーツ幼稚園にある、バディサッカークラブに入部されていたそうですよ。

その後、小学6年生まで同クラブに在籍し、6年生のときにはキャプテンも務めていたんだそうです。

また、小学4年生からはFC東京のスクールにも通っていますので、相当サッカーに没頭されていたのでしょう。

武藤嘉紀さんの出身中学校は、世田谷区立桜丘中学校です。

中学時代はFC東京U-15でプレーしてます。

2007年には、U-15高円宮杯で全国大会得点ランキングで2位に輝くなど大活躍だったようですよ。

 

 

武藤嘉紀の出身高校・大学

 

画像引用:http://hiace.sakura.ne.jp/

画像引用:http://hiace.sakura.ne.jp/

 

武藤嘉紀さんは中学卒業後、慶應義塾高等学校(偏差値75)に進学しています。

中学時代のU-15での活躍が高く評価され、高校時代はU-18に昇格しプレーしています。

U-18では持ち前の足の速さやフィジカルの強さを買われ、サイドバックに起用されたり、ミッドフィルダーとしても、パワーを生かして攻撃的に仕掛けていくなど大活躍だったようですよ。

そして高校3年生で2種登録選手としてトップチームに登録され、卒業と同時にトップチームへの昇格のオファーも来ていたそうです。

しかし、まだプロとしてはやっていけないと判断し、大学に進学する決断をされたそうです。

大学は慶應義塾大学経済学部(偏差値70)に進学し、大学のソッカー部(サッカー部)に所属されています。

大学では1年生のころから得点を量産するなど大活躍だったようですよ。

その後は怪我などもありましたが、大学在学中の2012年、2013年と古巣のFC東京に特別指定選手として登録されます。

そして、2013年7月にJリーグデビューを果たしています。

 

まとめ

 

武藤嘉紀さんの生い立ちや学歴、家族構成、サッカーを始めたキッカケについて調べてみました。

武藤嘉紀さんの経歴を調べると、本当に幼稚園時代から大学時代まで、ずっとスターの階段を登り続けていたんだろうなと思いました。

Jリーグデビュー後もあっという間に海外へ遺跡してしまいましたが、海外で更にステップアップし、今後の日本を背負う選手になってくれるでしょう。

武藤嘉紀さんの今後ますますのご活躍を期待しています!

 

 
sponsored link

 

コメント