画像引用:http://livedoor.4.blogimg.jp/nwknews/imgs/9/1/91c123ab.jpg渋い大人のイメージが魅力的な豊川悦司さん。

俳優としての実力も素晴らしく、「トヨエツ」の愛称で長年多くのファンの魅了してきました。

そんな豊川悦司さんですが、プライベートのお話はほとんど聞いたことがありません。

そんな豊川悦司さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについてご紹介します!


sponsored link

豊川悦司のプロフィール

 

《豊川悦司のプロフィール》
画像引用:https://pbs.twimg.com/media/DQC3rgcV4AACGms.jpg本名:豊川 悦司(とよかわ えつし)
生年月日:1962年3月18日
出身地:大阪府八尾市
身長:186㎝
血液型:O型
所属事務所:アルファエージェンシー

 

 

豊川悦司の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://www.officiallyjd.com/

画像引用:http://www.officiallyjd.com/

 

豊川悦司さんは、1962年3月18日生まれの大阪府八尾市出身です。

豊川悦司さんは、プライベートのお話をメディアでもあまりしない俳優さんです。

そんな謎のベールに包まれた豊川さんですが、実家の父は大阪府西成区にて靴職人をしていたそうです。

誕生後は、父の仕事の関係か、千葉県松戸市にも住んでいたそうです。

その後、大阪府八尾市に戻っています。

家族構成は、両親に姉が一人の4人家族。

姉は3歳年上です。

また、豊川さんは20歳で国外に初めて旅行をしますが、その際に両親からは韓国のパスポートを渡されたようです。

それまでは普通の日本人として育った豊川さんでしたが、その際に初めて自分が在日韓国人3世ということを知ったそうです。

偏見などを気にして、在日韓国人ということ秘密にすることも多い芸能界ですが、豊川さんはきちんと公表していますので、自分のルーツに誇りを持っているのではないでしょうか。

素晴らしいことですね。

 

 


sponsored link

 

 

豊川悦司の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

豊川悦司さんの出身小学校を調べてみましたが、残念ながら公開されていませんでした。

ですが、ネットの噂によると、千葉県松戸市内の公立小学校へ通っていたという情報があります。

この頃は父の仕事の関係で、千葉県に一時的に住んでいたことがあるという豊川さん。

時期は不明ですが、その後は大阪府八尾市に引っ越し、八尾市内の小学校を卒業したと思われます。

子供の頃の豊川さんは、3歳年上の姉や近所に住む叔母の影響で、幼い頃から映画を愛する少年でした。

父も映画好きで、よく映画館に連れて行ってもらったそうです。

小学校2年生くらいからは、映画雑誌「スクリーン」も愛読。

それと同時に、吉本新喜劇も大好きだったそうです。

さすが大阪出身ですね。

中学校は八尾市立志紀中学校へ進学します。

中学ではバスケットボール部に所属していました。

 

 

豊川悦司の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

地元の中学を卒業した豊川悦司さんは、大阪府立清水谷高等学校に進学をします。

清水谷高校の偏差値は63です。

数多くの政治家が輩出されている、優秀な進学校です。

高校時代の豊川さんは、中学に引き続きバスケットボール部に入部します。

高校1年生の時には、インターハイにも出場。

かなりのスポーツマンだった印象ですね。

ですが、中高生の頃の豊川さんは、意外にもぽっちゃりと太っていたそうです。

バスケットボールをやめてからは急に身長が伸び始め、すらっとした体型になったようです。

そんな豊川さんは、高校卒業後は関西学院大学文学部へ進学します。

同校は関西の名門大学で、偏差値は60です。

大学では演劇部に所属します。

そして演じることに目覚めた豊川さんは、本格的に俳優になるために同大学を中退します。

大学中退後は、東京に上京し、橋爪功さんが主宰する劇団・演劇集団 円の研究生となった豊川悦司さん。

その後は渡辺えり子さん主宰の劇団に正式に入団します。

劇団には27歳まで所属し、様々な舞台に出演。

その後は映像の世界へと興味を持つようになり、劇団は退団。

映画のオーディションなどを受ける日々となります。

30歳の時には、武田真治さんと共演した映画「NIGHT HEAD」が大ヒット。

33歳の時には、ドラマ「愛していると言ってくれ」で、耳の不自由な青年画家を演じ、大ブレイクを果たします。

その後も数多くの主役クラスの映画やドラマに出演し、息の長い実力派俳優として人気を誇っています。

 

まとめ

 

独特な雰囲気を持つ、人気俳優・豊川悦司さん。

年齢を重ねた現在でも、その男性的な色気と大人のイメージは絶大な人気の秘訣です。

そんな豊川悦司さんの活躍に、今後とも目が離せません。


sponsored link