スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】Gacktの出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:https://spicy-mint.com/wp-content/uploads/2017/11/gackt2-6.jpg?resize=400%2C343&ssl=1今もなおミステリアスな存在のGacktさん。

作り物のように美しい顔立ちも、ミステリアスさに磨きをかけていますよね。

そんなGacktさんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

Gacktのプロフィール

 

《Gacktのプロフィール》
画像引用:http://topic.entertainment555-attention-column.com/wp-content/uploads/2015/09/GACKT.png本名 :大城学(おおしろさとる)(噂)
生年月日:1973年7月4日
出身地:沖縄県
身長:180cm
血液型:A型
所属事務所:L.O.V.EntertainmenT

 

 

Gacktの出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://popsokuhou.com/

画像引用:http://popsokuhou.com/

 

1973年7月4日生まれ、沖縄県出身のGacktさん。

ミステリアスな雰囲気なので、生年月日や出身地は非公開にされているのかと思いきや、しっかり公表していたのは少し意外でした。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、Gacktさんの4人家族です。

しかしご両親は離婚されているようで、Gacktさんの本名が「岡部学」さんだとの噂もありましたが、これはどうやらお父さんの姓なのではないかと言われています。

そして離婚してお母さんに引き取られ母方の姓である「大城学」になったようです。

しかし、これはあくまでも噂レベルの話なので真相は定かではありません。

また、Gacktさんは3歳の頃からピアノや音楽の英才教育を受けていたんだとか。

お父さんがトランペット奏者だったようで、かなりのスパルタ教育を受けていたそうですよ。

親の思うがままにピアノを習っていたGacktさんですが、7歳くらいになるとピアノを辞めたくてしょうがなかったんだそうです。

その理由の一つとして、引っ越しが多くその度に先生が変わったことや、先生からよく叩かれていたことなどをご自身の著書で明かされています。

 

 

 

 

Gacktの出身小学校・中学校

 

画像引用:http://芸能界裏話.jp/

画像引用:http://芸能界裏話.jp/

 

Gacktさんの出身小学校は残念ながら公開されていませんでした。

出身は沖縄県ですが、先にも述べたように引っ越しが多かったようなのでどの県の小学校に通われていたのかも分かっていません。

小学校時代はピアノを辞めたくて、先生の家のドアに鎖を巻きつけて外に出られなくしたり、石を投げたりととてもやんちゃな子供だったようですよ。

そして11歳の時にやっとピアノを辞めることができたんだそうです。

お父さんがトランペット奏者ということもあり、小さい頃からピアノや音楽の英才教育を受けていたようなので、Gacktさんにかける期待が大きかったのでしょう。

出身中学校は滋賀県栗東市にある、栗東市立栗東西中学校ではないかと言われてます。

中学時代は頭はそれほど良くなかったそうですが、憧れの先輩が進学した高校がとても頭の良い高校だったことから猛勉強して学力がかなり上がったそうですよ。

 

 

Gacktの出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

Gacktさんの出身高校は滋賀県立守山高等学校(偏差値70)です。

中学時代は頭があまり良くなかったとありましたが、勉強してこれだけ偏差値の高い高校に合格できるんですから、もともとの地頭がかなり優秀なのでしょう。

また、高校時代からドラムの演奏を始めており、ここがGacktさんのミュージシャンとしての原点なのかもしれません。

高校卒業後は京都学園大学(偏差値38~41)に進学されていますが、通っていた高校に比べると偏差値が低い気がしますね。

Gacktさんは高校時代はあまり勉強しなかったようですから、きっとやればできるタイプで、高校では勉強よりもドラムを優先したのでしょう。

そして京都学園大学在学中に本格的に音楽活動を始め、22歳の時に「MALICE MIZER」の2代目ボーカルとしてデビューされています。

大学は中退されていますから、学業ではなく音楽活動に専念したかったのでしょう。

 

 

まとめ

 

Gacktさんについて調べてみました。

幼少期から音楽の英才教育を受けていたり、お父さんも音楽関係だったりと恵まれた環境で育ったようですが、一方で自分が望んだ道ではなかったり様々な葛藤を抱えていたのでしょう。

カリスマ的存在で根強いファンも多いGacktさん。

今後もミュージシャンとして活躍し続けてくれることを期待しています。

 

 

 

コメント