画像引用:https://shinbishika-guide.com/wp-content/uploads/2014/01/kasainoriaki-01.jpg史上最多の計8回のオリンピックに出場されている葛西紀明さん。

これだけ長く現役で活躍を続ける葛西紀明さんは、まさに「レジェンド」ですよね。

そんな葛西紀明さんの出身校や生い立ち、そして競技を始めたキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

葛西紀明のプロフィール

 

《葛西紀明のプロフィール》
画像引用:http://entanya7.com/wp-content/uploads/2016/02/kasai.jpg本名 :葛西紀明(かさいのりあき)
生年月日:1972年6月6日
出身地:北海道上川郡下川町
身長:177cm
血液型:AB型
所属:土屋ホーム

 

 

 

葛西紀明の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://entame-line.biz/

画像引用:http://entame-line.biz/

 

1972年6月6日生まれ、北海道上川郡下川町出身の葛西紀明さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、3歳年上のお姉さん、葛西紀明さん、5歳年下の妹さんの5人家族でしたが、残念ながらお母さんと妹さんは既に亡くなられています。

葛西紀明さんはなかなか複雑な家庭に育ったようで、幼少期はお父さんが病気を理由に働かず、とても貧しい生活をしていたそうです。

お父さんに変わりお母さんが家計を支えるために働いていましたが、一家を養うには到底足りず、ご近所からお金やお米までも借りる生活だったようですよ。

お母さんは、葛西紀明さんを誰よりも応援していましたが、1997年に実家で火事にあい全身に大火傷をおってしまい、その11ヶ月後に亡くなられています。

お姉さんはご結婚されていますが、現在でも葛西紀明さんを見守り応援されているそうです。

そして妹さんは、16歳の時に「再生不良性貧血」という血液の病気にかかってしまいます。

移植手術は成功しましたが、その後も闘病生活は長く続き、2015年の5月に意識不明となりそのまま帰らぬ人となってしまったようです。

葛西紀明さんは自分が勝つことが妹さんを勇気付けることだと信じ、妹さんのためにずっと頑張っていたようですよ。

 

 

 


sponsored link

 

 

葛西紀明の出身小学校・中学校とスキーを始めたキッカケ

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

葛西紀明さんの出身小学校は公開されていません。

ただ、出身地の上川郡下川町には、小学校は1つしかなく、下川町立下川小学校に通っていたと思われます。

葛西紀明さんは小学3年生のとき、家の近くのジャンプ台を遊びで飛んでいたところを、地元の指導者から目撃されてスカウトされたんだそうですよ。

そのジャンプを目撃されたおかげで、今の葛西紀明さんがあるとは、とても凄い偶然ですよね。

その後地元のスキー少年団に入団し、徐々にその才能を発揮しだしたようです。

出身中学校は下川町立下川中学校で、中学時代には既に「天才少年」と呼ばれ、なんと3年連続で北海道大会を制したそうですよ。

中学3年生の時に行われた「宮様スキー大会」ではテストジャンパーを務め、成年組と同じ助走距離で優勝した選手の距離を超えるという、ちょっとした伝説を起こしています。

 

 

葛西紀明の出身高校・大学

 

画図引用:https://geinou-japan777.com/

画像引用:https://geinou-japan777.com/

 

葛西紀明さんの出身高校は北海道にある私立校、東海大学第四高等学校(偏差値43)(現 東海大学附属札幌高等学校)です。

中学時代から「天才少年」と呼ばれ誰もが認める逸材だった葛西紀明さんですから、同校にも特待生として入学されたそうですよ。

高校1年生の時には札幌で開催されたスキージャンプ・ワールドカップに当時の史上最年少の16歳6ヶ月で初出場を果たしたり、他にも国際大会で優勝を飾るなど、世界で活躍する選手へと成長を遂げています。

高校卒業後は大学進学はせず、スキージャンプの強豪の地崎工業に入社しました。

その後は現在に至るまで、8回ものオリンピックに出場し第一線で活躍し続けていることから「レジェンド」と国内外の選手から尊敬される存在となっています。

 

まとめ

 

葛西紀明さんの出身校や生い立ち、そして競技を始めたキッカケについて調べてみました。

色々な経験を乗り越えてこられたからこそ、今のレジェンドと呼ばれる葛西紀明さんがあるのだと思います。

8回目のオリンピックとなる平昌でも、金メダルを獲得してくれることを期待しています。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら