画像引用:http://luckytourer.com/wp-content/uploads/2016/09/bandicam-2016-09-16-21-53-05-175.jpg?resize=495%2C644こじるりの愛称でバラエティー番組を中心にで活躍している小島瑠璃子さん。

堂々とした立ち振る舞いと的確なコメントは、ベテラン芸能人もうなるほどの実力を持ち合わせています。

そんな小島瑠璃子さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

小島瑠璃子のプロフィール

 

《小島瑠璃子のプロフィール》
画像引用:http://no-title-journal-next.com/wp-content/uploads/2015/07/73948a6320633aca6a69c943eb97c12e.jpg本名 :小島瑠璃子(こじまるりこ)
生年月日:1993年12月23日
出身地:千葉県市原市
身長:157cm
血液型:O型
所属事務所:ホリプロ

 

 

 

小島瑠璃子の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://lime9999.c.blog.so-net.ne.jp/

画像引用:http://lime9999.c.blog.so-net.ne.jp/

 

1993年12月23日生まれ、千葉県市原市ちはら台出身の小島瑠璃子さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、小島瑠璃子さん、2歳下の弟さんの4人家族です。

ご両親は一般の方であまり情報はありませんでした。が、お父さんは住友林業に勤めているサラリーマンではないか?と言われています。

住友林業といえば、超大手の企業ですよね。

しかし、あくまでも噂レベルのため真相は定かではありません。

また、弟さんは以前バラエティー番組に出演されたことがありますが、小島瑠璃子さんと全然似ていないと話題になっていました。

小島瑠璃子さんは二重まぶたでパッチリした大きな目が特徴的ですが、弟さんは切れ長でスッとした目なので、全然印象が違ったのでしょう。

 

 


sponsored link

 

 

 

小島瑠璃子の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://vicul.net/

画像引用:http://vicul.net/

 

小島瑠璃子さんの出身小学校は残念ながら特定できませんでした。

ただ、中学校の学区より、小島瑠璃子さんの出身小学校は市原市立水の江小学校、ちはら台桜小学校、清水谷小学校のいずれかだと思われます。

小学校時代は1年生から6年生まで、同じ男の子にバレンタインのチョコレートを渡したそうです。小島瑠璃子さんはとっても一途なタイプなんですね。

そして小学校高学年から中学校時代は、「変なメガネをかけたようなガリ勉だった」とご自身でもおっしゃるくらい学業に励まれていたようです。

現在も頭の回転が速く、ハキハキした優等生タイプの小島瑠璃子さんですが、学生時代からその賢さは群を抜いていたのでしょう。

出身中学校は市原市立ちはら台南中学校です。

中学時代は吹奏楽部に入部し、サックスを担当されていたそうです。

 

 

小島瑠璃子の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://img.logmi.jp/

画像引用:http://img.logmi.jp/

 

小島瑠璃子さんの出身高校は、千葉県立千葉東高校(偏差値70)です。偏差値70ってめちゃくちゃすごいですよね。

こちらの高校は千葉県内でもトップレベルの進学校で、難関の国公立大学や私立大学に進学される方も多いようです。

そして高校1年生の時、ホリプロタレントスカウトキャラバンで見事グランプリを受賞し、芸能界デビューを果たしています。

しかし、これだけの進学校ですから、芸能活動との両立はとても大変だったようです。

高校卒業後は共立女子大学(偏差値37.5~52.5)に進学されています。

学部によって偏差値に差がありますが、小島瑠璃子さんがどの学部に進まれたかは分かっていません。

また、大学に入学されてからテレビへの露出が増え、芸能の仕事がとても忙しくなったのだとか。

なので、大学との両立ができず1年間で辞めてしまったようです。

テレビで見ない日はないくらい、バラエティーに引っぱりだこの小島瑠璃子さんなので、学業との両立は難しかったのでしょう。
まとめ

 

トップの大学へ進めるほどの時頭を持ちながら、それを捨てて芸能の道に進んだ小島瑠璃子さん。あの若さでこれだけ潔い決断ができる小島瑠璃子さんは、本当に芯のしっかりとした意思の強い方なんだと思います。

小島瑠璃子さんの今後ますますのご活躍を期待しています。


sponsored link

関連記事はこちら