画像引用:https://free-style-info.com/wp-content/uploads/2017/10/uchidayuki005-20171012-212707.jpg?resize=320%2C359&ssl=1ボーイッシュで健康的なイメージで一躍トップアイドルとして大活躍した内田有紀さん。

現在は、女優としての演技力にも磨きがかかり、様々なドラマや映画でも活躍されていますね。

そんな内田有紀さんの生いたちや出身校の偏差値、そして芸能界デビューのキッカケが気になり、調べてみることにしました!


sponsored link

内田有紀のプロフィール

 

《内田有紀のプロフィール》
画像引用:http://topic.entertainment555-attention-column.com/wp-content/uploads/2015/09/2459272f65377a8de89902e262328180.png本名: 内田 有紀(うちだ ゆき)
生年月日: 1975年11月16日
出身地:東京都中央区日本橋
身長:165cm
血液型:O型
所属事務所:バーニングプロダクション

 

 

 

内田有紀の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://image.middle-edge.jp/medium/6bbb5a0ea08ba9e359e95f6c9c650846.jpg?1469448118

画像引用:https://image.middle-edge.jp/

 

1975年11月16日生まれの内田有紀さん。

東京都中央区日本橋にて生まれた内田さんは、東京都内の高級住宅地の1つである広尾にて育ったそうです。

実家は大変裕福な家庭だったらしく、両親のもと1人っ子として育ちました。

実家が大変裕福で広尾育ちというと、相当なお嬢様であったことが予想でできますね。

ですが、ご両親は仲があまりよくなく、ケンカが絶えない家庭だったとか。

実家が裕福ですので何不自由なく暮らしていたのかと思いきや、両親の顔色をうかがいながら育ったといいます。

そんな内田有紀さんは幼少期から様々な習い事をしていました。

3歳から5歳までは日本舞踊を習い、クラシックバレエは3歳から10歳まで続けていたようです。

また内田さんのお名前の名付け親は祖母のようで、「有名な子供になってほしい」という願いがあったようです。

おばあさんには、内田さんに将来芸能人になってほしいという思いがあったのかもしれませんね。

そしてその名の通り、有名女優になられたのですごいですよね!

 

 


sponsored link

 

 

内田有紀の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://getmoneyfp.net/

画像引用:http://getmoneyfp.net/

 

内田有紀さんの出身小学校を調べてみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

ですが、裕福な家庭であり広尾出身ということで、その近辺である私立小学校出身の可能性がありますね。

そんな内田有紀さんの小学校時代は、元気なイメージがあったのとは裏腹、複雑な少女時代を過ごしたと言われています。

内田さんが小学校2年生の時に両親が離婚。

その後、父親に引き取られたものの、父親が再婚し、居場所がなくなってしまいます。

そして、母親の元に移りますが、ほどなく母親も再婚し、ここでも居場所を失ってしまいます。

それからは、祖父母の家に移り、祖父母と暮らす日々を経験します。

幼い頃にたらいまわしにされた経験を持つなんて、とても複雑で悲しいことですよね。

小学校時代は器械体操と陸上をしていたという内田さん。

活発で元気なスポーツ女子だったようですね。

また、リーダーシップをとることが好きだったそうで、とてもやんちゃで活発な女の子だったようです。

そして、中学は私立藤村女子中学校に進学しました。

藤村女子は東京都武蔵野市にある中高一貫校で、運動部がさかんなことでも有名です。

東京女子体育大学も同じ藤村学園の系列ですね。

藤村女子中学では、体操部に入部します。

実は藤村女子の体操部は非常に有名で、多くのオリンピック選手を輩出していることで知られています。

そんな有名校の体操部にいたなんて、相当な実力だったことが予想されますね。

 

 

内田有紀の出身高校校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://alice36.com/

画像引用:http://alice36.com/

 

藤村女子中等部を卒業した内田有紀さんは、そのまま同じ藤村女子高等部に進学します。

ちなみに、藤村女子高等部の偏差値は42です。

この頃、内田さんは身長が一気に伸びてしまい、続けていた体操をやめることになります。

そして、競技人口が少なく、少ない下積みで大会に出られるという理由で、高等部ではフェンシング部に入部します。

スポーツ万能だった内田さんは、フェンシングもすぐに上達し、都大会では3位に入るという好成績を収めました。

当時の内田さんの将来の夢は体育教師になることだったそうで、スポーツ万能な内田さんらしい夢ですよね。

この時期、祖父母の家での生活に嫌気をさしたらしく、一人暮らしを始めます。

アルバイトとしてモデルの仕事をするようになり、それが芸能界デビューのキッカケとなったようです。

その後の17歳の時、ユニチカの水着キャンペーンモデルに選出され、芸能活動が忙しくなってきます。

そして芸能活動に専念するために、高校を中退しています。

翌年、ドラマ「時をかける少女」に主演を果たし、同年には歌手デビューもした内田さんは、一気にトップアイドルへと駆け上がっていきます。

芸能活動も忙しくなったためか、その後も高校には再入学をすることもなく、大学にも進学しませんでした。

 

まとめ

 

活発で健康的なイメージのあったトップアイドルから、演技派の女優へと躍進を続ける内田有紀さん。

意外にも複雑な幼少期を経験し、苦労をされていたんですね。

そんな内田有紀さんのますますのご活躍を期待しています!


sponsored link

関連記事はこちら