スポンサーリンク

坂本昌行の学歴:出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差値と実家の家族構成・生い立ち

記事「坂本昌行の学歴:出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差値と実家の家族構成・生い立ち」アイキャッチ

高い歌唱力を武器に、ミュージカルなどの舞台でも活躍している坂本昌行さん。

彼の実力はジャニーズでもトップクラスで、今後も幅広いシーンでの飛躍が期待されます。

そんな坂本昌行の学歴・出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

スポンサーリンク

坂本昌行の出身大学

坂本昌行さんは、高校卒業後にサラリーマンになっており、大学へは進学していません。

彼は既にジャニーズに入っていましたが、一旦退所して旅行代理店に入社しました。

そこでは、「ねるとんパーティー」などの添乗員を務めていたそうです。

因みに「ねるとんパーティー」は、1980年代で人気だった「ねるとん紅鯨団」という番組から派生されたマッチングパーティーです。

坂本昌行さんは添乗員時代を振り返って、「いままでやってきたことがよく見えるようになりました」と述べています。

そんな坂本さんが、どのようにしてジャニーズに復帰してたのでしょうか?

復帰のキッカケは仕事で移動中の電車の中の出来事。

営業の仕事のため電車で移動をしていた坂本さん。

偶然にもKinKi Kidsの2人とバッタリと遭遇!

KinKi kidsの2人に『今、何をやっているの?』ときかれ、『サラリーマンをやっている!』とは言えなかった坂本さん。

『サラリーマン!』と答えられなかった事に自己嫌悪を感じたそうです。

更にテレビをつければ、ジャニーズの仲間達が活躍する姿。

そんな仲間達を観て『やはり自分の進むべき道はコレだ!』と悟ったそうです。

そして、坂本さんはサラリーマンを辞めジャニーズに戻ることを決意します。

坂本昌行のジャニーう事務所復帰

電車でKinKi kidsと遭遇した坂本昌行さんは早速行動にでます。

ジャニーズで入所日同期の国分太一さんに電話し、

『どうしてもジャニーズに戻りたい。ジャニーさんに口を利いてほしい!』

と自分の気持ちを伝えます。

国分太一さんは『うん、分かった~!』といった感じの軽いテンションで快諾。

そして国分さんへ電話した翌日にジャニー社長から坂本さんへ電話が入ります。

『You、ジャニーズに戻ってきちゃいなよ!』

と言ったかどうかは分かりませんが…

ジャニー社長の電話により坂本昌行さんはジャニーズに復帰することとなります。

坂本昌行の出身高校

坂本昌行さんの出身高校は昭和第一高等学校です。

昭和第一高等学校は偏差値45〜54の学校です。

坂本昌行さんは1987年4月に高校へ入学し、1990年3月に卒業しています。

昭和第一高等学校

学校名  昭和第一高等学校
学科・コース 商業科(現在はなし)
偏差値  45〜54
所在地 〒113-0033東京都文京区本郷1丁目2-15
最寄駅  水道橋駅(中央・総武線各停)
公式サイトHP 昭和第一高等学校 公式サイト(sdh.ed.jp)
著名な卒業生 佐藤浩市(俳優)、平嶋夏海(タレント)、鈴木英哉(ミュージシャン)他

坂本昌行の高校時代

昭和第一高等学校の商業科出身の坂本昌行さん。

卒業生に佐藤浩市さん、鈴木英哉さん、福士誠治さん、上田竜也さんがいます。

因みに昭和第一高校は『オシャレな生徒が集まるオシャレ高校』としても有名。

学校の『SDH』のロゴが入ったバックは人気アイテムです。

坂本昌行さんジャニーズ入りは1988年1月の16歳の頃。

高校1年生の入所はジャニーズとしてはかなり遅いですね!

高校生の時に芸能界入りを決意した坂本さん。

ジャニーズ事務所以外にも様々な事務所、劇団へ応募したそうです。

『メンズノンノ』のモデルに応募しましたが見事に不合格…

ジャニーズ事務所にも履歴書を送った坂本さん。

ジャニーズからオーディションの連絡があったのは半年後だったそうです。

坂本昌行の出身中学校

坂本昌行さんの出身中学校は江東区立第三亀戸中学校です。

坂本昌行さんは1984年4月に中学校へ入学し、1987年3月に卒業しています。

江東区立第三亀戸中学校

学校名  江東区立第三亀戸中学校
所在地 〒136-0071東京都江東区亀戸1丁目12-10
最寄駅  亀戸駅(中央・総武線各停)
公式サイトHP http://3kame-chu.koto.ed.jp/
著名な卒業生 持田香織(ミュージシャン)、飯島愛(タレント)他

坂本昌行の中学校時代

江東区立第三亀戸中学校出身の坂本昌行さん。

坂本昌行さんが、第三亀戸中学校出身であることは井ノ原快彦さんがテレビ番組のなかで証言しています。

因みに、同校出身のタレントには、坂本昌行さんの一学年下に飯島愛さんがいます。

中学時代の坂本昌行さんは、様々なジャンルの音楽を聴いていました。

その中でもロックが好きで、当時人気だったジェネシスがお気に入りだったそうです。

一方、彼はバレー部に所属しており、バレー漬けの学校生活を送っています。

当時の坂本昌行さんは、光GENJIの大ファンでもありました。

その為、彼は中学3年生の時に、ジャニーズ事務所に履歴書を送っていました。

坂本昌行の出身小学校

坂本昌行さんの出身小学校は江東区立香取小学校です。

坂本昌行さんは1978年4月に小学校へ入学し、1984年3月に卒業しています。

江東区立香取小学校

学校名  江東区立香取小学校
所在地 〒136-0071東京都江東区亀戸4丁目26-22
最寄駅  亀戸駅(中央・総武線各停)
公式サイトHP http://katori-sho.koto.ed.jp/
著名な卒業生 _

坂本昌行の小学校時代

江東区立香取小学校出身の坂本昌行さん。

坂本さんが香取小学校出身であることは、実家「坂本商店」が同校の学区内にあることより判明しています。

坂本昌行さんは子供の頃から運動神経が良く、小学生時代は野球をしていました。

一方、彼の小学校時代の思い出では、体育授業でやったサッカーのエピソードが真っ先に挙げられます。

坂本昌行の実家の家族構成

sakamotojikka

1971年7月24日東京都江東区生まれの坂本昌行さん。

実家の家族構成は両親、兄二人、坂本昌行さんの5人家族です。

坂本昌行さんの生家は亀戸にあり『坂本商店』という青果店を営んでいます。

実家の坂本商店は八百屋で、当時は親が食事を作れないほど忙しかったと言います。

坂本昌行さんは3人兄弟の末っ子でしたが、自分でご飯を作ることも珍しくありませんでした。

そうした経験が、彼の料理上手の礎になったわけです。

事実、坂本昌行さんは、「坂本昌行のOne Dish」というレシピ本を出版しています。

まとめ

坂本昌行の学歴・出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケをご紹介し

坂本昌行さんの出身地である亀戸は、亀戸天神という神社でも有名です。

幼少期の彼にとって、亀戸天神は馴染みのある遊び場だったのかもしれません。

彼は高校時代にジャニーズ事務所に入りますが、退所してサラリーマンになっています。

そんな移植な経歴の持ち主だからこそ、ジャニーズ事務所の最年長記録を打ち立てられたのでしょうね。

坂本昌行のプロフィール

sakamototop氏名:坂本昌行(さかもと まさゆき)
生年月日: 1971年7月24日
出身地: 東京都
身長 176cm
血液型 O型
活動開始: 1988年~
事務所:ジャニーズ事務所

コメント

  1. […] 坂本昌行 […]

タイトルとURLをコピーしました