スポンサーリンク

入江聖奈の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)

2021年東京オリンピックの女子フェザー級で見事にメダルを獲得した入江聖奈さん。

この記事では、入江聖奈さんの出身校をご紹介します。

 

スポンサーリンク

入江聖奈の出身大学

 

高校卒業後は、入江聖奈さんは、日本体育大学体育学部に進学します。

日本体育大学体育学部は、偏差値45の学校です。

 

入江聖奈 出身大学 日本体育大学

 

入江さんは、2019年4月に、同、大学に入学し、2023年3月に卒業します。

大学では、ボクシング部に所属し、ボクシングに精進します。

そして、2020年に、アジア・オセアニア予選で準優勝したことで、東京オリンピックへの出場を決めてた入江聖奈さん。

大学3年生の8月に、東京オリンピック・ボクシング女子フェサー級で見事金メダルを獲得しています。

 

入江聖奈の出身高校

入江聖奈さんの出身高校は、鳥取県立米子西高校です。

米子西高校は、偏差値56の学校です。

 

入江聖奈 出身高校 米子西高校

入江さんは、2016年4月に、同高校に入学し、2019年3月に卒業しています。

高校時代は、部活に所属せず、ボクシングに専念しています。

中学校までは負け知らずで、天才少女ボクサーと呼ばれていた入江聖奈さん。

高校1年生の時のインターハイで、のちに東京五輪ボクシング女子フライ級のメダリストとなる並木月海さんに敗北を喫します。

しかし、この敗北が、バネとなり、入江さんの快進撃が始まります。

高校1年生の時に、全日本女子ボクシング選手権ジュニアで初優勝。

高校2年生の時には、全日本女子ボクシング選手権ジュニアとインターハイで優勝。

そして高校3年生の時には、インターハイで優勝に加え、全日本女子ボクシング選手権シニアでの優勝を果たし、日本のマチュアボクシング界でトップの座に輝いています。

 

入江聖奈の出身中学校

入江聖奈さんの出身中学校は、米子市立後藤が丘中学校です。

入江聖奈 出身中学校 米子市立後藤が丘中学校

入江さんは、2013年4月に、同中学校に入学し、2016年3月に卒業しています。

中学校では、陸上部に所属し、800mが得意だったという入江聖奈さん。

中学1年生の時には、全国中学駅伝に出場した経験もあるそうです。

また、中学時代は、ボクシングも負け知らずだった入江聖奈さん。

ただ、このころの入江さんは、ボクシングを惰性で続けていたそうです。

そんな入江さんに転機が訪れたのは、中学3年生の時のこと。

中学3年生の時に、東京オリンピックの開催が決定したことにより、金メダルへの想いに、火が付いたそうです。

ちなみに、入江さんは、中学生以下の全国大会・全日本アンダージュニアボクシング大会で3連覇し、アンダージュニアボクシング王座決定戦も連覇しています。

 

入江聖奈の出身小学校

 

2000年10月9日生まれ、鳥取県米子市出身の入江聖奈さん。

出身小学校は、米子市立義方小学校です。

 

入江聖奈 出身小学校 米子市立義方小学校

入江さんは、2007年4月に、同小学校に入学し、2013年3月に卒業しています。
入江さんがボクシングを始めたのは、小学校2年生の時のこと。

キッカケは、お母さんが愛読していたマンガ『がんばれ元気』を読んだことでした。

入江さんは、マンガの主人公『堀口元気』の様になりたいという思いからボクシングを始めました。

そして、地元・米子市にあるシュガーナックルボクシングジム通い始めた入江聖奈さん。

小学生時代は負け知らずで、小学校5年生の時には、オリンピックで金メダルを取ることを公言していたそうです。

 

まとめ

 

入江聖奈さんの学歴をご紹介しました。

小学校2年生からボクシングを始め、大学3年生にしてオリンピックメダリストになった入江聖奈さん。

2024年のパリオリンピック、そして、2028年の、ロサンゼルスオリンピックでの活躍も、期待できますね。

これからも、入江聖奈さんの益々の活躍を、期待しています!

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
トレンドニュースどっと東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました