スポンサーリンク

加山雄三の学歴と偏差値:永遠の若大将の出身校(小学校、中学校、高校、大学)

記事『加山雄三の学歴と偏差値』のアイキャッチ

「永遠の若大将」として人気の加山雄三さん。

年齢を重ねた現在も、実年齢には見えない容姿で渋い存在ですよね。

そんな加山雄三さんの出身校を含む学歴をご紹介します!

スポンサーリンク

加山雄三の出身小学校

画像引用:https://image.middle-edge.jp/

1937年4月11日生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身の加山雄三さん。

出身小学校は、茅ケ崎市立茅ケ崎小学校です。

神奈川県横浜市で出生し、その後は東京都大田区田園調布で1歳9か月まで過ごした加山雄三さん。

幼い時は大腸カタルを患い、病弱な子供だったようです。

そんな加山雄三さんの病気を気に掛けた両親は、環境の良い場所で息子を育てたいと考え、神奈川県茅ケ崎市に引っ越しています。

加山雄三さんの父は、俳優の上原謙さん、そして、母親は女優の小桜葉子さんという芸能一家でした。

幼い頃から、有名俳優の息子として過ごしていた加山雄三さん。

少年時代は、成績優秀、そして運動神経抜群の男の子だったようです。

スキーやサーフィン、水泳などが得意だったようですが、唯一野球は苦手だったそうです。

若大将にも苦手なスポーツがあったとは意外ですね。

加山雄三の出身中学校

画像引用:https://smcb.jp/

加山雄三さんの出身中学校は、茅ケ崎市立第一中学校です。

中学校2年生の時には、自分でカヌーを設計して造ったそうです。

それ以来、大小10隻以上の船を設計し、現在も大の船好きとして知られる加山雄三さん。

中学生でカヌーを造るなんて、かなりの冒険家ですよね。

きっと茅ケ崎の海の自然の中、のびのびと育ったことでしょう。

加山雄三の出身高校

加山雄三の学歴と出身校の偏差値

画像引用:https://stat.ameba.jp/

加山雄三さんの出身高校は、慶應義塾高校(現在の偏差値75)です。

同校は、神奈川県にある私立の男子校で、超難関の進学校として知られています。

加山雄三さんが在籍していた当時は、現在よりも難易度は低かったようですが、それでも成績優秀であったことは間違いありません。

小学校時代から、専属の家庭教師をつけて勉強していたそうですので、やはり努力が実を結んだのでしょう。

高校時代は、3年間丸坊主だったという加山雄三さん。

その理由は、女子にモテたくなくて硬派を保ちたかったから。

イケメンで頭脳明晰、そしてスポーツ万能だったため、きっと女子が放っておかなかったのでしょうね。

加山雄三の出身大学

加山雄三の出身大学

画像引用:https://rubese.net/

加山雄三さんの出身大学は、慶應義塾大学法学部政治学科(現在の偏差値70)です。

加山雄三さんは、高校からの内部進学でした。

当初は船好きが高じて、同大の工学部を希望していた加山雄三さん。

しかし、成績不振だったため、法学部に入学したそうです。

とはいっても、慶應義塾大学の法学部もかなりの成績が必要ですから、相当な頭脳の持ち主ですよね。

大学時代は、アルペンスキーの競技にて2年連続神奈川県代表として国体にも出場。

大学生活ではあまり講義には出席せずに、もっぱら麻雀を楽しんでいたようです。

また、大学2年生の時には音楽バンドも結成しています。

大学入学当初は、将来は商社マンになるつもりだったそうです。

しかし、大学卒業後は船への憧れが諦めきれず、船の資金を調達するために、俳優の道に進みました。

そして俳優として2年目の年に出演をした映画「大学の若大将」で空前の大ヒット。

その後も「若大将シリーズ」に出演をし、一気にスターダムへと上り詰めました。

まとめ

若大将として国民的な人気を誇り、芸能界のトップスターとなった加山雄三さん。

現在は80歳を超えていらっしゃいますが、今でも現役で精力的に活動をされています。

これからも加山雄三さんの末永いご活躍を期待しています!

 

加山雄三のプロフィール

 

名前:加山 雄三(かやま ゆうぞう)
本名:池端 直亮(いけはた なおあき)
生年月日:1937年4月11日
出身地:神奈川県
血液型:A型
身長:175㎝
所属事務所:加山プロモーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました