スポンサーリンク

吉村洋文知事の学歴・出身校の偏差値と知事を支える家族たち

記事『吉村洋文知事の学歴と家族』の会いッキャッチ

国会議員や大阪市長を経て、大阪府知事を務めている、吉村洋文知事。

感染の問題では決断できない政治家が多い中、より存在感を発揮する一人として注目されています。

そんな吉村知事ですが、プライベートでは結婚していて、お子さんが3人います。

今回は、吉村知事のプロフィールにふれつつ、ご家族についてまとめてみました。

スポンサーリンク

吉村洋文知事のプロフィール

吉村知事は大学を出てから、弁護士として活動します。

その5年後には独立し、自分の事務所を持ちます。

しかし政治を志すようになり、大阪維新の会の公認により、大阪市議会議員に当選します。

そして、維新の会から衆議院議員に立候補し、当選を果たしました。

その後、橋下徹さんの後を継ぐ形で、大阪市長に就任。

さらに、大阪維新の会がすすめる、大阪都構想に関連して、現在の大阪府知事に選ばれました。

こうして見ると、華々しい経歴ですよね。

弁護士をされた方なので、元から優秀な方だったことがわかります。

ではどのような学歴をお持ちなのでしょうか?

 

吉村洋文(ひろふみ)知事の学歴は?

1975年6月17日 生まれ、大阪府 河内長野市出身の吉村洋文知事。

出身小学校は、河内長野市立千代田小学校です。

また、出身中学校は、河内長野市立千代田中学校です。

小学校、中学校時代は、生まれ故郷の公立校に通っていたんですね。

そんな吉村洋文知事が、神童らしさを発揮するのは高校からです。

出身高校は、大阪府立生野高校です。

生野高校は、偏差値71の学校です。

地元では、超難関の進学校として知られています。

弁護士を目指すキッカケとなったのは、生野高校に在学中の出来事だそうです。

母校の先輩で、現役の弁護士の先生が来て、弁護士は、こんな仕事だと説明をしてくれたとのこと。

社会で活躍している、生野高校卒業の先輩が来て、そういう話をしてくれたのがキッカケだそうです。

吉村洋文知事の誠実さ、ピュアな一面をうかがい知ることができるエピソードですよね。

学校の成績には関係ない話を、高校時代の吉村知事は、真剣に聞いていたのですから好感が持てますね!

吉村洋文知事の、出身大学は、九州大学 法学部です。

九州大学 法学部は、偏差値67の学校です。

大学に入ってからは、弁護士になるための勉強に集中した吉村洋文知事。

2回目の司法試験で合格して、弁護士になりました。

そんな優秀な吉村知事を支える奥さんとは、どのような方なのでしょうか?

 

吉村洋文知事の奥さんは?

表舞台に出てくることが少ない、吉村洋文知事の奥さん。

実は、北海道出身の元キャビンアテンダントの方だそうです。

お二人の馴れ初めは、吉村知事が弁護士のころの飲み会。

透明で綺麗な奥さんに一目惚れして、交際に発展したとのこと。

結婚後、奥さんは、3人のお子さんを出産。

吉村知事が、弁護士として独立する頃には、その事務所で事務員として働くなど公私ともに吉村知事を支えました。

しかし、吉村知事の言うには、吉村家のヒエラルキーでは、吉村知事が一番下で、奥さんが一番上とのこと。

なかなかの鬼嫁だとの噂があるようです!

ただ、吉村知事が、政治活動に集中できるのも、この奥様の存在が大きいことも、確かのようです。

 

吉村洋文(ひろふみ)知事のお子さんは?

吉村洋文知事には、3人のお子さんがいます。

長女と次女は、双子だそうです。

感染症が猛威を振るう2020年現在、お2人は中学2年生だそうです。

双子で色々大変だったので、小さい時は子育ての相談センターに通っていたのだそうです。

初めての子供というだけで大変なのに、まして双子ですからね…

そんな苦労を汲み取ってか、お二人の娘さん達は、吉村知事が『ベスト・プラウド・ファーザー賞』を受賞された際に『自慢のお父さんです!』と、ねぎらいいの言葉を送っています。

そして、そんな娘さんたちの3歳下の息子さんがいます。

2015年の大阪市長選では、当時6歳の息子さんが、応援に駆けつけて『お父さんかっこいいね!』と声をかけてくれたとのことです。

多忙のため、休みの少ない吉村洋文知事ですが。

それでも休みの日には、お子さんの宿題を見てあげたり、公園で一緒にサッカーもやっているそうです。

吉村洋文知事は、お子さん達には、自分の人生を自由にして欲しいと願っているとのことです。

 

まとめ

何かと注目されることの多い、吉村洋文知事。

頑張っている吉村洋文知事に、支えてくれる奥様やお子さんがいてよかったですね!

国会議員との舌戦を繰り広げるのも、奥さんの内助の功やお子さんたちの支えがあってのことのようです。

身近な家族こそ、大事にしたいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました