スポンサーリンク

【南果歩の学歴】出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差値と実家の家族構成、芸能界デビューのキッカケ

記事『【南果歩の学歴】出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差値と実家の家族構成、芸能界デビューのキッカケ』アイキャッチ

日本を代表するベテラン女優である南果歩さん。

2度の離婚を乗り越え、現在は国際的にも活躍されています。

この記事では南果歩さんの学歴(大学・高校・中学校・小学校)と出身校の偏差値、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

スポンサーリンク

南果歩の出身大学

南果歩さんの出身大学は桐朋学園大学短期大学部演劇専攻(現・桐朋学園芸術短期大学)です。

桐朋学園大学短期大学部演劇専攻は偏差値45の学校です。

大学には1982年4月に入学し、1984年3月に卒業しています。

桐朋学園大学短期大学部

学校名  桐朋学園大学短期大学部
学科・コース 演劇専攻
偏差値  45
所在地 〒182-8510 東京都調布市若葉町1丁目41−1
最寄駅  仙川駅(京王線)
公式サイトHP https://college.toho.ac.jp
著名な卒業生 高畑淳子、大竹しのぶ、近藤陽菜、かなで 他

南果歩の大学時代

南果歩の大学時代

画像引用:https://littlestand.com/

南果歩さんは大学に入学するまで、将来の夢や希望もなく、ぼんやりと暮らしていたそうです。

短大では、演技指導やボイストレーニング、ダンスなど、演劇漬けの毎日でした。

そのため当時は、朝から晩までジャージーで過ごし、汗をかくからという理由で化粧もしていなかったそうです。

そして、南果歩さんが19歳の時のこと。

映画『伽耶子のために』のオーディションを受け主役に大抜擢されます。

そしてこの映画への出演をキッカケに、南果歩さんは芸能界デビューを果たしています。

南果歩の出身高校

南果歩さんの出身高校は尼崎市立尼崎高等学校です。

尼崎市立尼崎高等学校は偏差値50の学校です。

高校には1979年4月に入学し、1982年3月に卒業しています。

尼崎市立尼崎高等学校

学校名  尼崎市立尼崎高等学校
学科・コース 普通科
偏差値  50
所在地 〒661-0014 兵庫県尼崎市上ノ島町1丁目38−1
最寄駅  武庫之荘駅(阪急神戸線)
公式サイトHP http://www.ama-net.ed.jp/school/h01/
著名な卒業生 丘さとみ(女優)、岡八郎(コメディアン) 他

南果歩の高校時代

南果歩の若い頃1

画像引用:https://芸能界裏の情報.com/

南果歩さんは高校時代、バトントワリング部に所属し、キャプテンを務めていました。

当時からかなりモテていたそうで、学内にファンクラブが2つもあったそうですよ。

まるで、漫画『タッチ』の浅倉南のような感じですね!

また文化祭ではクラスで作った映画に主演もしています。

南果歩の出身中学校

南果歩さんの出身中学校は、残念ながら特定できませんでした。

おそらく尼崎市内の公立中学校ではないかと思われます。

中学には1976年4月に入学し、1979年3月に卒業しています。

南果歩の中学時代

南果歩の若い頃2

画像引用:https://tsuru.top/

中学生になった南果歩さんはテニス部に入部します。

しかし、練習になると、貧血のため倒れてしまう日が続き、3か月で退部してしまったそうです。

南果歩の出身小学校

南果歩さんの出身小学校も、残念ながら特定できませんでした。

中学同様、尼崎市内の公立小学校ではないかと思われます。

小学校には1970年4月に入学し、1976年3月に卒業しています。

南果歩の小学校時代

お姉さんの影響でおませな小学生だったという南果歩さん。

小学生の頃から大人向けの本やドラマ、映画を見ていたそうです。

なんと小学生にして中原中也の詩集を愛読していたそうですよ。

南果歩の出身地と実家の家族構成

1964年1月20日生まれ、兵庫県尼崎市出身の南果歩さん。

実家の家族構成は、お父さんとお母さん、お姉さんが4人の3人家族。

南果歩さんは5人姉妹の末っ子として誕生しました。

お父さんは建設会社を経営しており、比較的裕福な家庭に生まれています。

しかし南果歩さんが7歳の時に、お父さんが事業に失敗。

一家は住む家を失い、その後ご両親は離婚したとも、お父さんが突然亡くなったとも言われています。

お母さんの直江さんは、喫茶店を営みながら、5人の娘を女手一つで育て上げたと言います。

また、南果歩さんは在日コリアン3世であることを公表しています。

2012年に放送されたNHKの「ファミリーヒストリー」では、南さんの母方のルーツが紹介されました。

なんでも南家は朝鮮王朝時代の「両班」の家系で、そのルールは、唐の時代、玄宗皇帝まで遡るんだとか。

そんな南果歩さんのお祖父さん「ナム・ウンラク」さんは、1937年に家族を連れて日本に渡ってきたんだそうです。

唐の時代まで遡るなんて、すごいですよね!!

なお4人のお姉さんとは、上から11歳、8歳、6歳、2歳と歳が離れているそうです。

まとめ

南果歩さんの生い立ちや家族構成、学歴についてご紹介しました。

個性派女優の印象も強かった南果歩さん。

今では、海外の映画にも出演し、国際派女優としても活躍されています。

そんな南果歩さんの、今後の益々のご活躍を期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました