【氷川きよしの学歴】出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差値と家族構成・芸能界デビューのキッカケ

スポンサーリンク

 

記事「【氷川きよしの学歴】出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差値と家族構成・芸能界デビューのキッカケ」アイキャッチ

「演歌界のプリンス」として20年以上君臨し、多くの女性ファンに支持をされてきた氷川きよしさん。

最近では、「きよしくん」から「きーちゃん」へと”限界突破”をし、新しい自分を表現している姿が輝いていますよね!

この記事では氷川きよしさんの学歴(大学・高校・中学校・小学校)と出身校の偏差値、生い立ち、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

スポンサーリンク

氷川きよしの出身大学

氷川きよしのデビュー当時画像引用:https://up.gc-img.net/

氷川きよしさんは高校卒業後、大学には進学せず、演歌歌手を目指して単身上京しています。

水森英夫氏にスカウトをされ弟子入りし、アルバイトをしながら下積み生活を送ります。

下積み生活は厳しく、雑巾がけから身の周りの世話まで行っていたとか。

そして、下積み生活3年半を経て23歳の時に「箱根八里の半次郎」でデビュー。

すぐさま大人気を博した氷川きよしさんは、その年の新人賞などを総なめし、紅白歌合戦にも出場しました。

氷川きよしの出身高校 

氷川きよしさんの出身高校は福岡第一商業高等学校インテリアデザイン科(現・第一薬科大学附属高等学校)です。

福岡第一商業高等学校は偏差値37〜41の学校です。

氷川さんは1993年4月に高校へ入学し、1996年3月に卒業しています。

福岡第一商業高等学校

学校名  福岡第一商業高等学校(現・第一薬科大学附属高等学校)
学科・コース インテリアデザイン科
偏差値  37〜41
所在地 〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町22−1
最寄駅  大橋駅、高宮駅(JR鹿児島本線)
公式サイトHP https://d.f-parama.ed.jp
著名な卒業生 宇井真白、木村碧唯、秋吉優花(HKT48) 他

氷川きよしの高校時代

氷川きよしの高校時代画像引用:https://honne-channel.com/

高校時代の氷川きよしさんは、芸能部に入り、毎週カラオケのレッスンを受けていました。

また、授業では歌のレッスンもあり、この時に担当の80代の先生に演歌を歌うことを勧められたそうです。

最初は今風ではないと感じたそうですが、だんだんと演歌の奥深さにハマったという氷川きよしさん。

高校の卒業間際に、老人ホームで演歌を披露した際には、お年寄りが感動して泣いた姿を見て「演歌歌手になろう!」と決意をしたそうです。

そんな氷川きよしさんは、高校3年生の12月に素人参加型番組「BS歌謡塾・あなたが一番」に出場し、審査員の水森英夫氏にスカウトをうけています。

氷川きよしの出身中学校

氷川きよしさんの出身中学は、福岡市立高宮中学校です。

氷川さんは1990年4月に中学校へ入学し、1993年3月に卒業しています。

福岡市立高宮中学校

学校名  福岡市立高宮中学校
所在地 〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠3丁目11−1
最寄駅  平尾駅(西鉄天神大牟田線)
公式サイトHP http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhtakami/
著名な卒業生 タモリ、博多華丸、森口博子 他

氷川きよしの中学時代

氷川きよし中学時代画像引用:https://www.bing.com/

中学時代にはすでに、将来は歌手になりたいと考えていたという氷川きよしさん。

中学2年生の時には、平尾昌晃音楽教室のオーディションに合格。

レッスンに通いますが、経済的に続けることが困難になり断念。

当時は新聞配達のアルバイトもしていたそうですので、自分の夢に向かって頑張っていたのでしょう。

そんな氷川きよしさんは、小学生時代から二重アゴもあるぽっちゃり体型。

しかし、中学生になってからはダイエットを決意します。

食事前に寒天を食べるダイエットを決行し、中学校を卒業する時期には、すっきりとした現在のようなスリム体型に。

思春期の食べ盛りにダイエットを成功させたとは、かなりの努力家ですよね!

氷川きよしの出身小学校 

氷川きよしさんの出身小学校は福岡市立大楠小学校です。 

氷川さんは1987年4月に小学校に入学し、1990年3月に卒業しています。

福岡市立大楠小学校

学校名  福岡市立大楠小学校
所在地 〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠3丁目10−1
最寄駅  高宮駅(西鉄天神大牟田線)
公式サイトHP 福岡市立大楠小学校 公式サイト
著名な卒業生 博多華丸、森口博子

氷川きよしの小学校時代 

少年時代の氷川きよしさんはアニメに夢中でした。

好きなアニメは、「ゲゲゲの鬼太郎」と「ドラゴンボール」。

「ドラゴンボール」に関しては、毎週父親と一緒に「少年ジャンプ」を読むのが楽しみだったそうです。

そして、そんな氷川きよしさんは2018年には「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌を担当。

また、2019年にはドラゴンボール超の主題歌「限界突破×サバイバー」も歌っています。

大好きなアニメの主題歌を歌えて、とっても嬉しかったそうですよ。

氷川きよしの出身地と実家の家族構成

氷川きよしの幼少期画像引用:https://nanasepn.com/

1977年9月6日生まれ、福岡県福岡市出身の氷川きよしさん。

実家の家族構成は、お父さんとお母さん、氷川きよしさんの3人家族。

氷川きよしさんは一人っ子なんですね。

お父さんはタクシーの運転手で、お母さんはパートの仕事をしていたそうです。

子供の頃は2Kの小さな木造アパートに住んでおり、経済的にはあまり豊かではありませんでした。

幼少期の氷川きよしさんは、一人っ子のためかとてもおっとりしており、母親の影に隠れてしまう子でした。

しかし、幼い頃から歌がうまかった父親の影響で、歌うことは大好きだったそうです。

そんな氷川きよしさんは、小学生時代には近所にあったケーキ屋のケーキが大好きすぎて、ほぼ毎日食べていたとか。

そのおかげか、ちょっとぽっちゃりとした少年時代を過ごしています。

当時のあだ名は、「デブきよし」。

今ではスラリと長身でスタイル抜群の氷川きよしさんからは想像もできないぽっちゃり体型!

太っていたなんて驚きですね!

まとめ

氷川きよしさんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケをご紹介しました。

演歌界の貴公子であり、多くの女性を虜にしてきた氷川きよしさん。

抜群の歌唱力とかっこいいルックスでこの20年間、演歌界のプリンスとして第一線で活躍してきました。

そんな氷川きよしさんは、現在”限界突破”をして、新しい姿で世の中を驚かせました。

”自分らしさ”をさらけ出した本来の氷川きよしさんの姿に、今後もますます目が離せません!

氷川きよしさんの今後ますますのご活躍を期待しています。 

氷川きよしのプロフィール 

本名:山田 清志(やまだ きよし)
生年月日:1977年9月7日
出生地:福岡県
身長:178cm
血液型:A型
所属事務所:長良プロダクション

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました