スポンサーリンク

里見浩太朗の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

 

里見浩太朗の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

 

日本を代表する名俳優、里見浩太朗さん。

今まで数え切れないほどの映画やドラマに出演されていますよね。

そんな里見浩太朗さんの出身校や生い立ち、家族構成、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

スポンサーリンク

里見浩太朗の出身地と実家の家族構成

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

古村勇人さん(@hayato.furumura)がシェアした投稿


1936年11月28日、東京都渋谷区道玄坂で生まれ、静岡県富士宮市で育った里見浩太朗さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、5歳年上のお兄さん、里見浩太朗さんの4人家族だったようです。

お父さんの亀一さんは憲兵で、里見浩太朗さんがまだ0歳の時に中国で戦死されたそうですよ。

そのため幼い子供2人を抱えて母子家庭になってしまったお母さんは、実家のある静岡県富士宮市に移り子供を育てたそうです。

お父さんの恩給はありましたが、それだけでは生活が苦しかったため、お母さんも裁縫の内職をして家計を支えていたそうですよ。

戦争もどんどん激しくなるなか、女で一つで子供2人を育て上げることはとても大変だったことでしょう。

 

里見浩太朗の出身小学校・中学校

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

垂直落下式清水透さん(@stud.1967.t.baka)がシェアした投稿


里見浩太朗さんの出身小学校は残念ながら公開されていませんでした。

戦争中は戦火を逃れて様々な土地を転々とされていたようです。

小学3、4年生のときには、富士宮からお祖母さんのいる庵原郡松野村(当時)へ疎開されたそうですよ。

東京を丸焼けにされたときには、400機ものB29が空を覆ったと当時を振り返り語られています。

子供の頃の記憶でもはっきりと思い出せるほど衝撃的な光景だったのでしょうね。

里見浩太朗さんの出身中学校も公開されていませんでした。

おそらく富士宮市内の中学校に通われていたのでしょう。

中学時代はテニス部に所属されていた里見浩太朗さん。

きっと運動神経も良かったのでしょうね。

また、スポーツ以外にも映画も好きで、富士宮市内にあった4~5軒の映画館と顔なじみになるほど通っていたそうですよ。

この頃から役者という職業にも興味があったのかもしれませんね。

 

里見浩太朗の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ケロリンさん(@kimaguresamurai)がシェアした投稿


里見浩太朗さんの出身高校は、静岡県立富士宮北高等学校(偏差値47-52)です。

この偏差値は現在のものですので、里見浩太朗さんが通っていた頃とは少し違っているかもしれませんね。

高校時代は音楽部に所属されていた里見浩太朗さん。

NHKラジオ歌謡の新曲の楽譜を購入し、独学でギターも弾いていたそうですよ。

そして、高校卒業間近に「NHKのど自慢」に出場し見事合格して、高校卒業後は本格的に歌手を目指し上京されています。

東京では叔父さんが経営されていた築地の魚市場の仲卸の会社に就職し、働きながら歌手を目指していたそうです

そして、1956年に第3期東映ニューフェイスに合格して東映に入社し、翌年に俳優デビューを果たしています。

1958年には歌手デビューも果たし、その後は映画からドラマまで様々な作品への出演が続いたようです。

 

まとめ

 

里見浩太朗さんの生い立ちや家族構成、学歴、芸能界デビューのキッカケをご紹介しました。

1956年のデビューから現在まで、これほど長い間第一線で活躍されている役者さんははなかなかいないだろうなと思いました。

里見浩太朗さんの今後も変わらないご活躍を期待しています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました