スポンサーリンク

中元日芽香の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と実家の家族構成

中元日芽香の学歴と偏差値

乃木坂46の元メンバーの中元日芽香さん。

乃木坂46での活動は終了されましたが、卒業の日程や今後の活動に注目が集まっていますよね。

そんな中元日芽香さんの出身校や生い立ち、家族構成、芸能界デビューのキッカケをご紹介いたします。

スポンサーリンク

中元日芽香の出身地と実家の家族構成

 

 

1996年4月13日生まれ、広島県広島市出身の中元日芽香さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、中元日芽香さん、妹さんの5人家族です。

「日芽香」は本名ですが、名前の由来は「暖かいお日様、桜の花びらから伸びる新芽、風に散る桜の花の香りのような女の子に育つように」という願いを込めて名付けられたんだそうですよ。

また、中元日芽香さんは三姉妹の真ん中ですが、妹さんはメタルダンス・ユニット「BABY METAL」のメンバーの中元すず香さんなんだとか。

妹さんはボーカル担当ですが、中元日芽香さん曰く昔から歌がうまかったそうです。

お姉さんは一般の方のようですが、勉強ができるタイプだったため、中元日芽香さんは自分自身に中途半端なイメージを抱いていたんだそうですよ。

しかし、中元日芽香さんも乃木坂46では人気メンバーとして輝いていましたから、劣等感なんて抱かずに、むしろ素晴らしい姉妹がいたからこそ中元日芽香さんの活躍はあったのだろうなと感じますね。

 

中元日芽香の出身小学校・中学校

 

中元日芽香さんの出身小学校は、公開されていませんでした。

出身中学校の学区より、広島市立井口小学校、井口明神小学校のどちらかに通われていたのでしょう。

中元日芽香さんは小学1年生の頃からダンスを習い始め、4年生の秋頃からはお母さんの勧めでアクターズスクール広島のCクラスに加入されたんだそうですよ。

アクターズスクールに入れるレベルですから、ダンスの腕前は相当だったようです。

しかし、本人的にはあくまでも好きで趣味程度で通っていたにすぎず、小学生時代の将来の夢は女子アナを目指していたそうです。

中元日芽香さんの出身中学校は広島市立井口中学校です。

中学時代は放送部に所属し部長も務めています。

また、同じく中学時代に広島のローカルアイドルグループ「SPL∞ASH」のメンバーとしても活動されていたようですよ。

そして中学3年生だった2011年8月に、乃木坂46の1期生オーディションに見事合格し芸能界デビューを果たしています。

 

中元日芽香の出身高校・大学と芸能界デビューのきっかけ

 

中元日芽香さんの出身高校は、東京都にある私立校明治学院高等学校(偏差値68)です。

同校は1863年開校という古い歴史があり、日本で最古のキリスト教学校としても知られています。

中学時代から広島のローカルアイドルグループで活動をしたり、中学3年生の頃には乃木坂46のメンバーになり活動も始めていた中元日芽香さん。

これだけ偏差値の高い高校に合格できるのですから、かなりの学力を有していたのでしょう。

また、中学卒業とともに上京されたようですが、その時はお母さんと妹さんも一緒に上京されたんだそうですよ。

お母さんが一緒に来てくれた事は中元日芽香さんにとってもとても心強かったことでしょう。

芸能活動をしながら学業も両立することは決して容易なことではなかったでしょう。

しかし、きちんと卒業されているところを見ると、中元日芽香さんの真面目で努力家な人柄が伺えますね。

明治学院高等学校は、明治学院大学の附属高校です。

しかし、中元日芽香さんは芸能活動に専念するため大学への進学はされていません。

 

まとめ

中元日芽香さんの生い立ちや家族構成、学歴、芸能界デビューのキッカケをご紹介しました。

乃木坂46で活動をしながら明治学院高校をきちんと卒業されているところは本当に凄いと感心しました。

乃木坂46は卒業されましたが、まだまだ若い方なのでこれからもいろいろなことにチャレンジしてほしいです。

中元日芽香さんの今後ますますのご活躍を期待しています!

 

次の記事へ>>>川村真洋の学歴と偏差値

 

中元日芽香のプロフィール

本名 :中元日芽香(なかもとひめか)
生年月日:1996年4月13日
出身地:広島県広島市
身長:161cm
血液型:O型
所属事務所:不明

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました