スポンサーリンク

【生田絵梨花の学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:https://i1.wp.com/乃木坂46のメンバーとして活躍する生田絵梨花さん。

清楚で可愛くて乃木坂46でも中心メンバーとして活躍されていますが、ピアノの腕前もプロ並みですよね。

そんな生田絵梨花さんの出身校や生い立ち、家族構成、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

生田絵梨花のプロフィール

 

画像引用:https://i2.wp.com/本名 :生田絵梨花(いくたえりか)
生年月日:1997年1月22日
出身地:ドイツ デュッセルドルフ
身長:160cm
血液型:A型
所属事務所:乃木坂46合同会社

 

生田絵梨花の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://up.gc-img.net/

画像引用:https://up.gc-img.net/

 

1997年1月22日生まれ、ドイツのデュッセルドルフ出身の生田絵梨花さん。

生田絵梨花さんは帰国子女だったんですね!

「乃木坂を象徴するメンバー」と言われているだけあって、まさにお嬢様で育ちが良いのでしょう。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、2歳年上のお姉さん、生田絵梨花さんの4人家族です。

お父さんは、一橋大学出身でその後KDD(現KDDI)に勤めていたエリートなんだそうですよ。

1995年からKDDドイツ現地法人で新規事業立ち上げに携わったそうです。

まさに生田えりかさんが生まれた頃はドイツでバリバリ仕事をされていたのでしょう。

その後2001年4月に日本に帰国し、シスコシステムズやソフトバンクで活躍。

お父さんは、IT業界では有名な方のようですよ。

生田絵梨花さんの2歳年上のお姉さんは、なんと東大に通っていたという噂があります。

この噂が真実なのかは分かりません。

しかし、ハイスペックな家系なので噂も本当なのかもしれませんね。

 

 

生田絵梨花の出身小学校・中学校と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

画像引用:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

 

生田絵梨花さんの出身小学校は公開されていませんでした。

5歳の時にドイツから日本に帰国し、東京都で育ったようなので都内の小学校に通っていたようです。

出身中学校の学区から逆引きすると、生田絵梨花さんの出身小学校は、文京区立小日向台町小学校、窪町小学校、青柳小学校、関口台町小学校の4校に絞り込まれます。

生田絵梨花さんといえばピアノの腕前がプロ並みですが、なんと3歳から弾き始め4歳からはピアノ教室に通っていたんだそうですよ。

やはりあれほど上手くなるためには、なるべく早くピアノに触れることが大切なのでしょう。

また、小学生時代に「アニー」のミュージカルを鑑賞し舞台女優を目指すようになった生田絵梨花さん。

2007年に「ココ・スマイル5~明日へのロックンロール」で初舞台を踏みデビューを果たしています。

生田絵梨花さんの出身中学校は、文京区立音羽中学校です。

中学3年生の時、将来は音楽の道に進みたいと考えていた生田絵梨花さん。

乃木坂46の一期生オーディションがあると知り、応募して見事合格。

乃木坂46の一員として活動を始めました。

 

 

生田絵梨花の出身高校・大学

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

生田絵梨花さんの出身高校は、東京音楽大学付属高等学校(偏差値52)です。

同校は日本でも歴史ある音楽学校で、入学には実技試験もあるため偏差値以上に難関なんだそうですよ。

しかし、生田絵梨花さんのピアノの腕前はプロレベルなので、入学試験も容易だったのかもしれませんね。

高校生活のエピソードはほとんどありませんでした。

この頃は乃木坂46の活動だけでなく、ミュージカルやテレビドラマにも出演していますので、多忙な生活を送られていたことは間違いないでしょう。

高校卒業後は東京音楽大学音楽学部ピアノ科(偏差値45)に進学されています。

これだけ多忙な中でもしっかりと進学されているところをみると、生田絵梨花さんは真面目で努力家な一面が伺えますね。

 

まとめ

 

生田絵梨花さんの生い立ちや家族構成、学歴、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

見た目から育ちが良さそうだなぁと思っていましたが、正真正銘のお嬢様だったんですね!

才能溢れる方なので、今後もますます活躍の場を広げて欲しいです。

生田絵梨花さんのさらなる発展を期待しています。

 

コメント