スポンサーリンク

【山本“KID”徳郁の学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち

画像引用:https://portal.st-img.jp/闘病かなわず、2018年9月18日に天国に旅立った山本“KID”徳郁さん。

享年41歳と早すぎる旅立ちが悔やまれます…

山本“KID”徳郁さんの生い立ちや家族構成、学歴を調べてみましたので、ご紹介します!

スポンサーリンク

山本“KID”徳郁のプロフィール

画像引用:http://masato18resolution.com/本名:岡部徳郁(おかべのりふみ)
生年月日:1977年3月15日
出身地:神奈川県川崎市
身長:163㎝
血液型:B型
所属事務所:KRAZY BEE

 

山本“KID”徳郁の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://www.japan-wrestling.org/New06/AllJapan/Yamamoto/90KID.jpg

画像引用:http://www.japan-wrestling.org/

 

1977年3月15日生まれ神奈川県川崎市出身の山本“KID”徳郁さん。

家族構成は、ご両親、姉さん、徳郁さん、妹さんの5人家族。

お父さんは、ミュンヘンオリンピックの57キロ級グレコローマン代表選手の山本郁栄さん。

お姉さんは、女子レスリング・フリースタイルで3度の世界一になった実績を持つ山本美憂さん。

妹さんも、女子レスリング・フリースタイルで4度の世界一になった実績を持ち、プロ野球選手、ダルビッシュ有選手と結婚した山本聖子さん。

山本“KID”徳郁さんは、そんなレスリング一家に育ちました。

ちなみに、お姉さんの“美憂“はミュンヘン、妹さんの“聖子“は聖火にちなんだ名前です。

2人の姉妹は、オリンピックにちなんだ名前ですが、徳郁さんの名前も、オリンピックに関係しているのでしょうか?

気になるところです。

 

山本“KID”徳郁の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://www.japan-wrestling.org/New06/AllJapan/Yamamoto/nori-99-1-2.jpg

画像引用:http://www.japan-wrestling.org/

 

山本“KID”徳郁さんの出身小学校はと中学校は残念ながら公開されていません。

ただ、ネットの書き込みより、出身中学校は、横浜市にある私立・桐蔭学園中学校(偏差値:60)のようです。

出身小学校につきましては、色々と調査しましたが、特定することができませんでした。

小学生時代の山本“KID”徳郁さんは、既にエリート・レスラーとして活躍する少年でした。

1984年から1988年までの5年間連続で、レスリングの全国少年選手権優勝をはたしています。

中学生時代の山本“KID”徳郁さんは、物静かで、おとなしいタイプの少年だったようです。

当時の同級生には、山本さんが、総合格闘技のカリスマ的存在になることは想像できなかったことでしょう。

また、中学時代の山本さんは、あまり勉強をしていなかったようで、成績も学年の下位グループに属していたそうです。

 

山本“KID”徳郁の出身高校・大学

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

山本“KID”徳郁さんの出身高校は、桐蔭学園高校(偏差値:65)です。

中学校では、成績はよくなかった山本“KID”徳郁さん。

高校へは、ギリギリ内部進学できた状況のようです。

そして、なんとか桐蔭学園高校に進学した山本さんでしたが、高校1年生の秋にはレスリング修行のためアメリカへ留学。

最終的には、アリゾナ州のマルコス・デ・ニーザン高校を卒業したようです。

ちなみに、アメリカ修行時代には、アリゾナ州の高校生チャンピオンに輝いた実績もあるそうです。

高校卒業後、日本に帰国した山本“KID”徳郁さんは、山梨学院大(偏差値:40)に進学。

大学でも、レスリング部に所属し、レスリング全日本学生選手権と全日本大学選手権での優勝をはたしています。

また1999年の大学4年生のときのこと、シドニーオリンピック出場を目指しますが、残念ながら決勝で敗れ、オリンピック出場の夢を果たすことはできませんでした。

 

まとめ

 

山本“KID”徳郁さんの生い立ちや家族構成、学歴をご紹介しました。

日本の総合格闘技の創成期を支えた、神の子・山本“KID”徳郁さん。

学生時代の姿は、総合格闘技のカリスマ的存在として活躍した挑発的な山本さんとは印象が違うものでした。

山本“KID”徳郁さんのリングでの活躍に興奮したファンのひとりとして…

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

コメント