スポンサーリンク

新妻聖子の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

画像引用:https://pikaribox.com/抜群の歌唱力を持つ歌手で女優の新妻聖子さん。

カラオケ番組でみせるその歌声は、本当に素晴らしくて聞き入ってしまいますよね。

そんな新妻聖子さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケご紹介します。

スポンサーリンク

新妻聖子のプロフィール

 

画像引用:https://i1.wp.com/本名 :新妻聖子(にいづませいこ)
生年月日:1980年10月8日
出身地:愛知県稲沢市祖父江町
身長:156cm
血液型:AB型
所属事務所:プロダクション尾木

 

新妻聖子の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/r

画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

 

1980年10月8日生まれ、愛知県稲沢市祖父江町出身の新妻聖子さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、3歳年上のお姉さん、新妻聖子さんの4人家族です。

お父さんは北海道出身で、お仕事はエレベーターの設計をされているそうですよ。

お母さんのご職業は分かりませんでしたが、小さい頃は色々なおやつを手作りしてくれたというエピソードがありました。

家庭的で優しいお母さんだったようですね。

また、ご両親共に音楽好きだったため、新妻聖子さんも小さい頃から様々なジャンルの音楽に親しまれていたようです。

「サウンド・オブ・ミュージック」のレーザーディスクを何度も繰り返し観たり、CDを買ってもらうと歌詞カードを見ながら合わせて歌ったり、小さい頃から常に音楽が身近にある環境だったのでしょうね。

そしてお姉さんは新妻由佳子さんといい、シンガーソングライターとして活動されているそうですよ。

 

新妻聖子の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://yumeijinhensachi.com/

画像引用:http://yumeijinhensachi.com/

 

新妻聖子さんの出身小学校はタイのバンコクにあるインターナショナルスクールのようです。

小学校6年生の時にお父さんの仕事の都合でタイに行かれたそうですよ。

それまでは日本の小学校に通われていましたが、毎年学級委員をやったり、小学5年生のときには生徒会副会長をするなどかなり積極的な子供だったんだとか。

お姉さんを泣かせた年上の男の子の教室に乗り込んで敵討ちをしたり、子分を引き連れて歩くガキ大将タイプだったという意外なエピソードもありました。

出身中学校も同じくバンコクのインターナショナルスクールで、詳しい時期は分かりませんが、タイ時代にはコーラス部に所属されています。

今でもとっても綺麗な歌声の新妻聖子さんですので、学生時代から歌のうまさは際立っていたのでしょうね。

 

 

新妻聖子の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

小学6年生からタイのバンコクに住んでいた新妻聖子さんですが、高校もバンコクのインターナショナルスクールに通われています。

高校時代のエピソードはあまりありませんでしたが、将来は歌手か弁護士になりたいと思っていたようなので、成績は優秀だったのでしょうね。

そして18歳でタイから帰国し、河合塾の女子寮に3ヶ月入って帰国生入試の勉強をされています。

そして超難関と言われる上智大学法学部国際関係法学科(偏差値66)に見事合格されたそうですよ。

大学時代には、「王様のブランチ」のブランチリポーターに抜擢され芸能界デビューを果たし、1年半リポーターとして活躍されています。

また、同時期にはテレビ朝日のアナウンサー試験も受け、最終審査まで残っていたそうですが、リポーターの道に進もうと辞退されたようです。

2003年にはミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションを受け、エポニーヌ役で初舞台を踏み、その後はミュージカルを主軸に活躍をされています。

 

まとめ

 

新妻聖子さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケをご紹介しました。

「レ・ミゼラブル」のオーディションで大抜擢され、その後はミュージカル女優として活躍されている新妻聖子さん。

やはりただならぬ才能の持ち主だったんだろうと思いました。

これからも美しい歌声を聴かせてほしいです。

新妻聖子さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました