スポンサーリンク

【長嶋一茂の学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/元プロ野球選手であり、現在はタレントとして活躍中の長嶋一茂さん。

バラエティー番組やドラマなどで俳優、タレントとして活躍をする一方で、スポーツキャスターとしても人気があります。

そんな長嶋一茂さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについてご紹介します!

スポンサーリンク

長嶋一茂の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://gossip-topic.com/

画像引用:http://gossip-topic.com/

長嶋一茂さんは、1966年1月26日、東京都にて誕生しました。

一茂さんの実家の家族構成は、両親に妹が2人、弟が1人いる6人家族。

一茂さんは、長嶋家4人きょうだいの長男です。

一茂さんの父親は、元巨人軍選手及び、監督であった長嶋茂雄さん。

長嶋茂雄さんは、言わずと知れた、日本のプロ野球界の伝説的な名選手であり、読売ジャイアンツ終身名誉監督や国民栄誉賞を受賞している、国民的なヒーローです。

そして、母親は一般人でありながらも、結婚前には6年間海外留学をされていたという名家のお嬢様でした。

一茂さんの妹は、キャスターの長嶋三奈さん。

そして、弟の長嶋正興さんは、レーシングドライバーをしています。

偉大すぎる父親を持った一茂さんは、長嶋家の長男として幼少期から多くの注目を浴びます。

長嶋茂雄さんのお話で、幼い一茂さんを球場に忘れてしまったというエピソードがあります。

幼い頃に、父が自分のプレーを息子に見せたく、一緒に球場入り。

息子はスタンドに座らせ、自分は試合に没頭。

そして、試合後は、何事もなかったかのように自分自身のみで帰宅。

帰宅した長嶋茂雄さんに、妻が「一茂は?」と聞いたことで、忘れたことが発覚。

球場に置き去りにされた幼い一茂さんは、とても不安だったことでしょう。

天然ボケと言われる長嶋茂雄さんらしいエピソードですが、自分のプレーを息子に見せたいとは、とても良い親子関係と言えますよね!

そんな一茂さんは、偉大な父の姿を見ながら、将来は父のように「プロ野球選手」になりたいと思うようになります。

 

長嶋一茂の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://amd.c.yimg.jp/

画像引用:https://amd.c.yimg.jp/

 

長嶋一茂さんの出身小学校は、大田区立田園調布小学校です。

偉大なプロ野球選手の息子として育った一茂さんは、幼少期からセレブな生活を送ります。

お寿司屋に食べに行っても、値段を気にすることなく、好きなネタを好きなだけ食べていたそうです。

また、調理実習の時には自宅から5㎏もの高級肉を持参したこともあるそうな。

小学校の運動会には、父の長嶋茂雄さんが来て騒然となり、競技が中断したというエピソードもあります。

小学校4年生の時には、父と同じく野球を始めます。

ですが、大物野球選手の息子と言うことで過度な期待をされ、強制的に父の当時の背番号を付けさされ、サードを守らされます。

そして、マスコミにも大注目をされ、友達からも孤立することに。

そのため、野球は長続きをせず、1年半で辞めてしまったそうです。

中学校は、大田区立田園調布中学校へ進学。

野球は上記の理由で辞めてしまったことから、中学校時代は野球はしていませんでした。

その代わり、陸上部に所属し、大会などで短距離選手として活躍をしています。

ですが、自宅の庭では野球の硬式ボールを投げることもあったらしく、本当は野球がやりたかったようです。

自宅では、父の大切にしていた盆栽を、野球の硬式ボールを当てて割ってしまうこともあったようです。

 

長嶋一茂の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://number.ismcdn.jp/

画像引用:http://number.ismcdn.jp/

 

長嶋一茂さんの出身高校は、立教高校です。

同校は、私立の男子校であり、現在は立教新座高校に名称を変更しています。

同校の偏差値は68と非常に高く、一般受験で試験を受けての合格のようですから、一茂さんはかなり学力が高かったようです。

また、神奈川県にある私立桐蔭学園高校にも一般受験で合格をしていたそうで、こちらの高校も偏差値は65と非常に高い進学校です。

ですので、、一茂さんの学力は相当なものだったのでしょう。

幼い頃から個人の家庭教師をつけており、中学時代には毎日塾に通っていた一茂さん。

勉強には力を入れていたようです。

そんな一茂さんですが、高校では硬式野球部に入部をします。

小学生時代に野球を始めたものの、マスコミからのプレッシャーで辞めてしまった野球。

ですが、やはり偉大な父の姿が目に映ったのでしょう。

甲子園を目指し、ハードな練習もこなしますが、甲子園出場の夢は叶わず。

高校卒業後は、系列校である立教大学に内部進学。

立教大学は、父・長嶋茂雄さんの母校です。

そんな大学を選ばれた一茂さん、やはり父への尊敬の念があったのでしょう。

同大学では、偏差値63の社会学部に在籍します。

そして、大学でも硬式野球部に所属し、東京六大学で活躍。

大学時代の一茂さんは、その眠っていた野球の才能が開花したかのように、大活躍。

日本学生選抜として、全日本選手にも選ばれ、4番を打っていたこともありました。

そして、1987年のドラフト会議にて、ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団。

父と同じくプロ野球選手としての道がスタートします。

しかし、ヤクルト時代は思ったように活躍が出来ず、1993年には金銭トレードで巨人に移籍。

ですが、やはりこちらでも活躍ができずに1995年のオフには戦力外通告を受け、現役引退。

引退後には、タレントに転身し、数々のバラエティー番組に出演。

また、スポーツキャスターとしても活躍し、「スポーツMax」や「プロ野球ニュース」などでキャスターを務めました。

俳優としても活躍をしており、2002年には「ミスタールーキー」で映画初主演。

2008年には、映画「ポストマン」でも主演を務めています。

現在は、俳優、スポーツキャスター、タレントとして、幅広いジャンルで活躍をしています。

 

まとめ

 

偉大な野球選手・長嶋茂雄さんを父に持ち、自身も野球選手としての道を歩んできた長嶋一茂さん。

プロ野球選手としては大成できませんでしたが、幼い頃からの周りからのプレッシャーがなければ、野球選手としての才能もさらに開花できていた可能性もあります。

しかし現役を引退後は見事に芸能界で大活躍。

これからの長嶋一茂さんのご活躍に目が離せません!

 

長嶋一茂のプロフィール

画像引用:https://anincline.com/本名:長嶋 一茂(ながしま かずしげ)
生年月日:1966年1月26日
出身地:東京都大田区
身長:181㎝
血液型:B型
所属事務所:ナガシマ企画

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました