スポンサーリンク

【大竹しのぶの学歴と偏差値】出身校(小学校・中学校・高校・大学)と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:https://kore117.com/日本を代表する女優の一人、大竹しのぶさん。

映画やドラマなど様々な作品に引っ張りだこの大竹さんですが、天然らしき発言も印象的ですよね。

そんな大竹しのぶさんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについて調べてみましたのでご紹介します!

スポンサーリンク

大竹しのぶのプロフィール

 

画像引用:https://anincline.com/本名:大竹 しのぶ(おおたけ しのぶ)
生年月日:1957年7月17日
出身地:東京都
身長:158㎝
血液型:A型
所属事務所:エスター

 

 

 

大竹しのぶの出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://blog-imgs-73.fc2.com/

画像引用:http://blog-imgs-73.fc2.com/

 

大竹しのぶさんは、1957年7月17日、東京都品川区西大井にて誕生しました。

実家の家族構成は、両親に姉が2人、兄が1人、そして妹が1人の7人家族。

大竹さんは、5人きょうだいの4番目です。

父親は、旧姓工業高校出身(現・東北大学工学部)で東京電力に勤務をしていました。

ですが、そんな父は結核を患います。

以後は、空気の良い場所を求め、一家で埼玉県入間郡に引っ越します。

そこで、父は数学教師として勤務をすることになります。

しかし、その後も父は入退院を繰り返し、一家の生活は苦しく、家にテレビも冷蔵庫もなかったそうです。

そんな大竹さんの父は、大竹さんが20歳の時に他界されています。

大竹さんの母方の祖母は、小山内薫の小説「背徳者」に出てくる”絹子”のモデルとなった人物。

最初の夫は、社会運動家の山内権次郎氏であり、クリスチャンでした。

そのため、大竹さんの家族は、代々クリスチャン。

「しのぶ」という名前も、聖書に由来しているそうです。

幼い頃の大竹さんは、父親と一緒に数学を勉強したり、クラシック音楽を聴くことが大好きだったそうです。

とてもお父さんっ子だったんでしょうね。

 

 

 

 

大竹しのぶの出身小学校・中学校

 

画像引用:http://members2ami-go.cocolog-nifty.com/

画像引用:http://members2ami-go.cocolog-nifty.com/

 

大竹しのぶさんの出身小学校は、毛呂山町立毛呂山小学校です。

父が結核を患ったため、小学校1年生の時に埼玉県入間郡毛呂山町に引っ越します。

小学校時代の大竹さんは、非常に学業が優秀。

毎年学級委員に選ばれていたそうで、クラスのリーダー的な存在でした。

小学校1年生の時には、学芸会で桃太郎のキジ役を演じ、人前で演じることの快感を覚えます。

小学校2年生の時には、将来は舞台女優になりたいと作文に書いたそうです。

また、国語の授業の朗読では、感情移入をしすぎて、クラスのみんなにドン引きをされていたそうな。

まさに”天性の女優”と言う言葉がぴったりのエピソードです。

小学校卒業後は、地元の毛呂山中学校へ進学。

田園風景の広がるのどかな田舎町で、片道1時間をかけて通学をします。

中学校では体操部に所属をし、床運動が得意だったという大竹さん。

運動神経も良かったようですね。

活発な優等生で、クラスのリーダー的存在だった大竹さんですが、中学校3年生の時に東京都江戸川区に戻り、区内の中学校に通います。

 

大竹しのぶの出身高校校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://i.daily.jp/

画像引用:https://i.daily.jp/

 

大竹しのぶさんの出身高校は、小岩高校です。

同校は、東京都江戸川区にある都立高校で、大竹さん在籍時の偏差値は58です。

現在は、もう少し偏差値が低いようですが、大竹さんが通っていた当時は進学校として知られていました。

高校ではバレーボール部に所属していますので、やはり運動は得意なようです。

高校1年生の時に、北公次さん主演のドラマ「ボクは女学生」の相手役の一般公募に応募。

これに合格をした大竹さんは、この作品出演をキッカケに芸能界デビューを果たします。

高校3年生の時には、NHKの朝の連続テレビ小説「水色の時」のヒロインに選ばれます。

これをキッカケに大ブレイクをした大竹さん。

以降も様々な作品に立て続けに主演をする、大人気女優となります。

高校卒業後には、桐朋大学短期大学部演劇専攻科に進学。

偏差値は44です。

同大学は、現在、桐朋芸術短期大学に名称を変更しています。

ですが、既に芸能界で大ブレイクを起こしていた大竹さんは、芸能活動が多忙となり、同大学は途中で中退をしています。

以降は女優としての活躍は素晴らしく、多くの名作に出演をしています。

年齢を重ねた現在でも、確かな演技力と、圧倒的な存在感にて、多くの人々魅了し続ける大女優となりました。

 

まとめ

 

 

10代でデビューをしてから、様々な名作に出演をしてきた大竹しのぶさん。

幼い頃は裕福ではないながらも、とてもしっかりとした少女であったことがわかりました。

そんな大竹しのぶさんのこれからのさらなる活躍を、大きく期待しています!

 

コメント