スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】石坂浩二の出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:http://nissy0909.com/俳優として長年のキャリアを持ち、様々な作品に出演してきた石坂浩二さん。

俳優以外にも、司会者、ナレーター、そして画家、作詞家、翻訳家と、多彩な才能にてあらゆる方面で活躍をされています。

そんな石坂浩二さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについて調べてみましたのでご紹介します!

スポンサーリンク

石坂浩二のプロフィール

 

《石坂浩二のプロフィール》
画像引用:https://芸能人の気になる噂最新枕薬子供.com/本名:武藤 兵吉(むとう へいきち)
生年月日:1941年6月20日
出身地:東京都中央区
身長:177㎝
血液型:O型
所属事務所:プロダクション尾木

 

 

 

石坂浩二の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://itihaya-ibento.click/

画像引用:http://itihaya-ibento.click/

 

石坂浩二さんは、1941年6月20日、現在の東京都中央区銀座にて誕生しました。

実家の家族構成は、両親に妹のいる4人家族。

日本の一等地である銀座で誕生し、その後は東京の高級住宅街として知られる田園調布で育ったという石坂浩二さん。

父親の職業は公開されていませんでしたが、かなり裕福な家庭で育ったようです。

母方の祖父には、元横浜市長の平沼亮三氏がおります。

平沼氏は、全日本体操連盟の初代会長も務め、オリンピックでは過去2度も団長を務めたという人物。

”日本における市民スポーツの父”とも異名をとるほどの人物でした。

そんな名家出身の母親を持つ石坂さんですが、そうなると父親ももちろん名家出身に違いありません。

幼い頃からお坊ちゃまとして育った石坂浩二さん。

今でもどこかしら内面からにじみ出る、品の良さがありますよね。

 

 

 

 

石坂浩二の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://koimousagi.com/

画像引用:http://koimousagi.com/

 

石坂浩二さんの出身小学校は、残念ながら公開されていません。

石坂さんの幼少時は、戦時中、戦後に重なり、幼い頃の石坂さんもその頃は田舎に疎開をしていたそうです。

終戦後は、自宅が米軍に撤収をされたそうですので、戦後もいろいろと苦労をされたことでしょう。

中学校卒業後は、慶應義塾普通部に進学。

同校は、日本でも名高い慶應義塾大学の系列校であり、私立の男子校です。

現在、同校の偏差値は69と大変難関の中学校ですが、石坂さんが在籍当時は偏差値の概念がありませんでした。

ですが、成績優秀且つ、名家の子息が通うという学校であったため、石坂さんの成績がかなり良かったことは間違いありません。

また、このことからも名家出身であることは確かなようです。

中学校では自ら演劇部を立ち上げ、演技の魅力にハマっていったそうです。

 

 

石坂浩二の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://image.space.rakuten.co.jp/

画像引用:https://image.space.rakuten.co.jp/

 

石坂浩二さんの出身高校は、慶應義塾高校です。

同校は、私立の男子校であり、偏差値は75と非常に難関です。

中学校の頃から、系列校に通っていた石坂さんは、内部進学で同校に進学をしています。

ですが、頭脳明晰でなければ内部進学もできませんので、かなり成績が良かったことが伺えます。

高校時代の石坂さんは、アマチュア劇団を主宰。

劇団の運営費を稼ぐために、4年間、エキストラをしていたそうです。

また、この頃母親が結核になり、入院をします。

これがキッカケで、自分で料理をするようになったそうです。

高校を卒業後は、慶應義塾大学法学部法律学科へ進学。

高校から内部進学をしたと思われますが、同大学の偏差値は70で非常に難関です。

大学在学中も、俳優として数々の作品に出演し、少しずつ知名度を上げていきます。

1967年には、浅利慶太さんにスカウトをされ、劇団四季にも所属します。

後に俳優との両立が困難になって退団をしていますが、劇団では主に演出を担当しながら、脚本家としても活躍をします。

1969年には、NHK大河ドラマ「天と地と」に主演し、トップ俳優へ。

以降も数々の名作に出演をして、日本を代表する俳優の一人として活躍をしています。

一方で、俳優以外にもタレントとしてクイズ番組やバラエティ番組にも出演。

人気番組「開運!なんでも鑑定団」では、長年司会者としても人気を博しました。

 

まとめ

 

マルチな才能を活かし、幅広い方面で活躍中の石坂浩二さん。

名家出身で、生粋の江戸っ子でもあり、”慶應ボーイ”だったことがわかりました。

そんな石坂さんは、年齢を重ねても歳を感じさせないルックスと頭の回転の早さが魅力的です。

これからも末永く、芸能界で活躍をされるよう、応援していきたいと思います。

コメント