スポンサーリンク

オダギリジョーの学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

画像引用:https://芸能人の嫁特集.com/年々渋さが増し、更に俳優としての磨きがかかっているオダギリジョーさん。

モードなファッションにも注目が集まっていますよね。

そんなオダギリジョーさんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについてご紹介します。

スポンサーリンク

オダギリジョーのプロフィール

 

《オダギリジョーのプロフィール 》
画像引用:https://wakaikoro.com/本名 :小田切譲(おだぎりじょう)
生年月日:1976年2月16日
出身地:岡山県津山市
身長:176cm
血液型:O型
所属事務所:鈍牛倶楽部

 

オダギリジョーの出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://sotsuaru.net/

画像引用:http://sotsuaru.net/

 

1976年2月16日生まれ、岡山県津山市出身のオダギリジョーさん。

実家の家族構成はお母さんとオダギリジョーさんの2人で、オダギリジョーさんは母1人子1人で育ったようです。

この為、幼少期は映画館に預けられて育ったんだとか。

きっと今のような大きな映画館ではなく、町中にあるような小さな映画館で、子供1人でも安心して預けられたのでしょうね。

こうして小さい頃から映画に親しんだことがキッカケで、将来は映画監督を志すようになったそうですよ。

当時はお母さんも子供を育てる為に働かなければいけないと思いつつも、ずっと映画館に幼い息子を1人でいさせることに罪悪感もあったと思います。

しかし、そのことがキッカケで今のオダギリジョーさんがあるのですから、お母さんもとても嬉しく思っていることでしょう。

 

オダギリジョーの出身小学校・中学校

 

画像引用:http://itihaya-ibento.click/

画像引用:http://itihaya-ibento.click/

 

オダギリジョーさんの出身小学校は、津山市立津山東小学校です。

小学6年生の時に転校した津山東小学校の同じクラスに「次長課長」の河本準一さんがいたそうです。

河本潤一さん曰く、当時は河本さんが一番モテていたそうです。

しかし、オダギリジョーさんが来たことによって一気に人気を持っていかれたんだとか。

小学校時代は面白い男の子は人気がありますが、やはりイケメンには敵わなかったのでしょう。

オダギリジョーさんの出身中学校は、津山市立北陵中学校です。

中学時代にはギターを始めカラオケボックスで友人と一緒に弾き語りをするなど熱中されていたようです。

 

オダギリジョーの出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

 

オダギリジョーさんの出身高校は岡山県にある私立・作陽高等学校(偏差値51)です。

高校時代のクラスメイトには、お笑いグループの超新塾タイガー福田さんがいらっしゃるそうですよ。

また、高校時代のエピソードはあまりありませんでしたが、中学時代と変わらずギターや映画に熱中する日々を送っていたようです。

高校卒業後は国立大学の高知大学理工学部(偏差値50)に合格されています。

これはオダギリジョーさんが坂本龍馬が好きだったため受験されたそうですよ。

しかし高知大学には進学はせずに、20歳の時に映画監督を目指してカリフォルニア州立大学フレズノ校(偏差値不明)に入学されています。

学費などはどうされたのかは分かりませんが、留学となるとそれなりに費用がかかりますから、お母さんは息子がやりたいことはやらせてあげたいと、とても頑張ったのかもしれませんね。

映画監督志望で同校に留学されたオダギリジョーさんですが、間違って演劇コースに申し込んでしまい、それがキッカケで役者に興味を持ったそうですよ。

そして1999年に舞台「DREAM OF PASSION」で実際に役者デビューを果たしていますから、結果的には間違って良かったのでしょう。

 

まとめ

オダギリジョーさん出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

どこか影がありミステリアスな雰囲気がある方ですが、それは家庭環境や幼少期に1人で過ごしていた時間が影響しているのかなと思いました。

役者としての評価はとても高い方なので、今後もよろしく日本の映画界を引っ張っていってくれることでしょう。

オダギリジョーさんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました