スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】遠藤憲一の出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:http://geinouscandal.com/wp-content/uploads/2015/05/th_enken-top0011.jpg長きに渡り映画やドラマに出演し続けている俳優の遠藤憲一さん。

強面の風貌で悪役のイメージが強いですが、実際はとてもチャーミングな方ですよね。

そんな遠藤憲一さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

遠藤憲一のプロフィール

 

《遠藤憲一のプロフィール》
画像引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanreki7/20180306/20180306044725.jpg本名 :遠藤憲一(えんどうけんいち)
生年月日:1961年6月28日
出身地:東京都品川区
身長:182cm
血液型:O型
所属事務所:エンズタワー

 

 

遠藤憲一の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://cherry0704.com/

画像引用:http://cherry0704.com/

 

1961年6月28日生まれ、東京都品川区出身の遠藤憲一さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、遠藤憲一さん、妹さんの4人家族でしたが、お父さんは既に亡くなられているようです。

現在の遠藤憲一さんは昔のお父さんにソックリだそうで、お父さんの四十九日のときに出てきた昔の写真を見て、思わず「これ俺だろ!」と言ってしまったくらい激似だったそうですよ。

その画像がネットに掲載されていましたが、本当に遠藤憲一さんだと疑いもしないほどソックリで驚きました。

お父さんも相当カッコ良かったのでしょうね。

お母さんの情報はあまりありませんでしたが、遠藤憲一さんが子供の頃、家に転がっていた30円を無断で使ったら、お母さんに手を引っ張られて交番の前まで連れていかれたことがあるんだとか。

お母さんはお金には厳しい方だったのでしょう。

 

 

 

遠藤憲一の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://www.mylro.org/

画像引用:https://www.mylro.org/

 

遠藤憲一さんの出身小学校は記載されていませんでしたが、小学2年生のときにそれまで住んでいた品川区から横浜に引っ越されています。

その距離での引越しだと普通は転校することになりますが、遠藤憲一さんは友達と離れるのが嫌だったため、転校はせずに電車で品川区の小学校まで通い続けていたそうですよ。

また、小学校時代は野球に熱中されていたんだとか。

放課後は毎日野球をして遊んだり、ランドセルのままナイター観戦に行くほどの熱中ぶりだったようです。

中学校からは横浜の横浜市立山内中学校に通われていて、中学時代は野球部に所属されています。

ポジションはピッチャーだったそうですよ。

現在は強面な遠藤憲一さんですが、中学時代までは普通のスポーツ少年だったのでしょうね。

 

 

遠藤憲一の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://芸能人の子供.com/

画像引用:http://芸能人の子供.com/

 

遠藤憲一さんは中学卒業後、横浜市にある私立校・横浜商工高等学校(偏差値37)(現 横浜創学館高等学校)に進学されています。

小・中学校時代は野球に熱中し、中学時代は野球部にも所属していた遠藤憲一さんですが、高校時代は部活動はされなかったようです。

また、入学当初は真面目な生徒でしたが、半数以上が不良でリーゼントばかりだったため、遠藤憲一さんも影響され徐々にツッパリの仲間入りを果たしていったそうですよ。

当時の写真をバラエティー番組で出されたことがありましたが、パンチパーマにリーゼントで高校生とは思えない風貌でした。

そんな状態だったため学校にも次第に行かなくなり、高校1年生の2学期には退学されたそうです。

その後はアルバイトをするものの続かず、ある日広告で劇団員募集の広告を見て役者に興味を持ち、難関の無名塾の試験を受けられています。

結果は見事合格でしたが、それまでのやめグセが抜けず無名塾もわずか10日で退団されたようです。

そしてその後は劇団フジ・東京宝映に移籍して役者活動を再開し、22歳でドラマデビューを果たしてからは刑事ドラマやサスペンスドラマなど様々な作品で演技力を磨かれたようですよ。

 

 

まとめ

 

遠藤憲一さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

若い頃は何でもすぐに投げ出していたという遠藤憲一さんですが、役者だけは投げ出さずに何十年も続けています。

遠藤憲一さんにとって、役者は天職だったんですね!

遠藤憲一さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

コメント