スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】佐野史郎の出身校(小学校・中学校・高校・大学) の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:https://yorozu-do.com/wp-content/uploads/2016/08/ff99c7690a67e504cb756add0cd57b58.jpg個性的な俳優として活躍をしている佐野史郎さん。

90年代に大ヒットしたドラマ「ずっとあなたが好きだった」の怪演で冬彦さんブームを巻き起こしたのはご存知の方も多いでしょう。

そんな佐野史郎さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについて調べましたのでご紹介します!

スポンサーリンク

佐野史郎のプロフィール

《佐野史郎のプロフィール》
画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-17-c8/hati3591/folder/1579652/70/55253870/img_9_m?1425535380本名:佐野 史郎(さの しろう)
生年月日:1955年3月4日
出身地:島根県
身長:176cm
血液型:B型
所属事務所:アベベネクスト

 

 

 

佐野史郎の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

佐野史郎さんは、1955年3月4日、山梨県山梨市にて誕生しました。

実家の家族構成は、両親に弟と妹が一人ずついる5人家族。

佐野さんの実家は、島根県松江市で代々続く医院を営む、医者家系です。

佐野さんのお父さんは4代目にあたり、内科医をしていました。

現在は、弟が5代目を継いでいるそうです。

そんな医師であるお父さんのインターン先であった山梨県山梨市にて出生した佐野さんは、生後間もなく東京都世田谷区に移ります。

その後もお父さんの仕事の関係で練馬区へ移った後、7歳の時にお父さんが実家の医院を継ぐため、郷里である島根県松江市に引っ越します。

医師の家系に生まれ育った佐野さんは、幼少期からバイオリンを習っており、3歳から12歳まで続けたそうです。

バイオリンと言えば、まさしくお坊ちゃまといったイメージの習い事ですよね。

 

 

 

佐野史郎の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://seikatuch.com/

画像引用:http://seikatuch.com/

 

佐野史郎さんは、幼少時に東京に住んでいたため、練馬区立開進第三小学校に入学しています。

ですが、すぐに島根県へ引っ越したため、松江市立乃木小学校へ転校されて同校を卒業しています。

この頃の佐野さんは体が小さく、のんびり屋さん。

島根県の方言もわからず、当初はいじめられていたそうです。

そんな佐野さんは、子供の頃から絵を描くことが得意で、校内の写生コンクールでは金賞に輝くなど好成績をおさめます。

小学校を卒業した佐野さんは、国立の島根大学教育学部附属中学校へ進学。

同校の偏差値60はであり、県内でも進学校として知られています。

中学受験に成功した佐野さんは、医者の家系の影響からか医師を目指して勉学に励みます。

ですが、理数系の科目はすべて苦手だったため、途中で医師になることを断念しています。

そのため、中学時代はほとんど勉強をしなかったようです。

 

 

佐野史郎の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://v1.mato.media/

画像引用:http://v1.mato.media/

中学校を卒業した佐野史郎さんは、島根県立大東高等学校に進学をします。

大東高校は、偏差値45の公立校です。

ですが、同校には数か月通った後に中退。

その後受験しなおし、島根県立松江南高等学校に入学をしています。

松江南高校の偏差値は普通科は53、理数科は60で県内でも進学校の1つです。

高校時代は、ギターやロックなどにハマり、音楽活動を行っていた佐野史郎さん。

美術が得意だった佐野さんは、大学受験で武蔵野美術大学を受験しますが、残念ながら不合格。

そして、美学校・中村宏油彩画工房に進学し、マニエリスム、空気遠近法を学びます。

ですが、その後は俳優になることに興味を持ち、20歳の時には劇団「シェイクスピアシアター」に創設メンバーとして入団。

以降は舞台を中心に地道に活動をしていた佐野さんですが、35歳のときに出演したドラマ「ずっとあなたが好きだった」の冬彦役が大ヒットします。

マザコンである冬彦さんブームを巻き起こし、一気に大ブレイク。

それ以来、個性派俳優として数多くのドラマや映画、舞台などに出演し、その才能を発揮しています。

 

まとめ

 

個性的な役柄がとてもハマる俳優・佐野史郎さん。

冬彦さん役で大ブレイクを起こしてから何十年とたった今も、その怪演ぶりに右に出る人はいません。

そんな佐野史郎さんのこれからのさらなるご活躍を期待しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました