スポンサーリンク

武田久美子・アメリカ人の夫と離婚した原因は?フィギュアを習っている娘の親権は?

2014年11月離婚が報じられた武田久美子さん。

離婚の原因は「引っ越しの数だけ愛がなくなった!」と語る武田久美子さん。

そんな武田久美子さんのアイドル時代やアメリカでの結婚生活・離婚の真相などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

アメリカ人男性との結婚のキッカケは?

 

takedaoyako

画像引用:https://trendnews.tokyo/

 

武田久美子さんは、1999年にハワイで知り合った4歳年上の一般人のアメリカ人男性と結婚しました。

ちょうど写真集で貝殻ビキニ姿を披露した10年後の出来事ですね(笑)

旦那さんの名前はジェームスさん

ジェイムスさんは、製薬会社に勤務しているビジネスマンです。

結婚後はカリフォルニア州サンディエゴに移住。

そして2002年の34歳の時には長女のソフィアちゃんを授かります。

2004年には結婚出産後いつまでもきれいでいつづける秘訣をテーマとした美容本を出版し話題になりました。

ちなみにソフィアちゃんはバレエやフィギュアスケートを習っており、夢は冬のオリンピックだそうです。

 

武田久美子の離婚の真相は?

 

oyako

画像引用:https://image.entertainment-topics.jp/

 

大手製薬会社の営業ダイレクターとして勤務するジェイムスさん。

営業ダイレクターを日本語に訳すと『営業部長』となってしまいますが、収入も恐らく数千万円級は見込まれるほど裕福な生活を送っていた

ものだと思われます。

そして子宝にも恵まれて一見幸せそうに見える武田久美子さんがどうして離婚の道を選んだのでしょうか?

武田久美子さんは週刊誌『女性セブン』「生活のすれ違いと、お互いの価値観の違い」が理由と語っています。

そして、旦那さんの仕事の関係で転勤が多かったことより「引っ越しの数だけ愛がなくなった!」とも語っています。

慣れないアメリカの地で結婚してから別居する2014年2月までの間に7回も引越していたことも離婚の大きな要因になったそうです。

また、旦那さんの仕事は多忙を極め、長期間の出張も多かったようです。

そんな生活の中で夫婦のスレ違が徐々に大きくなり、修復不可能な状態になってしまったようです。

ちなみに、娘のソフィアちゃんの親権は武田さんが持つようです。

 

アイドル時代の武田久美子について

 

 

子役としても活躍していた武田久美子さん。

武田久美子さんブレークしたキッカケは中学生の時に出場した東大の アイドルコンテストでの優勝。

そして当時大ヒットした映画『ハイティーン・ブギ』のヒロインとしての出演。

当時のトップアイドル近藤真彦さんの彼女役です。

映画の主題歌『ハイティーン・ブギ』も空前のヒット曲となります。

この映画への出演をキッカケに武田久美子さんもトップアイドルとして一世を風靡することとなりました。

10代の頃は清純はアイドルとして活躍した武田久美子さん。

20歳を過ぎた頃からは西岡徳馬さんとベットシーンを演じるなどセクシーな 大人の女性へと路線を変更

写真集『My Dear Stephanie』で披露した貝殻の水着姿は日本中で話題になりました!

そして31歳にして国際結婚。

若い頃の武田久美子さんは何をやっても話題になる存在でした。

 

まとめ

 

アメリカには『トルフィーワイフ』と言う言葉があります。

一言で言えば『ルックス至上主義で結婚相手を選ぶ』と言う意味。

また『トルフィーワイフ』にはその美しさで夫を引き立てる自慢の奥さん、と言う意味もあります。

きっと旦那のジェームスさんにとって武田久美子さんは極上の

『トルフィーワイフ』だったことでしょう。

旦那は世間体が良い家庭を求め、妻は表面的に幸せな家族を演じる。

今回の離婚は、そんな偽りの生活の終焉なのかもしれませんね。

 

武田久美子のプロフィール

生年月日:1968年8月12日
出身地:愛知県名古屋市
身長:158 cm
デビュー:1982年
最終学歴:堀越高校
所属:株式会社スクロール

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました