スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】浅野忠信の出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:http://kyonoah.link/wp-content/uploads/2017/09/320.jpg数多くの作品に出演し、その実力が素晴らしい俳優・浅野忠信さん。

日本国内だけではなく、ハリウッド映画にも出演をする日本を代表する俳優さんの一人ですね。

そんな浅野忠信さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについて気になり、調べてみました。

スポンサーリンク

浅野忠信のプロフィール

 

《浅野忠信のプロフィール》
画像引用:http://kyonoah.link/wp-content/uploads/2017/09/320.jpg本名:佐藤 忠信(さとう ただのぶ)
生年月日:1973年11月27日
出身地:神奈川県横浜市
身長:179㎝
血液型:A型
所属事務所:アノレ

 

 

 

浅野忠信の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://tommyzblog.com/

画像引用:http://tommyzblog.com/

 

浅野忠信さんは、1973年11月27日に神奈川県横浜市にて誕生しました。

実家の家族構成は、両親に兄が一人という4人家族です。

父は幸久さんといい、タレントのマネージャーをしていました。

現在は、芸能事務所の社長をされており、その事務所に浅野さんも所属しています。

そして母は順子さんといい、古着屋を経営したり、ラウンジバーのバーテンダーをしていたといいます。

2歳年上のお兄さんは、浅野久順さんといい、かつては俳優として活動をされていたようですね。

現在は、俳優をやめて「KUJUN」という芸名で、ミュージシャンをされているそうです。

浅野忠信さんは、一見純日本人に見えがちですが、幼少期は髪の毛は茶髪で、日本人離れをした顔立ちをしていたそうです。

それもそのはず、浅野さんの母・順子さんは、北欧系アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフです。

そして、浅野さんはクオーターなんですね。

浅野さんの両親は20代前半で子供を得たせいか、子供が生まれてからも二人だけで遊びに行くことが多かったそうです。

時には、二人でディスコに出かけてしまい、残された兄弟は大泣き。

近所の家の人に泣きついたこともあったそうな。

かなり自由でヒッピーのような両親でしたが、子供たちのしつけには厳しく、甘やかされずに育てられたそうです。

 

 

 

 

浅野忠信の出身小学校・中学校 と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://koimousagi.com/

画像引用:http://koimousagi.com/

 

浅野忠信さんは、横浜市立桜岡小学校出身です。

小学校時代の浅野さんは、クオーターがゆえに髪の毛が金髪に近く、そのせいで学校では「外人」と言われてイジメられていたそうです。

両親の教育方針は、放任主義。

父親も芸能マネージャーになる前までは、あまり仕事にもいかず、家で寝てばかりいたそうです。

母親もビキニ姿で公園で日光浴をするような人だったそうです。

そんな家庭環境で育った浅野さんは、子供の頃から目立つことが大好きな少年だったといいます。

幼い頃から兄と空手道場に通ったり、ブレイクダンスやスケボーも始めます。

仲の良い兄弟だったようですね!

浅野忠信さんは、小学校卒業後には横浜市立南ヶ丘中学校に進学をします。

中学校に進学してからは、友達と夜遊びをするようになったという浅野忠信さん。

ある時は、自転車を盗んで警察に捕まったこともあったそうです。

ですが、捕まった浅野さんに母は、「本当の不良は悪いことをしてもつかまらないんだ」と教えます。

元不良である母のこの言葉、ある意味、すごい説得力がありますよね。

そんな浅野さんに転機が訪れたのは、中学校3年生の時。

芸能事務所のマネージャーをしていた父の影響からか、当時の人気ドラマ「3年B組金八先生Ⅲ」のオーディションを受けます。

そして見事合格をし、俳優デビューを果たします。

 

 

浅野忠信の出身高校・大学

 

画像引用:http://www.officiallyjd.com/

画像引用:http://www.officiallyjd.com/

 

中学卒業後は、神奈川県立磯子高校に進学をした浅野さん。

磯子高校の偏差値は43です。

高校に入った浅野さんは、俳優業の傍ら、バンド活動も始めます。

当時は、音楽で食べていこうと決めたこともあり、「俳優をやめる」と宣言し、父と衝突をしたこともあったそうです。

ですが、祖母に考えを改めるように言われ、俳優業も続けていきます。

高校卒業後は、芸能活動に専念するために、大学には進学しませんでした。

その後は、着々と俳優としての実力を身につけ、人気も得ていきます。

そして、23歳で初めて映画初主演を果たして以来、多くの作品に出演する名俳優となりました。

今では、日本だけではなくハリウッド映画にも進出。

ちなみに英語圏での浅野さんの愛称は、Tad(タッド)だそうです。

 

まとめ

 

どんな役をこなしても、素晴らしい演技力を見せる浅野忠信さん。

日本を代表する俳優さんですが、幼少期は自由奔放な両親に育てられた故の悩みもあったんでしょうね。

そんな浅野忠信さんのこれからの活躍に、大いに期待をしています!

 

 

 

コメント