スポンサーリンク

【著名人・芸能人の学歴】山本梓の出身校(小学校・中学校・高校・大学)の偏差値と生い立ち、そして芸能界デビューのキッカケ

画像引用:http://xn--u9jy52gr2p5pl0ur6lcz20behl.com/wp-content/uploads/2017/10/1171905261_photo.jpgグラビアアイドルとして多くの男性から支持を集めていた山本梓さん。

数々のバラエティー番組にも出演され、タレントとしても活躍されていましたね。

そんな山本梓さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


山本梓のプロフィール

 

《山本梓のプロフィール》
画像引用:http://xn--u9jy52gr2p5pl0ur6lcz20behl.com/wp-content/uploads/2016/01/ximg_c01-025.png.pagespeed.ic.ek2NqRME9J.jpg本名 :梶原梓(かじわらあずさ)
生年月日:1981年4月24日
出身地:千葉県船橋市
身長:157cm
血液型:A型
所属事務所:トミーズアーティストカンパニー

 

 

 

スポンサーリンク

山本梓の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

1981年4月24日生まれ、千葉県船橋市出身の山本梓さん。

家族構成はお父さん、お母さん、4歳年上のお兄さん、梓さんの4人家族です。

お父さんは生粋のプロ野球、阪神タイガースのファンで、「結婚相手は阪神ファンじゃないと認めない!」と言っていたほどなんだとか。

山本梓さんは青年実業家の梶原吉広さんと結婚されていますが、梶原さんは阪神ファンなのでしょうか。

そして、お母さんはピアノの先生をされていたそうです。

山本梓さんは家族仲がとても良く、現在は離れて暮らしていますが、メールをよく送るなど頻繁に連絡は取っているようです。

そして驚きなのが、山本梓さんは明石家さんまさんと遠い血縁関係にあたるんだとか。

さんまさんは言われるまで知らなかったとテレビで話していますが、親戚にさんまさんがいるなんて凄いですよね。

 

 

 

山本梓の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://gnknews.com/

画像引用:http://gnknews.com/

 

山本梓さんの出身小学校は残念ながら特定できませんでした。

しかし、中学校の学区より、船橋市立坪井小学校。習志野台第一小学校、習志野台第二小学校のいずれかの可能性が高いようです。

小学校時代から様々な習い事をしていた山本梓さん。

クラシックバレエやピアノ、お茶、英語、水泳、習字と、遊ぶ暇はなかったのでは?と思うほど数々の習い事をされています。

ピアノやクラシックバレエは大人なってからも続けられていたようなので、腕前は相当なものなのでしょう。

また、小学校時代からお小遣いが月に1万円だったという仰天エピソードもあります。

このエピソードが本当かは分かりませんが、習い事を見てもお金持ちの家庭のようですし、もしかしたら本当にお小遣い1万円だったのかもしれませんね。

山本梓さんの出身中学校は船橋市立習志野台中学校です。

中学時代は編み物クラブに入っていたそうです。

また、英語スピーチの千葉県大会で優勝されたこともあり、学業もとても優秀だったのでしょう。

 

 

山本梓の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

山本梓さんの出身高校は専修大学松戸高校(偏差値72)です。こ

れだけ偏差値の高い高校に入れるのですから、山本梓さんはまさに才色兼備な女の子だったのでしょう。

高校時代には、「全日本国民的美少女コンテスト」に応募するも、残念ながら予選落ちしています。

この時同じコンテストに参加し、審査員特別賞を受賞したのが上戸彩さんでした。

その後、雑誌「東京ストリートニュース」の読者モデルを経て、雑誌「Cawaii!」の読者モデルを務めています。

また、読者モデルをやったことがキッカケで20歳の時、芸能界デビューを果たしました。

山本梓さんは学生時代から芸能界に興味があったのでしょうね。

高校卒業後は立教大学に進学されたとの噂もありますが、あくまでも噂レベルのため真相は定かではありません。

 

 

まとめ

 

正直おばかタレントのイメージがあった山本梓さんですが、英語が堪能で成績優秀な方だったとは少し驚きました。

最近はあまりデレビでお姿を見かけませんが、結婚され幸せに暮らしているのでしょう。

山本梓さんの今後ますますのご発展を期待しています。

コメント