imagesオバマ大統領の2期目の就任式での国歌斉唱を口パク

したという疑惑がかけられたビヨンセ

その国歌斉唱口パク疑惑騒動は全アメリカ国民を

巻き込んだスキャンダルへと発展してしまいました。

マスコミからの攻撃の標的となるビヨンセは、多くの記者が詰め寄る記者会見の

席で一瞬にしてその騒動にピリオド打ってしまいます。

一体、ビヨンセが口パク疑惑騒動を一瞬にして終わらせた奇想天外な方法とは?

 


sponsored link

 

プロフィール

 

images (1)出生名:ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ
生年月日:1981年9月4日
出身地:アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
活動期間:1997年
公式サイト:ビヨンセ公式サイト

 

 

 

ビヨンセの口パク疑惑

 

ビヨンセが国歌斉唱・口パク疑惑をかけられたのは2013年1月21日の

オバマ大統領2回目の大統領就任式での出来事です。

これが、2013年1月21日の大統領就任式のビヨンセが国歌斉唱の動画です。

大統領就任式の後、『ビヨンセの国歌斉唱』口パクだったのか、生歌だったのか

全米を巻き込んだ大論争となってしまいましす。

マスコミは連日のように“ビヨンセの口パク”をネタにして大騒ぎするようになります。

 

ビヨンセの『口パク疑惑』はどうして大事になったのか

 

アメリカの音楽界では、口パクは日常茶飯事に行われていることですが、

どうしてビヨンセの国歌斉唱口パクか否かが大問題になったのでしょうか?

 

image2

 

アメリカ国民にとって大統領就任式は4年に1回の一大イベントです。

そしてアメリカ人にとって、大統領就任式は『アメリカ合衆国の象徴』

世界中にお披露目される神聖なイベントです。

その神聖なイベントで『国歌を口パクした』ということは『アメリカ合衆国の

誇り』を汚したも同じ行為に受け取られてしまったようです。

また、『ビヨンセの口パク疑惑』が大問題となったもうひとつの理由があります。

それは、2013年2月3日に開催されるアメリカンフットボール『スーパーボウル』

ハーフタイムショーでビヨンセが歌声を披露することになっていたのです。

『スーパーボウル』といえばアメリカ人にとって、国民的な大行事です。

『スーパーボウル』のテレビ放送は、大統領就任式を超える視聴率を叩き

出しすとも言われています。

そんな『スーパーボウル』でビヨンセが再び口パクをするのではないか??

との疑惑が米国中ので囁かれることとなりました。

そんな騒動の最中、2013年1月31日にスーパーボウルの開催地

ニューオーリンズで試合に関する記者会見が行われることになりました。

ビヨンセもその記者会見に参加することとなりました。

そして『事件』はその記者会見で起こりました

 

ビヨンセの口パク疑惑弾劾記者会見!?

 

大統領就任式以来、渦中のビヨンセは一切コメントをしていません。

大統領就任式の国歌斉唱が口パクだったのか生唄なのかも明らかになっていません。

会場の記者たちも口パクを弾劾してやろうと入れ込んでいる状況です。

そんな中、ビヨンセの記者会見は始まります。

ステージに登場したビヨンセは開口一番記者たちに、

「みなさん、立ってくださる?」と起立するよう求めます。

そしてビヨンセはいきなりアカペラで国歌を斉唱し始めます。

それがこの動画です。

就任式で披露した国歌と同じハイクオリティーの歌に会場は静まり返ります。

ビヨンセが歌い終わったる頃に記者は拍手喝采とります。

歌に興奮する記者たちを見下しながら、ビヨンセは「何か、ご質問は?」と発言

そして、その直後ビヨンセは“疑惑の真相は口パク”であったことをあっさり

と認めます。

ビヨンセは、事前のオーケストラとのリハーサルが十分でなかったこと、

国の誇りをかけた大統領就任式で不測の事態を避けるたかったこと、

等が口パクを選択した理由であったことも説明しました。

しかし、もはや就任式の口パクを批難する者は誰もいなくなっていました。

 

まとめ

 

ビヨンセは、大統領就任式からスーパーボウルの記者会見まで、

口パク疑惑には一切コメントしませんでした。

その理由は「スーパーボウル」のリハーサルに集中するためといわれています。

また、1月31日の記者会見でビヨンセは「スーパーボウルでは絶対に生で唄う!」

と約束し、観客たちを大いに喜ばせました。

これが、そのスーパーボウル・ハーフタイムショーの動画です。

 

やはりビヨンセの歌唱力は凄い!