prof2_R日本のこれからの20年を切り拓く役者として注目されている池松壮亮さん。

子供の頃から役者としの活躍が注目されて来た一方でそのプライベートは謎めいています。

そんな池松壮亮さんの芸能界デビュー前のエピソード学歴をまとめてみました。


sponsored link

 

池松壮亮のプロフィール

 

画像引用:http://a12160714.xsrv.jp/kazuki/wp-content/uploads/2014/11/%E6%B1%A0%E6%9D%BE%EF%BC%91-199x300.jpg本名:池松 壮亮 (いけまつそうすけ)
生年月日:1990年7月9日
出生地:福岡県福岡市
身長:172cm
血液型:A型
出身高校:福岡大学附属大濠高校
出身大学:日本大学藝術学部映画学科監督コース
事務所 ホリプロ

 

 

また、池松壮亮さんは役者として子供の頃から輝かしい経歴の持ち主です。

2001年の10歳の時、劇団四季ミュージカル『ライオンキング』のオーディション

ヤングシン役に抜擢され役者デビューを果たします。

2003年の12歳の時、ハリウッド映画『ラストサムライ』でトム・クルーズと出演。

2009年の18歳の時、三谷幸喜脚本の人形劇『連続人形活劇・三銃士』で主演。

ちなみに、お姉さんは劇団四季の女優・池松日佳瑠さんです。

 

 

池松壮亮・子役の頃のオーディション・エピソード

 

画像引用:https://geinou-japan777.com/wp-content/uploads/2016/09/ikematsu1a_R.jpg

画像引用:https://geinou-japan777.com/

 

ライオンキングのオーディションでの話。

野球少年だった池松さんは演劇には全く興味がありませんでした。

ご両親の勧めで受けることになった劇団四季子役のオーディションも乗り気ではありません

結局、ご両親の『野球カード買ってあげるからぁ~!』という言葉にそそのかされオーディションを受けることにしました。

また、映画『ラストサムライ』のオーディションでの話。

監督から『どうしてこの仕事をやっているの?』と質問された、池松少年は

『親にやらされているから。本当はイチローのような野球選手になりたい!』

と答えたとか。

しかしやる気が無いのに受かってしまうとは…

子供のころから才能を感じる存在感があったのでしょうね。

 


sponsored link

 

池松壮亮の学歴について

 

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSsN8VF5_PBirMdjAxQbJcWai_YMRdnSAtZkAYCYm3Dv2cnsiw1Zg

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

池松壮亮さんが卒業した福岡大学附属大濠高校は福岡県でも屈指の難関高校です。

福岡大学附属大濠には3つのコースがあります。

それぞれのコースの難易度を調べてみると、

 

スーパー進学コース:偏差値70
進学コース:偏差値63
中高一貫コース:偏差値66

 

となっています。スゴイですね!

池松壮亮さんがどのコースの出身かは不明ですが、秀才であることは間違いありません!

福岡大大濠出身著名人の中には劇団☆新感線演出のいのうえひでのりさんもいます。

文武両道の学校で、スポーツの実績は並ではありません!

 

バスケットボール部:全国優勝9回、準優勝13回
剣道部:全国優勝4回、準優勝3回、玉竜旗優勝6回
駅伝部:全国高校駅伝優勝3回、準優勝5回
バドミントン部:全国優勝2回
バレーボール部:全国優勝1回、準優勝1回
柔道部: 全国準優勝2回
硬式野球部:甲子園出場6回(ベスト8)、国体準優勝
サッカー部:全国高等学校サッカー選手権大会出場1回

 

大学は日本大学藝術学部映画学科監督コース

ご両親にそそのかされて、興味が無いのに飛び込んだ芸能界。

大学に進学する頃には自分の意思で役者を生涯の仕事とすることを決めていたみたいですね。

しかし、俳優コースではなく、監督コースというところが興味深いですね。

大学では大和田伸也さんの次男・大和田健介さんと同期のようですね。

 

池松壮亮・出演動画

 

池松壮亮さんのお勧め動画3本をご紹介します。

お時間のあるときにご覧ください。

 

【リクルートリクルートポイントCM】
なかなか爽やかなCMだと思います。

【半分の月が昇る】
忽那汐里さんとの共演映画です。

 

 

【ダイブ!!予告編】
ちなみにファンの間で“でっかい”と噂された動画です。

 

 


sponsored link

 

 

 

 

関連記事はこちら