画像引用:https://joy-spo.com/wp-content/uploads/2017/03/image-93-400x300.jpeg?resize=400%2C3002017年に一躍知名度を上げた女子フィギュアスケートの坂本花織さん。

平昌オリンピック代表選考がかかった試合での堂々とした滑りは圧巻でしたよね。

そんな坂本花織さんの出身校や生い立ち、フィギュアスケートを始めたキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

坂本花織のプロフィール

 

《坂本花織のプロフィール》
画像引用:http://tarot-channeling.com/wp-content/uploads/2018/01/4f0039cdfc812cbed2df77f3651eab18-e1516595811172.jpg本名 :坂本花織(さかもとかおり)
生年月日:2000年4月9日
出身地:兵庫県神戸市
身長:158cm
血液型:B型
所属クラブ:シスメックス

 

 

 

坂本花織の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

2000年4月9日生まれ、兵庫県神戸市出身の坂本花織さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、14歳年上のお姉さん、12歳年上のお姉さん、坂本花織さんの5人家族です。

坂本花織さんにはとても年が離れたお姉さんが2人いらっしゃるんですね。

これだけ年が離れていると姉妹喧嘩もないでしょうから、家族みんなから可愛がられて育ったのでしょうね。

お父さんは一般の方で、お仕事は警察官なんだそうですよ。

フィギュアスケートといえば資金がとてもかかると言われていますが、警察官のお父さんでしたら割と裕福な家庭なのでしょう。

お母さんは坂本悦子さんといい、こちらも一般の方なので詳しい情報はほとんどありませんでした。

しかし、坂本花織さんの栄養管理や練習の送り迎えなど、お母さんが全面的にサポートされていたようですよ。

お姉さん2人の情報もありませんでしたが、お姉さんたちはフィギュアスケートはされていなかったそうです。

その代わりに水泳を習っていたそうですよ。

 

 


sponsored link

 

 

坂本花織の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://buzz-scrap.com/

画像引用:https://buzz-scrap.com/

 

坂本花織さんの出身小学校は神戸市立なぎさ小学校です。

坂本花織さんは2003年のNHK連続テレビ小説「てるてる家族」を見て、主人公の姉がフィギュアスケート選手だったことから、自分もフィギュアスケートをやりたいと興味を持ち実際に4歳から始めたそうですよ。

また、2歳の頃から水泳も習っていたようなので物心つく前から運動が大好きだったのでしょう。

中学校は神戸市立渚中学校に進学され、この辺りの2012-2013年シーズンに全日本ノービス選手権Aクラスで優勝するなど、徐々に頭角を現し始めます。

2013-2014シーズンではジュニアクラスに移行し、アジアフィギュア杯やチャレンジカップでは優勝を収めるなど活躍されていたようです。

 

坂本花織の出身高校・大学

 

画像引用:http://shippy01.com/

画像引用:http://shippy01.com/

 

坂本花織さんは中学卒業後、兵庫県の私立高校神戸野田高等学校特進総合(偏差値47)に進学されています。

特進総合コースというのは、海外遠征などが行いやすいようアスリートに特化したコースなんだそうでよ。

中学時代から世界ジュニア選手権に選出されていた坂本花織さんですので、よりフィギュアスケートに専念できるようこちらの高校に進学されたのでしょう。

高校時代も着実に実力を上げ、2017-2018シーズンでは一気に平昌オリンピック候補に組み込み、代表選考がかかった全日本選手権ではSPで自己ベストを叩き出しています。

その後FSでもミスなく演技を終え、見事総合二位となりオリンピック出場権を獲得されたようですよ。

ここ一番という大事な時期に自分のピークを持っていけるところや、プレッシャーにも負けず自分の演技ができる点は見ていて頼もしいほどですね。

なお、坂本花織さんは、現在高校生のため、大学へはまだ進学していません。

 

 

まとめ

 

坂本花織さんの出身校や生い立ち、フィギュアスケートを始めたキッカケにについて調べてみました。

正直昨年までは名前も知らない選手でしたが、台風のように旋風を巻き起こし、オリンピックの出場権を獲得した彼女には期待しかありません。

若さ溢れるダイナミックな演技で、日本中を湧かせてくれることを楽しみにしています。

 

 


sponsored link