画像引用:http://deai-wakare.tokyo/wp-content/uploads/2016/07/a0a8f76a90cd3c78838168c6694a2e2e-231x300.jpgオリンピック3大会に出場し、3つの金メダル、4つの銀メダルとり、世界体操選手権でも前人未踏の6連覇を含む19個のメダルを獲得している内村航平さん。

日本だけではなく体操界の宝と言える内村航平さんの生い立ちと学歴、そして体操界デビューのキッカケを調べてみました!


sponsored link

内村航平のプロフィール

《内村航平のプロフィール》
画像引用:http://anincline.com/wp-content/uploads/2015/11/79cc0128ed7f2b2831dfec1525e455e9.png?fit=400%2C382本名:内村 航平(うちむら こうへい)
生年月日:1989年1月3日
出身地:長崎県諫早市
身長:162cm
血液型: A型
所属事務所:リンガーハット

 

 

 

内村航平の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

内村航平さんは、1989年1月3日、長崎県諫早市にて誕生しました。

家族構成は、両親に妹が一人の4人家族です。

父親は、内村和久さんといって、日体大出身の体操選手で、高校時代は高校総体でも優勝経験のある方です。

母親は内村周子さんといい、父と同じく体操選手をしていた方です。

また、妹は春日さんといい、日体大出身で元体操選手という、体操一家に育ちます。

体操選手であった両親が開設した「スポーツクラブ内村」にて、3歳のころから体操を始めた内村さん。

ここでは、決して両親は無理強いをせず、のびのびと内村さんに体操を楽しませたといいます。

内村さんの幼少期は、両親が借金をして作ったという船の貨物用コンテナ作りの体操クラブが一家の居住スペースでもありました。

夏は冷房がなく、冬も暖房なし。

7畳という狭い居住スペースで一家4人で暮らしていたという内村航平さん。

ジム 兼 家のコンテナには、虫がいたり、冬は結露が凍って床で転倒したり、鉄棒にはサビがついている始末。

幼少時は環境には恵まれていない状態で育った内村さん、意外な事実ですね!

 

 


sponsored link

 

 

内村航平の出身小学校・中学校と体操界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

そんな内村航平さんは、地元にある諫早市立みはる台小学校に入学をします。

3歳のころから、自宅兼両親の仕事場である体操クラブで育った内村さん。

小学生時代も、自宅にあったトランポリンに夢中になり、友達と遊ぶこともなかったようです。

心配した母が、「トランポリンばかりしないで友達と遊んだり、野球でもしたら?」と言っても、本人は興味を示すことはありませんでした。

この時から内村さんは、体操以外に興味を示さず、ストイックに体操だけをしていた生活だったようです。

また、意外にも体操以外の運動ではいつもビリだったという内村航平さん。

手先が不器用で運動音痴だったなんて、驚きですね!

そんな内村さんは、小学校卒業後は諫早市立諫早中学校に進学します。

中学校でも体操以外に興味はなく、ひたすら自宅で体操をしていたという内村さん。

中学校では、体育館や音楽室、廊下などで、バック宙を披露しては得意そうな顔をしていたといいます。

彼の中では体操がすべてであり、体操を本気で愛していたんでしょうね。

 

 

内村航平の出身高校校・大学

 

画像引用:http://robamimireport.com/

画像引用:http://robamimireport.com/

 

中学校を卒業した内村さんは、塚原直也に憧れて両親の反対を押し切り、東京にある東洋高校に進みます。

東洋高校の偏差値は選抜クラスで66ほどですが、内村さんはおそらく体操の推薦で進学した可能性が高いので、一般のクラスに通学していたものと思われます。

高校に通いながら朝日生命体操クラブに所属をした内村さんは、その才能をどんどんと開花していきました。

大会では上位に輝き、高レベルの技を次々と習得していきました。

その後は、日本体育大学体育学部(偏差値:47)に入学した内村航平さん。

大学時代には、全日本選手権に初優勝し、2008年北京オリンピックにも出場。

そして、個人総合と団体総合にて銀メダルを獲得しました。

2009年の世界選手権では初の個人総合タイトルを獲得!

それ以来世界選手権は6連覇、そしてオリンピックでもロンドン五輪で、念願の個人総合金メダルも獲得!

リオ五輪で2連覇を達成したのも記憶に新しいですね。

オリンピックでは7つのメダル、世界選手権でも19個のメダルを獲得し、その記録は世界最多。

その超人的な大記録はとどまることを知らない状態です。

間違いなく体操界のレジェンドですね!

 

まとめ

 

超人的な技を駆使しながら、世界選手権、オリンピックと数々の大記録を達成している内村航平さん。

日本人としては誇りに思う体操界のスーパースターです。

東京五輪でも、その圧倒的な強さでオリンピック3連覇を達成してほしいものですね!

 


sponsored link

 

関連記事はこちら