画像引用:https://saisin-news.com/wp-content/uploads/2017/06/hukuhara2.jpg?ssl=1「愛ちゃん」という愛称で、老若男女を問わず人気を誇る卓球選手・福原愛さん。

幼いころからその姿をメディアで見ている方も多く、親近感のある福原さんの結婚には多くの方が祝福をしていましたよね。

そんな福原愛さんの生い立ちや学歴、そして卓球界デビューとなった経歴などを紹介したいと思います。


sponsored link

福原愛のプロフィール

 

《福原愛のプロフィール》
画像引用:http://success-dream.net/wp-content/uploads/2016/08/ai3.jpg?resize=295%2C300本名:福原 愛(ふくはら あい)
生年月日:1988年11月1日
出身地:宮城県仙台市 青葉区
身長:155cm
血液型:B型
所属事務所: ANA

 

 

 

福原愛の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://jp.eastday.com/

画像引用:http://jp.eastday.com/

 

福原愛さんは、1988年11月1日、宮城県仙台市にて誕生しました。

秋田県出身の父親と、宮城県出身の母親の元に生まれた福原愛さん。

家族構成は、ご両親、10歳年上のお兄さん、福原愛さんの4人家族です

「愛」という名前は、福原さんが生まれる1か月前に亡くなった祖母「愛子」さんにちなんで名づけられました。

福原さんの父親は、仙台市内で会社経営をしている方です。

ですので、福原さんは裕福な家庭で育ったお嬢さんですね。

そんな福原さんは、生後半年でベビースイミングをはじめ、わずか3歳9か月で卓球を始めます。

卓球を始めたキッカケは、10歳年上の兄が卓球をしており、元中国チャンピオンの個人コーチについていたからだそうです。

はじめは都内からコーチを月に何度か呼び寄せていたようですが、その後はそのコーチを仙台に住まわせ、毎日指導を受けていたようです。

卓球を始めた当時は身長が足りず、ゴミ箱や缶の上に立って練習をしていたという福原愛さん。

平日4時間、休日8時間という練習をわずか3歳から始めたという、英才教育っぷりです。

また、週末には栃木にある卓球クラブに出向き、泊りがけで練習をしていたそうです。

このような英才教育をわずか3歳からこなす福原さんもすごいですが、その環境を用意する両親もすごいですよね!

4歳の時、初めて公式戦デビューを飾り、「宮城県小学生卓球大会」で優勝をします。

そして、全国大会に出場をし、ベスト16にまで進出をします。

この当時、小学生を相手に勝っていく4歳の福原さんの姿をマスコミは報道し、「天才卓球少女」としてテレビで知られるようになります。

小学生大会に、たった4歳で出場し、勝利をおさめていくなんて、すごすぎますよね!

まさしく天才ですね!

厳しい練習や泣きながら試合をこなす福原さんの姿を見て「泣き虫愛ちゃん」とも呼ばれいろいろなメディアにも出演、一躍国民的なアイドルとなりました。

ちなみに、幼稚園は仙台白百合学園出身です。

 

 


sponsored link

 

 

福原愛の出身小学校・中学校

 

 

画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

 

3歳から卓球の英才教育を開始し、着実に実力をつけていった福原愛さん。

そんな福原さんは、 仙台市立吉成小学校に入学します。

小学校4年生の時、プロ宣言をし、大阪にあるミキハウスと契約を結びます。

そして、仙台から大阪府八尾市に引っ越し、八尾市立東山本小学校に転校をします。

小学校6年生で日本代表として大会に出場するようになった福原さん。

中学校は卓球の強豪校である、大阪四天王中学を考えていました。

しかし、既にプロ契約をしていた福原さんは、全中やインターハイには出場できないという規定もあり、公立中学校の八尾市立東中学校に入学をします。

ですが、その後1か月でスポーツ名門校である、私立青森山田中学校へ転校をしています。

青森山田はその年に中高一貫校として開校したのですが、卓球の専用体育館も設けており、ミキハウスに所属したままプロ活動をしたいという福原さんの意向を受け入れたためだそうです。

その後、福原さんはいろいろな大会や遠征にも出れるようになり、14歳の時、世界卓球選手権に出場します。

そして日本勢の中では唯一ト8進出をするという快挙を遂げます。

 

 

福原愛の出身高校校・大学

 

画像引用:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/

画像引用:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/

 

日本国内では敵なしとなっていた福原愛さんは、中学卒業後は青森山田高等学校へ進学します。

青森山田高校はスポーツに力を入れている高校ですが、特進コースや他のコースも存在し、総合的な偏差値は平均して44のようです。

卓球選手として、多忙な日々を送っていた福原さんは、15歳の時、アテネ五輪に出場をします。

メダルの期待を一身に背負った福原さんは、残念ながら4回戦で負けてしまいますが、福原さんの五輪での姿はアテネ五輪のトップ視聴率をマークします。

その後は、所属をグランプリに移し、卓球王国・中国での修行を積むことになります。

中国にて実力をつけていった福原さんは、高校3年生で出場したワールドカップでは世界の強豪を次々と破り、銅メダルを獲得。

その後の世界卓球選手権でも、好成績をあげ、銅メダルに輝くという快挙を成し遂げました。

高校卒業後は、本人の希望で早稲田大学スポーツ科学部に、トップアスリート入学試験により入学。住まいを青森から東京に移します。

19歳の時には、現在の所属先、ANAと契約を結び、北京五輪にも出場します。

2011年には世界選手権に混合ダブルスにおいて、日本人としては34年ぶりの銅メダルも獲得。

そして、メダルの期待を背負ったロンドン五輪では、女子団体にて平野早矢香さん、石川佳純さんと共に出場し、日本卓球史上初となる銀メダルを獲得します。

その次の2016年リオデジャネイロオリンピックでも団体戦に出場し、2度めとなるオリンピックのメダル、銅メダルを獲得、日本中を感動の渦に巻き込みました。

 

まとめ

 

卓球界の国民的スターでありながら、日本だけではなく、世界中にファンを持つ福原愛選手。

最近では五輪経験もある台湾人卓球選手・江宏傑選手との国際結婚、そして妊娠、出産と大きな話題となりました。

そんな福原愛選手、ママとなってからの活躍にも期待ができますね!


sponsored link

関連記事はこちら