映画『ひとよ』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年11月8日に公開された映画『ひとよ』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『ひとよ』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

「映画『ひとよ』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ画像

※2019年12月現在の情報となります。配信状況などは公式サイトをご確認ください。

 

映画『ひとよ』の動画を無料でフル視聴する方法

結論から申し上げますと、現時点で映画『ひとよ』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『ひとよ』動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

映画『ひとよ』を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年11月時点では、映画『ひとよ』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

映画『ひとよ』のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年11月時点では、動画配信サービスで映画『ひとよ』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『ひとよ』の動画配信が開始される時期は2020年2月~2020年4月頃になると予想されます。

映画『ひとよ』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『ひとよ』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの新作映画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

動画配信サービスで映画『ひとよ』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK▲▲

 

動画配信サービスで映画『ひとよ』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『ひとよ』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『ひとよ』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『ひとよ』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『ひとよ』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『ひとよ』がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約14万もの動画が見放題です
・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『ひとよ』の作品紹介

映画『ひとよ』の公式予告編

《ひとよ・予告編》

三人の子供たちを守るために、暴力をふるう夫を殺してしまった母親。

自首して刑務所に行った彼女が15年ぶりに戻ってきました。

茨城の小さな街で起きたその事件はまだ人の記憶に生々しく残っており、幼かった子供たちは大人になっていましたが、そんな母親をどう受け止めていいのか戸惑い、苦悩していました。

一家は、街でタクシー会社を営んでいました。

そこに一人の中年男が新人タクシー運転手としてやってきました。

彼は、離れて暮らす息子が一人いましたが、そこにも謎めいた過去と、苦しいばかりの現在があったのです。

映画『ひとよ』のあらすじ(ネタバレなし)

雨の降る夜に、タクシー運転手のこはるは夫を車で跳ねて殺しました。

暴力をふるう彼から子供たちを、そして自分を守るためだったのです。

他の道はなかった、と信じてアクセルを踏み込んだ結果でしたが、その街に残してきた子供たちにはさらなる苦難の日々が続くことになります。

長男・大樹は母の存在を隠して結婚して子供を得ましたが、妻にその事実を知られて離婚の危機に陥りました。

次男・雄二はジャーナリストを目指していたものの、うだつの上がらない日々に、まるで人生の恨みを晴らすように母親のネタを週刊誌に売ろうとしています。

長女・園子は美容師になる夢も、恋も、何もかも諦めて街のスナックでホステスをしながら泥酔して家に戻ってくる日々を繰り返しています。

こはるが子供たちを守ろうとして犯した罪により、その街に残された子供たちは違う地獄を15年もの長い間生きてきたのです。

しかし母親が戻ってきたことで再びその記憶がこじ開けられるように吹き出し、彼らは素直にその帰還を喜べずにいました。

映画『ひとよ』の解説

バイオレンス的な作品で知られる白石和彌監督が撮影した、家族の再生の物語です。

茨城の海辺の小さな街で起きた夫殺しの事件とその15年後。

交錯していく過去と今のなかで、どちらに向かっても地獄だった母と子供たちの日々を静かに描いています。

そして登場するもう一組の父子の姿は対照的で、父親の過去が息子の今を狂わせて心をかきむしられるような哀しみと怒りがそこに炸裂していきます。

母親を演じた田中裕子さんの15年を経て変わる姿と心のありようは見事にその15年を表し。

父親を演じた佐々木蔵之介さんの鬼気迫る変貌ぶりが凄まじく、今までのイメージが一新するほどの迫力です。

映画『ひとよ』の見どころ

三人の子供たちの過去と今のシーン。

それぞれがやりたいこと、ささやかな夢を抱えているのだということがはっきりわかる2004年の姿と、”事件”のせいでそんな夢も破れてもがいている現実の対比が残酷で、しかしそれでも懸命に生きているその熱量がジワリと伝わってくる描写が白石監督らしく、時々くすっと笑ってしまうシーンをさしはさむその意外性に救われた気持ちになります。

母のこはるは、暴力にさらされた日々の中で自分のことを何も考えていませんでした。

事件のあった日、夜食で作っておいた卵焼きは6個。

自分の為のものはなく、全て愛する子供たちの為だったのです。

そのために、彼女は最大の罪を犯しました。

子供たちを演じた鈴木亮平さん、佐藤健さん、松岡茉優さんのお芝居の密度、緩急が素晴らしく。

地獄のような日々をはいずりながらも生きていかなければならない彼らの2019年を等身大でそこに再現していました。

母親との再会は次の苦悩の始まりではありましたが、そこから希望が見出せたらいいな、という余韻のある展開に胸が熱くなります。

映画『ひとよ』の感想

逃げ場のない地方都市で一番身近な家族からの暴力にさらされていた子供たちと、彼らを守るために自分の人生を投げうって大きな罪を犯した母親の、家族の苦悩と再生の物語です。

その中に登場するもう一組の父と息子の姿は、断片で描かれながらも見る者に十分納得させるだけの情報があり、その対比と、重ねて描かれる姿の巧みさは白石監督ならではだと考えました。

悪夢のような夜を超えて、家族はわだかまりを抱えながらも生きなおすことができるのか。

ひとりひとりの心の襞を丁寧にめくるように描いた物語です。

映画『ひとよ』の登場人物・キャスト

佐藤健 (稲村雄二):稲村家の次男。
売れないフリーライターだが、子供の頃は小説家を夢見ていた。

鈴木亮平 (稲村大樹):稲村家の長男。
吃音の障害を抱え、引っ込み思案な性格である。
街の電気屋でサラリーマンとして妻子を養っていたが、母の事件を黙っていたことが原因で離婚を視野に入れ別居中。

松岡茉優 (稲村園子):稲村家の長女で末娘。
事件のことが原因でいじめをうけ、夢だった美容師の道を断念した。
今はスナックで働いて毎晩浴びるように酒を飲んで泥酔している。

音尾琢真 (丸井進):こはるの甥。タクシー会社を引き継いだ。

筒井真理子 (柴田弓):稲丸タクシーの事務員。

浅利陽介 (歌川要一):稲丸タクシーの運転手で、雄二の同級生。

韓英恵 (牛久真貴):稲丸タクシーの運転手で、雄二の同級生。

MEGUMI (稲村二三子):大樹の妻。

大悟(千鳥) (友國淳也):堂下のタクシーに乗ってきたチンピラ。

桑原裕子 (スナックのママ):園子が働くスナックのママ(原作者のカメオ出演)。

斉藤洋介 (コンビニの店主):雄二が中学生の頃に万引きしたコンビニ店主。

佐々木蔵之介 (堂下道生):稲丸タクシーの新人運転手で、離れて暮らす17歳の息子がいる。

田中裕子 (稲村こはる):稲村兄妹の母親。刑期を終えて、15年ぶりに家族の元に帰ってきた。

映画『ひとよ』のスタッフ

監督:白石和彌
原作:桑原裕子「ひとよ」
脚本:高橋泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました