スポンサーリンク

映画『決算!忠臣蔵』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年11月22日に公開された映画『決算!忠臣蔵』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『決算!忠臣蔵』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

「映画『決算!忠臣蔵』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ画像

※2019年11月現在の情報となります。配信状況などは公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

映画『決算!忠臣蔵』の動画を無料でフル視聴する方法

結論から申し上げますと、現時点で映画『決算!忠臣蔵』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『決算!忠臣蔵』動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

 

映画『決算!忠臣蔵』を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年11月時点では、映画『決算!忠臣蔵』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

 

映画『決算!忠臣蔵』のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年11月時点では、動画配信サービスで映画『決算!忠臣蔵』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『決算!忠臣蔵』の動画配信が開始される時期は2020年3月~2020年5月頃になると予想されます。

映画『決算!忠臣蔵』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『決算!忠臣蔵』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの新作映画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

 

動画配信サービスで映画『決算!忠臣蔵』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK▲▲

 

動画配信サービスで映画『決算!忠臣蔵』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『決算!忠臣蔵』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『決算!忠臣蔵』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『決算!忠臣蔵』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『決算!忠臣蔵』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『決算!忠臣蔵』がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

 

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます

・約14万もの動画が見放題です

・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる

・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『決算!忠臣蔵』の作品紹介

 

映画『決算!忠臣蔵』の公式予告編

《決算!忠臣蔵・予告編》

日本人の誰もがおなじみのはずの仇討物語・忠臣蔵。

主君の名誉を守るために討ち死にした47人の義士を讃えてきたはずが、その裏側にあったのはえげつない程赤裸々なお金の話だったのです。

熱くなる武闘派の”番方”と超クールにそろばんをはじいて現実を突きつける文官の”役方”に挟まれて、思わず「討ち入り、やめとこか…」と後ろ向きになってしまう赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助。

しかし、そんなバラバラだった彼らは次第に大きなうねりの中に巻き込まれるようにして討ち入りへと突き進んでしまうのです。

 

映画『決算!忠臣蔵』のあらすじ(ネタバレなし)

1701年春、江戸城・松の廊下で自分の正義のために吉良上野介に切りかかった赤穂藩主・浅野内匠頭。

考えのないその行いで、赤穂藩は取り潰し、藩士らは全て職を失い路頭に迷うことになったのです。

しかし、本来はそうした争いで喧嘩両成敗となるはずの吉良家には何のおとがめもなく、幕府の采配に大きな理不尽を感じた赤穂藩士らは、その仇を撃つために奮闘していくのです。

ただ、討ち入りにはとにかくお金がかかります。

まず藩を解散する時点で全員に支払う割賦金(退職金)の捻出から、お家再興にも備えて蓄財し、裏工作のために賂を支払い…と藩の経済を支えてきた役方の矢頭長助らはそろばんをはじき続けるのです。

江戸と赤穂を往復するだけで一人70両あまりの旅費。

潜伏する間の家賃・食費、武具などの装備、無駄をそぎ落とし、精鋭を選んで突き進んでいくその裏側にあったのは、とにかくお金にまつわる苦労ばかり…。

大石内蔵助は討ち入りに対してボルテージを上げていく部下たちの暴走に頭を悩ませ「なんでやねん…!」と呟くのでした。

 

映画『決算!忠臣蔵』の解説

かつてこれほどまでに”お金”に特化した忠臣蔵があったでしょうか。
原因と結果は変わりません。

浅野内匠頭は江戸城・松の廊下で吉良上野介を切り、赤穂四十七士はその仇を取るために吉良邸に討ち入りします。

しかしその間にあったのは、思わず笑ってしまうほどのお金・お金・お金の話。

確かに先立つものがなければ何もできない武士たちですが、その裏側に、冷徹なほどに事態を見据えていた役方らがおりました。

その中の長を務めるのが矢頭長助です。

演じる岡村隆史は、これまでにも多数の映画に出演されていますが、超ベテラン俳優が居並ぶ中で異彩を放つ存在感です。

W主演の堤真一演じる大石内蔵助とは同い年の幼馴染ということでしたが。

彼らは武家の身分制度の中ではピンとキリに分けられるほど隔たった中に育ち、しかし、そのなかでも実直に勤めてきたのです。

男くさいこの映画をまとめたのは中村義洋監督です。

「チームバチスタの栄光」などの現代劇、「残穢」では身も凍るほどのホラー、そして近年では「忍びの国」で異色の時代劇を作ってきた彼が、満を持して正統派時代劇に挑戦?と思ったら、とんでもない作品に仕上がっていました。

これまでの忠臣蔵ではその崇高な精神性を強調するためにぼかして描かれていた下世話なほどのお金の話が、泣いて笑える素敵な物語で詳らかにされています。

 

映画『決算!忠臣蔵』の見どころ

物語の冒頭で、江戸時代の蕎麦が一杯十六文という数字で表されます。
今の貨幣価値で480円。
この作品でとにかく凄いのは、何をするにもかかるお金を、きちんと画面に表してくれていることです。
それを見ているだけで「討ち入りって大変なんだなぁ…」と、一般的な忠臣蔵の精神性で語られていた部分の裏側の本当の苦労が見えてきます。

武闘派の番方があれこれやらかすたびに煙のように消費されて消えていくお金と、それを捻出するために超・苦労を重ねている役方の面々の対比はまさにコメディですが。

恐らく本当にこんな対立が仲間内でもあったのだろうなぁ、と想像してしまいます。

また、その苦労の矢面に立たされていた矢頭長助を演じていた岡村隆史の淡々とした芝居は適度にオーラを押さえながらも見事な存在感を確立していました。

彼の姿をじっと追うだけで、忠臣蔵の世界が数倍に広がって見える、そんな作品です。

さらに、中村監督の作品には常連ともいえるキャストさんたちが沢山いますが、今回はその総決算ともいうべき見事なラインナップでした。

異色の忠臣蔵、今までの概念を見事に覆してくれます。

 

映画『決算!忠臣蔵』の感想

中村監督の剛腕でぐいぐい引っ張る力強さと、堤真一・岡村隆史のW主演できちんと語られていく藩の内情、そして無駄なものは全てそぎ落として討ち入りに突き進んでいく物語の構成は一瞬も飽きさせることなく観客を雪の朝の本所松坂町へと誘います。

忠臣蔵=赤穂事件を知っている人は驚きを持って楽しめて、知らない人も笑いながらツボを押さえて学べる作品でした

 

映画『決算!忠臣蔵』の登場人物・キャスト

堤真一(大石内蔵助): 赤穂藩筆頭家老
岡村隆史(矢頭長助): 勘定方
濱田岳(大高源五): 赤穂藩が無くなってからは俳句と茶道の道に進む。
横山裕(不破数右衛門): 元・赤穂藩士
荒川良々(堀部安兵衛): 高田馬場の仇討で知られる剣豪
妻夫木聡(菅谷半之亟): 馬廻(軍師・参謀)
大知康夫(奥野将監): 番頭
西村まさ彦(吉田忠左衛門): 足軽頭
木村祐一(原惣右衛門): 足軽頭
小松利昌(貝賀弥左衛門): 蔵奉行
寺脇康文(間瀬久太夫): 大目付
鈴木福(大石主税): 内蔵助の長男
鈴鹿央士(矢頭右衛門七): 矢頭長助の息子
上島竜兵(早川壮介): 大目付
堀部圭亮(長次): そば屋の亭主
山崎一 : そば屋の常連客
山口良一(井上団右衛門): 広島藩・浅野本家用人
村上ショージ(前田屋茂兵衛): 赤穂の塩問屋
板尾創路(戸田権左衛門): 大垣藩家老
滝藤賢一(戸田采女正): 大垣藩主、赤穂浅野家の親戚筋
笹野高史(落合与左衛門): 瑤泉院の用人
竹内結子(大石璃玖): 内蔵助の正妻、主税の母
西川きよし(大野九郎兵衛): 赤穂藩次席家老
石原さとみ(瑤泉院): 浅野内匠頭の正室
阿部サダヲ(浅野内匠頭): 赤穂藩主で松の廊下事件の元凶

 

映画『決算!忠臣蔵』のスタッフ

監督・脚本:中村義洋
原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』
制作:池田史嗣(プロデュース)
音楽:高見優
撮影:相馬大輔

コメント

タイトルとURLをコピーしました