スポンサーリンク

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年11月22に公開された映画『アナと雪の女王2』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『アナと雪の女王2』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

「映画『アナと雪の女王2』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ画像

※2019年11月現在の情報となります。配信状況などは公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

映画『アナと雪の女王2』の動画を無料でフル視聴する方法

結論から申し上げますと、現時点で映画『アナと雪の女王2』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『アナと雪の女王2』動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

映画『アナと雪の女王2』を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年11月時点では、映画『アナと雪の女王2』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年11月時点では、動画配信サービスで映画『アナと雪の女王2』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『アナと雪の女王2』の動画配信が開始される時期は2020年3月~2020年5月頃になると予想されます。

映画『アナと雪の女王2』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『アナと雪の女王2』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの新作映画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

 

動画配信サービスで映画『アナと雪の女王2』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK▲▲

 

動画配信サービスで映画『アナと雪の女王2』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『アナと雪の女王2』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『アナと雪の女王2』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『アナと雪の女王2』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『アナと雪の女王2』がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

 

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます

・約14万もの動画が見放題です

・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる

・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『アナと雪の女王2』の作品紹介

映画『アナと雪の女王2』の公式予告編

《アナと雪の女王2・予告編》

「なぜ、エルサに力は与えられたのかー」

前作から3年後、アレンデール王国を救ったエルサとアナは深い絆に結ばれ幸せに暮らしていました。

そんなある日、エルサは自分を呼んでいる「不思議な歌声」を耳にします。彼女を北に導く歌声の正体を突き止めるべく、未知の冒険が始まるのです。

旅立つエルサたちの前には様々な試練が訪れますが、おなじみのオラフやクリストフらと共に紡ぎだす冒険の先で、自らに与えられた力の秘密、姉妹の過去が明かされていきます。

映画『アナと雪の女王2』のあらすじ(ネタバレなし)

過去に生まれ持った雪と氷を操る力でアナを傷つけてしまったことから、人々を遠ざけ閉ざされた城の中で暮らしてきたエルサ。

アナの純粋な愛に触れ、凍った心は溶けてゆき意のままに力を操れるようになります。

しかし、家族の中でエルサだけが特別な力を与えられた理由は分からないままでした。

そんなある日、エルサにしか聞こえない謎の歌声が、彼女を北へ呼ぶのです。

歌声の正体を求めて冒険に出ようとしますが、精霊たちが暴走し王国が危機に瀕してしまいます。

精霊の暴走を止め声の正体をつきとめるため、アナ、オラフ、スヴェン、クリストフと共にエルサは未知の冒険に旅立つのです。

映画『アナと雪の女王2』の解説

アニメーション映画歴代1位を樹立し、全世界で社会現象を引き起こした前作アナと雪の女王から5年ぶりの新作となった今作は、2019年11月22日に日米同時公開されました。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが公開した予告編は24時間で1憶1640万回視聴され、日本では公開3日間の観客動員数は145万人、興行収入19億円を突破。

世界中で注目を集めていることが窺えます。前作に引き続き声の出演はアナ役にイディナ・メンゼル(松たか子)、エルサにはクリステン・ベル(神田沙也加)が出演し、監督にはクリス・バックとジェニファー・リーを起用。

2人の監督は「『アナと雪の女王』と『アナと雪の女王2』は2作で1つの完成された物語だ」と語っています。

映画『アナと雪の女王2』の見どころ

本作ではおなじみの仲間たちとの冒険を通じて、エルサの力の秘密や両親がなぜ姉妹を置いて旅に出てしまったのか?など、語られることのなかった物語が見どころです。

また、舞台をアレンデール王国の外へと移し不思議で美しい世界やストーリーをドラマティックに彩る素晴らしい楽曲の数々。名曲「レット・イット・ゴー」でアカデミー賞歌曲賞を受賞したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスが前作に引き続き音楽を担当します。

新たに書き下ろされた「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」の日本語吹き替えアーティストには中元みずきが起用されました。心に響く多数の楽曲も大きなポイントです。

映画『アナと雪の女王2』の感想

前作から5年ぶりの新作となり、より感情豊かな表情を見せるエルサたちはもちろん、迫力ある魔法や未知の世界など「目」が楽しみ、エモーショナルな楽曲で「耳」でも楽しめる盛りだくさんな映画となっています。

ドラマチックに展開するストーリーからも目が離せません。

映画『アナと雪の女王2』の登場人物・キャスト

エルサ/英語版:イディナ・メンゼル/日本語吹き替え:松たか子

本作の主人公。アナの姉でアレンデール王国の女王。生まれつき雪や氷を作る魔法を使うことができる。かつては魔法の力を制御できなかったが、妹のアナの真実の愛によってコントロールする術を得る。

アナ/英語版:クリステン・ベル/日本語吹き替え:神田沙也加

本作のもう一人の主人公。エルサの妹で姉とは正反対に好奇心旺盛で活発。エルサと違い魔法を使うことはできない。アレンデール王国の第2王女。

クリストフ/英語版:ジョナサン・グロフ/日本語吹き替え:原慎一郎

自然を愛する山男の青年で、アナとは相思相愛の恋人。プロポーズしようと試みるも、鈍感なアナとの関係が進まずに悩んでいる。

オラフ/英語版:ジョシュ・ギャッド/日本語吹き替え:武内駿輔

幼いころアナと一緒に遊んだ大切な思い出をもとに、エルサが秘密の力で作り出した雪だるま。ハグが大好き。

映画『アナと雪の女王2』のスタッフ

監督:クリス・バック/ジェニファー・リー

脚本:ジェニファー・リー

製作:ピーター・デル・ヴェッチョ

コメント

タイトルとURLをコピーしました