スポンサーリンク

映画『グリーンブック』のフル動画を無料視聴する方法おすすめの動画配信サービスは?

2019年1月18日に公開された映画『グリーンブック』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『グリーンブック』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

↓映画『グリーンブック』を今すぐに無料視聴したい方はコチラをクリック↓

「映画『グリーンブック』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ
※2019年10月現在の情報となります。配信状況などは公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

映画『グリーンブック』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『グリーンブック』を無料視聴できる動画配信サービス

2019年10月10日時点での現在の主要な動画配信サービスでの映画『グリーンブック』の配信状況は以下の通りです。

サービス名 配信状況 見放題対象
U-NEXT ×
Hulu × ×
FOD × ×
dTV ×
Netflix × ×

映画『グリーンブック』のフル動画を無料視聴する方法

映画『グリーンブック』は、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することが可能になります。

映画『グリーンブック』が、無料視聴できる動画配信サービスはいくつかあります。

その中でも、U-NEXTが一番オススメの動画配信サービスです。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをご紹介します

動画配信サービスで映画『グリーンブック』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK▲▲

 

動画配信サービスで映画『グリーンブック』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです

 

  • 無料トライアルの申し込みの入力項目が少ない
  • 無料トライアルの期間が31日間もあります
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます
  • プレゼントとされたポイントで映画『グリーンブック』を視聴できます
  • 解約はカンタンお試し期間中に解約すれば費用は発生しません

 

U-NEXTでは映画『グリーンブック』のみならず、約14万本もの動画作品が見放題です

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ

映画『グリーンブック』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されるポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典でゲットしたポイントを活用して、映画『グリーンブック』を無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約14万もの動画が見放題です
・無料期間なのに600円分のポイントがもらえます
・もらった600円分のポイントで新作映画の視聴が可能です
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ

 

映画『グリーンブック』の作品紹介

映画『グリーンブック』の公式予告編

《グリーンブック・予告編》

1962年アメリカ、ジム・クロウ法の真っただ中。孤高な天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系白人運転手
兼用心棒を雇い、黒人専用ガイドブック(グリーンブック)を頼りにあえて差別の色濃い南部へのコンサート・
ツアーへ繰り出す。
8週間の旅路中で二人は衝突を繰り返しながら、やがて互いに互いを補い合い助け合うようになっていく。それは
白人は黒人が奏でるピアノを通じて差別へ疑問を向け始め、黒人は白人の生き方を見て孤高に孤独を感じていく過程であった。
差別文化に直面した二人の友情と旅の結末を描いた、実話がここに。

映画『グリーンブック』のあらすじ(ネタバレなし)

主人公、トニー・リップ・ヴァレロンガ(通称トニー)はイタリア系アメリカ人。職業はニューヨーク市のナイトクラブ用心棒。

ある日、彼が働いている「コパカバーナ」というナイトクラブが改装工事のため閉鎖し、その間新しい職を探すことに。

ひょんなことからアメリカ中西部、ディープサウスを回る8週間のコンサートツアーの運転手兼用心棒を探していることを紹介される。

雇用主はアフリカ系アメリカ人の天才クラシック系ピアニスト、ドン・シャーリー(通称ドン)だった。

トニーは強靭な肉体に物怖じしない性格を持ち、トラブルは多いが愛する妻と子、多くの友人を持つ人間味あふれた白人。

ドンは繊細な性格に天才的なピアノテクニックとロマンチシズムを持ち、「洗練された行動」を重んじる孤独を抱えた黒人。

正反対の二人が差別の少ないニューヨークから差別の色濃いディープサウスへの旅の中で、二人は衝突しながらも友情を深め、

社会の常識(差別)に抗いながらツアーを巡る。

映画『グリーンブック』の見どころ

旅を共にする2人のキャラクターの違いをコミカルに対比させながら描きつつ、旅の中で変化していく
双方の心情を巧みに描写している。
旅の始まり。ドンとトニーは衝突してしまう。ドンはトニーの粗野で直情的な行動に嫌気を感じ、
彼の行動や言動を直すよう繰り返し注意するが、トニーはドンの言う「洗練された行動」をとる
よう求められることに不快感を覚えていた。
しかし旅の半ば。トニーはドンの類稀なるピアノ演奏の才能に感銘を受ける。才能を目の当たりにした
トニーが見たものは、ステージから下りたドンに対する招待主や一般客からの差別的な扱いだった。
それでもドンはツアーを続ける。きっと「音楽が人の心を変えるから」と信じて。
旅の前、トニーはこの「差別」を常識的なものと認識していた。
そのトニーが初めて、この「差別」を非常なものと認識する。
その時を境にして、トニーとドンがお互いに助け合い補い合い、ツアーを完遂するという目標に
向かっていく。

映画『グリーンブック』の感想

差別という常識に立ち向かっていく二人を時にコミカルに、時に非情に描いた本作はトロント国際映画祭およびアカデミー賞に相応しい傑作といえるだろう。

この作品を見終わったあと、きっとあなたはケンタッキーフライドチキンを食べたくなり、ジャズピアノを聞いてみたくなり、きっと自分と違う誰かに優しくなっている。

映画『グリーンブック』の解説

公開時期:2018年11月

興行収入:本作は全米25館で限定公開され、公開初週末に32万429ドル(1館当たり1万2817ドル)本作は全米25館で限定公開され、公開初週末に32万429ドル(1館当たり1万2817ドル)となった。
日本公開日:2019年3月1日。日本では興行収入21.2億円を記録。
受賞歴:トロント国際映画祭(2018年9月16日)
アカデミー賞(2019年2月24日)、作品賞・助演男優賞・脚本賞・主演男優賞・編集賞

映画『グリーンブック』の登場人物・キャスト

トニー・リップ・ヴァレロンガ : ヴィゴ・モーテンセン(大塚芳忠)
ドクター・ドナルド・シャーリー : マハーシャラ・アリ(諏訪部順一)
ドロレス・ヴァレロンガ : リンダ・カーデリーニ(中村千絵)
※()内は日本語版吹き替えの声優

映画『グリーンブック』のスタッフ

監督:ピーター・ファレリー
脚本:ニック・ヴァレロンガ/ブライアン・ヘインズ・カリー/ピーター・ファレリー
音楽:クリス・バワーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました