スポンサーリンク

映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年10月4日に公開された映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

「映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ画像

スポンサーリンク

映画『蜜蜂と遠雷』の動画を無料でフル視聴する方法

結論から申し上げますと、現時点で映画『蜜蜂と遠雷』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『蜜蜂と遠雷』動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

映画『蜜蜂と遠雷』を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、映画『蜜蜂と遠雷』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、動画配信サービスで映画『蜜蜂と遠雷』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『蜜蜂と遠雷』の動画配信が開始される時期は2020年2月~2020年4月頃になると予想されます。

映画『蜜蜂と遠雷』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『蜜蜂と遠雷』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの新作映画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

動画配信サービスで映画『蜜蜂と遠雷』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK▲▲

 

動画配信サービスで映画『蜜蜂と遠雷』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『蜜蜂と遠雷』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『蜜蜂と遠雷』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『蜜蜂と遠雷』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『蜜蜂と遠雷』がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約14万もの動画が見放題です
・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『蜜蜂と遠雷』の作品紹介

映画『蜜蜂と遠雷』の公式予告編

《蜜蜂と遠雷 ・予告編》

芳ヶ江国際ピアノコンクールは、日本の地方都市で3年に一回開催される小規模なコンクールでしたが、ある時期からその優勝者がヨーロッパの大きなコンクールで入賞するようになったことから若手ピアニストの登竜門と言われるようになりました。

今年、芳ヶ江に集ったなかに、4人の傑出した才能の持ち主がいたのです

復活をかけている亜夜、貴公子然としたマサル、働きながらピアノを続けていた明石、そして誰も知らない謎の天才少年・塵。

彼らは自分の音を磨き、他者の音と交わることで新しい音楽の世界を切り拓いていったのです。

映画『蜜蜂と遠雷』のあらすじ(ネタバレなし)

栄伝亜夜は7年前、最愛の母を失い、天才少女と言われたほどのピアノに背を向けて生きてきました。

今年の芳ヶ江国際ピアノコンクールで復活できなければ、もうピアノは諦めようと考え、エントリーしたのです。

会場で出会ったマサルは彼女のことを「あーちゃん」と呼びました。

二人は幼馴染だったのです。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールはニューヨークのジュリアード音楽院で学んでおり、その原点は亜夜とその母にならったピアノだった、というのです。

同じ会場にいた、少し年長の男性は自分の演奏を終えて少しホッとしていました。

彼は高島明石。

音大在学時は国内のコンクールで5位に入ったこともあるキャリアながら、卒業後は楽器店に勤務。

結婚し、子供をもうけていましたが、これが年齢制限ギリギリ、最後のチャンスだと考えて出場を決意したのです。

そして誰もが驚く衝撃の演奏をした者がいました。

風間塵、16歳。

正規の音楽教育を一切受けていない彼でしたが、養蜂家の父に付き従ってフランス国内を旅している間に高名な音楽家ユウジ・フォン・ホフマンに見いだされて育てられたという異色の天才少年でした。

海辺にある小さな地方都市のホールで豊かに奏でられるそれぞれの音楽には、葛藤があり、想いがあり、愛と、人生が詰まっていたのです。

映画『蜜蜂と遠雷』の解説

原作は恩田陸さんの小説です。

直木賞と本屋大賞を一度に取った作品として大きな話題になり、その豊かな表現は実写化不可能とまで言われた物語でした。

なぜなら、恩田さんの紡いだ文章のなかにある色彩感覚とピアノのメロディを演じる、そしてその世界を再現することは不可能だろう、とされてきたからです。

しかし、石川慶監督はその恩田さんの透明感あふれるみずみずしい物語を素晴らしい若手4人と多くのベテラン俳優を配して作り上げてくれました。

恩田さんが目指した、一つのピアノコンクールを全て書き尽くした作品が、ここにあります。
肌が震えるほどの圧倒的なピアノのメロディと、キラキラした色彩感覚。

贅沢なコンサートを観て、聴いている、そんな一本の贅沢な映画になりました。

映画『蜜蜂と遠雷』の見どころ

最初から、最後まで、その音楽の全てが素晴らしいです。

収録しているのは、武蔵野音大のバッハザールと呼ばれるホールですが。

最高のピアノと、最高のオーケストラを配して奏でられるその美しい音色は物語を引き立てながら、素晴らしい精度で構築されていました。

驚嘆すべきは、役者さんたちが凄まじいトレーニングを自らに課し、その曲の殆どを自身で演奏していることです。

その曲をそれぞれ担当する個性豊かな4人のピアニストさんたちを配されて、その人たちのダイナミックな演奏から、繊細な指先のタッチまでを完コピしたというのです。

演奏するそれぞれの表情や揺れる髪までが美しく、何とも贅沢な仕上がりになっています。

全編まるでコンサートのように堪能できる素晴らしい音楽映画になりました。

映画『蜜蜂と遠雷』の感想

成長と、再起の物語です。

人が抗えない死の重さと、生のみずみずしさの対比。

そして全編通して描かれる光の美しさ。

それは雨のしずくのきらめきであったり、しん…と降り注ぐ白い月の光であったり。

そこに被さるピアノの音のなんとも美しく、そして心揺さぶる豊かなこと!

まずは大きなスクリーンと、良い音響設備で堪能していただきたいですね。

でないと、勿体無いと思うほど密度濃く、そして豊かで贅沢な映画です。

映画『蜜蜂と遠雷』の登場人物・キャスト

松岡茉優:栄伝亜夜 20歳
(ピアノ担当・河村尚子)
幼い頃に天才少女として知られていたが、母親を13歳で亡くし、ピアノが弾けなくなった。
今回の芳ヶ江国際ピアノコンクールで復活できなければ、音楽を諦めようとしていた。。

松坂桃李:高島明石 28歳
(ピアノ担当・福間洸太朗)
音大出身で、国内コンクール上位入賞の経験もある。
卒業後は楽器店で働き、結婚して幼い息子もいる。
年齢的にも最後のチャレンジとして、芳ヶ江国際ピアノコンクールにエントリーした。
彼は音楽を生業にするものでは作り上げられない、”生活者の音楽”を目指している。

森崎ウィン:マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 19歳
(ピアノ担当・金子三勇士)
ニューヨークの名門、ジュリアード音楽院に在学中。
”王子様”とも称される優勝候補。
子供時代に日本で暮らしており、近所に住んでいた亜夜と母のおかげでピアノを続けることになる。
再会した二人は「あーちゃん」「まーくん」と呼ぶ幼馴染の時代を懐かしんだ。

鈴鹿央士:風間塵 16歳
(ピアノ担当・藤田真央)
正規の音楽教育を受けたことがなく、コンクールでいきなり頭角を現した謎の天才少年。
養蜂研究家の父親とフランス国内を旅してまわっていた時期に偉大な音楽家ホフマン先生に見出されたことから彼に師事。
音の出ない鍵盤でピアノの練習をしている。

臼田あさ美:高島美智子
明石の妻で、一人息子を育てながら夫の音楽活動を見守っている。

ブルゾンちえみ:仁科雅美
明石の友人。
カメラマンで、彼の姿を記録しようとドキュメンタリーを制作している。

福島リラ:ジェニファー・チャン
美人のピアニスト。ジュリアード音楽院で学友のマサルに思いを寄せていた。

眞島秀和:ピアノ調律師
小さなピアノ工房で働いている。
ある日、明石の紹介で、亜夜にピアノを使わせてくれた。

片桐はいり:クローク係
芳ヶ江国際ピアノコンクールの会場ホールでクローク係を務めている。
ピアノ好きなようで、参加者の演奏をこっそり楽しんでいた。

光石研:菱沼忠明
コンクールの運営担当。

平田満:田久保寛
会場ホールのステージマネージャー。
裏方としてコンクールを取り仕切っていた。

芹沢興人、森優作:ピアノ調律師
コンクールの出場者らに寄り添うようにして、ホールのピアノの調律を一手に引き受けている。

アンジェイ・ヒラ:ナサニエル・シルヴァーバーグ
コンクールの審査員。
ジュリアード音楽院で教鞭をとっていて、マサルの師匠でもある。
実は、嵯峨三枝子の元夫。

斉藤由貴:嵯峨三枝子
コンクールの審査員であり、実力派のピアニスト。
自らも”天才少女”と呼ばれた過去がある。

鹿賀丈史(小野寺昌幸):
本選でオーケストラを指揮したマエストロ

映画『蜜蜂と遠雷』のスタッフ

監督:石川慶
原作:恩田陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました