映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

↓映画『ボヘミアン・ラプソディ』を今すぐに無料視聴したい方はコチラをクリック↓

「映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ画像
※2019年10月現在の情報となります。配信状況などは公式サイトをご確認ください。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を無料視聴できる動画配信サービス

2019年10月10日時点での現在の主要な動画配信サービスでの映画『ボヘミアン・ラプソディ』の配信状況は以下の通りです。

サービス名 配信状況 見放題対象
U-NEXT ×
Hulu ×
FOD ×
dTV ×

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画を無料視聴する方法

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することが可能になります。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、無料視聴できる動画配信サービスはいくつかあります。

その中でも、U-NEXTが一番オススメの動画配信サービスです。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをご紹介します!

動画配信サービスで映画『ボヘミアン・ラプソディ』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK!▲▲

 

動画配信サービスで映画『ボヘミアン・ラプソディ』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料トライアルの申し込みの入力項目が少ない
  • 無料トライアルの期間が31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『ボヘミアン・ラプソディ』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

U-NEXTでは映画『ボヘミアン・ラプソディ』のみならず、約14万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されるポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典でゲットしたポイントを活用して、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約14万もの動画が見放題です
・無料期間なのに600円分のポイントがもらえます
・もらった600円分のポイントで新作映画の視聴が可能です
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の作品紹介

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公式予告編

《ボヘミアン・ラプソディ(実写)・予告編》

全世界が熱狂!感涙!喝采!!

伝説のバンド<クイーン>の感動の物語。

魂に響くラスト21分——

俺たちは永遠になる。

イギリス・ロンドン出身の伝説的ロックバンド、クイーンのボーカルであり1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリー。

人気バンドはどのように誕生し、数々の名曲をどうやって生み出したのでしょうか?

革新的な挑戦により次々にヒット曲を出し、“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになったフレディですが、その栄光の裏側で次第にメンバーと対立し孤独を深めていくのです…。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ(ネタバレなし)

1970年、ロンドンのライブ・ハウスに通う音楽好きの若者フレディ・マーキュリー。

ファンであったバンド「スマイル」のボーカルが脱退したことを知ったフレディは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーに自らを新しいボーカルとして売り込みます。

フレディの風貌を見て怪訝な顔をする二人でしたが、その見事な歌声を聞くとたちまち心を奪われ仲間に迎え入れます。

1年後にはベーシストのジョン・ディーコンが加わり、バンド名を「クイーン」と改めました。

クイーンはレコード会社からスカウトされ、デビュー、世界各国でのライブツアー開催と躍進していきます。

そしてオペラとロックを組み合わせた斬新なアルバムを制作。

ここで映画タイトルである名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の誕生秘話が描かれています。

一方、フレディにはクイーン結成の頃から付き合っているメアリーという恋人がいました。

クイーンが多忙を極めていく中でフレディは自分のセクシャリティに気が付き、メアリーにバイセクシュアルであることを打ち明けます。
しかしメアリーは以前からフレディが自分に対して恋愛感情を持っていないことに気付いていました。

フレディはメアリーと一緒にいることを望みますが、メアリーは彼と距離を置き他の男性と付き合い始めます。

孤独を埋めるためパーティに明け暮れるフレディ。

家族を持つようになったバンドメンバーたちとも分かり合えず、精神的にも物理的にも距離が開いていってしまいます。

孤独を深めるフレディはマネージャーのポールだけが拠り所のような状態となり、ドラッグや酒に溺れた生活へと堕ちていき、体調も悪化し始めます。

そんなどん底の状態から彼はいかにして這い上がり、ライブ・エイドでの伝説の21分間のステージに至ったのでしょうか…。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の解説

2018年10月にイギリスで公開され、日本ではその約2週間後の2018年11月から公開が始まりました。

公開から27週目の2019年5月12日には累計動員941万4,054人、興行収入130億円を突破しました。

そして、ボヘミアン・ラプソディはアカデミー賞をはじめとする数々の映画賞を受賞しています。

第91回アカデミー賞では、作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞の最多4冠を獲得しました。

第76回ゴールデングローブ賞では、ドラマ部門作品賞とドラマ部門の主演男優賞を獲得しています。

主演のラミ・マレックは、撮影前からフレディの特徴である前歯の義歯をつけて役作りに臨んだそうです。

映画のクライマックスとなるライブシーンはまるで本人が憑依したかのようで、その臨場感とカリスマ性の説得力に圧倒されました。

しかもこのシーンの撮影はメインキャストの撮影初日だったというのですから驚きです。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の見どころ

ボヘミアン・ラプソディの一番の見どころは、クライマックスのライブ・エイドでの臨場感たっぷりのライブシーンでしょう。

映画館で観たとき、本当に目の前でライブが行われているかのような感覚に陥りました。

そして全編通してドキュメンタリーを観ているようなリアリティがありました。

タイトルにもなっているボヘミアン・ラプソディのレコーディングシーンは機器が発達していない70年代ならではという感じで、メンバーが試行錯誤する様子が興味深く面白かったです。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想

ボヘミアン・ラプソディはクイーンの曲をちょっと聞いたことがある!くらいなレベルの私でも十分楽しむことができました。

名曲に乗せたおしゃれな構成やクライマックスのライブシーンの臨場感だけでなく、

フレディをはじめとする登場人物たちの心の葛藤や成長にも心を揺さぶられました。

クイーンをそんなに知らない人にもぜひ一度観てほしい作品です!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の登場人物・キャスト

フレディ・マーキュリー:ラミ・マレック
メアリー・オースティン:ルーシー・ボーイントン
ブライアン・メイ:グウィリム・リー
ロジャー・テイラー:ベン・ハーディ
ジョン・ディーコン:ジョセフ・マッゼロ
ジョン・リード:エイダン・ギレン
ジム・ビーチ:トム・ホランダー
レイ・フォスター:マイク・マイヤーズ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のスタッフ

監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング, p.g.a./ジム・ビーチ
脚本:アンソニー・マクカーテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました