スポンサーリンク

映画『空母いぶき』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年5月24日に公開された映画『空母いぶき』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『空母いぶき』のフル動画をカンタンに無料視聴する方法をご紹介します。

「映画『空母いぶき』のフル動画を無料視聴する方法」の記事のサムネ画像

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の動画を無料でフル視聴する方法

結論から申し上げますと、現時点で映画『空母いぶき』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『空母いぶき』動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

映画『空母いぶき』を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、映画『空母いぶき』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

映画『空母いぶき』のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、動画配信サービスで映画『空母いぶき』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『空母いぶき』の動画配信が開始される時期は2020年1月頃になると予想されます。

映画『空母いぶき』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『空母いぶき』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの新作映画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

動画配信サービスで映画『空母いぶき』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK▲▲

 

動画配信サービスで映画『空母いぶき』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『空母いぶき』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『空母いぶき』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『空母いぶき』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『空母いぶき』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『空母いぶき』がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約14万もの動画が見放題です
・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約14万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『空母いぶき』の作品紹介

映画『空母いぶき』の公式予告編

《空母いぶき・予告編》

近未来の日本、12月23日の早朝、その領海の最南端であるハルマ群島・初島に正体不明の艦隊が迫りました。

海上保安庁が警備に差し向けた巡視艇までもが襲撃されてしまったのです。

その正体は、東アジアに於いて勢力を伸ばしていた”東亜連邦”でした。

日本政府はすぐさま海上自衛隊第5護衛艦隊を派遣しました。

その中心となったのは、航空機搭載型護衛艦…空母”いぶき”だったのです。

艦長の秋津一佐、副長の新波二佐に率いられた”いぶき”にはF-35ステルス攻撃機を擁したアルバトロス隊を搭載し、すぐさま現場海域、初島を目指して急行しました。

そこには数多くのメディアから抽選で選ばれたネットニュースの記者・本田裕子と大手新聞社の記者・田中俊一が乗り込んでいたのです。

映画『空母いぶき』のあらすじ(ネタバレなし)

12月23日の早暁、了解最南端ハルマ群島・初島に迫る艦隊がありました。

東アジア亡国を中心に構成された”東亜連邦”の艦隊です。
最も近い海域を航行していた第5護衛艦隊が急派され、空母いぶき、さらには護衛艦あしたか、いそかぜ、はつゆき、しらゆき、潜水艦はやしおが現場海域を目指しました。

いぶきには二人の男がいました。

元・航空自衛隊エースパイロットで艦長を任された秋津一佐と、副長の新波二佐です。

彼らはCICでじっとその東亜連邦の艦隊の動向を見つめていました。

東亜連邦の機動艦隊が迫り、いぶきらの行くてを遮ろうとミサイルや魚雷の攻撃が始まります。

東京の日本政府、そして現場に直面した自衛官たちの命がけの闘いは暗い海の上で刻々と続いていたのです。

映画『空母いぶき』の解説

今からそう遠くない未来、日本の自衛隊にもし”空母”が配備されたら…リアル志向のかわぐちかいじ作品の中でも最も新しい物語が、初めての実写化となりました。

現在、航空自衛隊に配備が進んでいるF-35も登場するVFXのシーンの迫力もさることながら、海の男たちの個性豊かな戦闘指揮シーンが大変興味深いです。

艦ごとに、その指揮官のキャラクターが色濃く反映しており、冷静沈着な艦もあれば、豪快な艦もある。
そうした描写が賑やかで、自然と艦を擬人化して見てしまうほどでした。

さて、この物語の冒頭で起こった領海侵犯事件は、国家の危機に直結する事態です。

政府・自衛隊が総力を挙げてそれに臨む姿と、それをみつめる記者たちの瞳。

さらに、いつもと変わらないはずと思ってクリスマスの前夜を生きている人々の姿をつぶさに描いており(ああ、もし本当にこんな事態が起こったら、自分は何処で、その時間を生きるんだろう?!)と考えさせてくれる瞬間がありました。

平和は、たまたまそこにあるのではなく。

今もどこかで守ってくれている人たちがいるからこそ享受できるのだと。

映画『空母いぶき』の見どころ

かわぐちかいじさんの原作漫画の連載は現在も続いており、この実写映画はそのエッセンスを現在発表されている中でまとめた作品になっています。

また、こうした作品の多くに企画や原案などの形でかかわっている作家の福井晴敏さんが参加されていることから、物語がシャープで緩急際立ったものに生まれ変わりました。

潜水艦や護衛艦の鬼気迫る攻防戦や航空機の空中戦、そして政府の役人たちが如何に戦闘を回避し、被害を最小限に抑えてことを収めていくかと奔走している様子が畳みかけるように描かれています。

もし現実にこんなことが起こったら…実際、こんな国際情勢は、もう恐らく絵空事ではないのかもしれません。

しかし、これはりっぱなエンターテインメントとして楽しめるテイストも満載の映画です。

小さな画面の作り込みや、会話の妙など、萌どころはいっぱいありますので、たっぷり味わっていただきたいですね。

映画『空母いぶき』の感想

この作品で総理を務めた佐藤浩市さん。

そしてコンビニの店長という一般市民を演じた中井貴一さん。

実はこの作品の舞台あいさつでお話しされていたのが、立場が逆転した映画のお話でした。

この作品の三か月後に公開された「記憶にございません!」では、中井さんが総理を、そして佐藤さんが一般市民として登場します。

そんな物語のリンクを考えながら見てみると、ちょっと物語のバックグラウンドが膨らみませんか?

テイストの違う作品ではありますが、二作同時に味わうと、より一層”平和のありがたみ”が実感できるような気がします。

映画『空母いぶき』の登場人物・キャスト

自衛隊:
西島秀俊:秋津竜太
航空機搭載型護衛艦「いぶき」艦長

佐々木蔵之介:新波歳也
航空機搭載型護衛艦「いぶき」副長

藤竜也:湧井継治
第5護衛隊群群司令

村上淳:中根和久
航空機搭載型護衛艦「いぶき」船務長

石田法嗣:葛城政直
航空機搭載型護衛艦「いぶき」砲雷長

戸次重幸:淵上晋
第92飛行群群司令

市原隼人:迫水洋平
アルバトロス隊隊長

平埜生成:柿沼正人
アルバトロス隊パイロット

金井勇太:井上明信
海幕広報室員

工藤俊作:浦田鉄人
護衛艦「あしたか」艦長

千葉哲也:山本修造
護衛艦「あしたか」砲雷長

山内圭哉:浮船武彦
護衛艦「いそかぜ」艦長

和田正人:岡部隼也
護衛艦「いそかぜ」砲雷長

玉木宏:瀬戸斉明
護衛艦「はつゆき」艦長

横田栄司:清家博
護衛艦「しらゆき」艦長

高嶋政宏:滝隆信
潜水艦「はやしお」艦長

堂珍嘉邦:有澤満彦
潜水艦「はやしお」船務長

袴田吉彦:大村正則
RF-4E偵察機ナビゲーター

渡辺邦斗:備前島健
RF-4E偵察機パイロット

政府:
佐藤浩市:垂水慶一郎
内閣総理大臣

益岡徹:石渡俊通
内閣官房長官

中村育二:城山宗介
副総理兼外務大臣

吉田栄作:沢崎勇作
外務省アジア大洋州局局長

三浦誠己:赤司徹
外務省アジア大洋州局局員

一般市民:
本田翼:本多裕子
ネットニュースの記者。いぶきに取材で乗り込んでいた。

斉藤由貴:晒谷桂子
本多裕子の上司

片桐仁:藤堂一馬
本多裕子の先輩ディレクター

土村芳:吉岡真奈
ネットニュースの現場アシスタント

中井貴一:中野啓一
コンビニ店長

深川麻衣:森山しおり
コンビニのアルバイト店員

小倉久寛:田中俊一
大手新聞のベテラン記者。裕子と共に、いぶきに取材で乗り込んでいた。

映画『空母いぶき』のスタッフ

監督:若松節朗
脚本:伊藤和典・長谷川康夫
原作:かわぐちかいじ
音楽:岩代太郎
企画・監修:福井晴敏

コメント

タイトルとURLをコピーしました