スポンサーリンク

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年7月に公開された映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『天気の子』のフル動画を無料視聴する方法をご紹介します。

映画『天気の子』(新海誠監督)のフル動画を無料視聴する方法のサムネ画像

スポンサーリンク

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の動画を無料でフル視聴する方法

結論から申し上げますと、現時点で新海誠監督アニメ作品・映画『天気の子』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『天気の子』動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、映画『天気の子』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、動画配信サービスで映画『天気の子』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『天気の子』の動画配信が開始される時期は2019年11月~2020年1月頃になると予想されます。

映画『天気の子』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『天気の子』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの邦画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

動画配信サービスで映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK!▲▲

動画配信サービスで映画『天気の子』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『天気の子』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『天気の子』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『天気の子』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメの理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約13万もの動画が見放題です
・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約13万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の作品紹介

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の公式予告編動画

《天使の子・予告編》

これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語。

高校一年生の森嶋帆高は離島から家出し、東京を訪れます。

しかし生活は困窮し、怪しい雑誌のライターの仕事を始めることになります。

そんな帆高の心を映し出すように雨が続く日々、とある日帆高は天野陽菜という少女に出会います。

弟の天野凪と暮らす彼女は、天気を変えることができるという能力を持っていました。

その時陽菜の言うように、降っていた雨が嘘のようにあたりは晴れるのでした。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)のあらすじ(ネタバレなし)

高校一年生の森嶋帆高は島の暮らしに息苦しさを感じ始めます。

そんな帆高は一人島を飛び出し、東京へと向かいました。

その船で出会った中年男性の須賀は帆高を助けてくれました。

須田の助けもありましたが、東京での暮らしは次第に苦しくなり彼は怪しいオカルト雑誌のライターを始めます。

帆高の心を映すかのように、雨が続きました。そんな中帆高が出会ったのは「晴れ女は本当に存在する」と言う話。

ライターとして調査を進め、記事を書いていきます。

そんなさなか、帆高はとある少女と出会います。彼女の名前は天野陽菜。

なんと陽菜は空へ祈ると、天気を晴れにすることができる特別な力を持っていたのでした。

帆高は陽菜が「晴れ女」だと知ったのです。

帆高と陽菜はその能力を晴れることを願う人々のために使い、対価にお金を貰い始めました。

しかし最後の依頼が、二人を事件に巻き込んでいったのです。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の解説


新海誠監督前作「君の名は。」から3年ぶりである2019年7月19日に公開。

7月20日、21日の観客動員数は1位、最初の3日間で動員数は115万人、興行収入は16億4380万円にも及び、公開から10月1日までの観客動員数は1000万人を突破しました。

第92回アカデミー賞国際長編映画賞の日本代表に選出。

また、第44回トロント国際映画祭スペシャルプレゼンテーション部門出品。

海外でも公開が決定され、香港やインドネシアなど140の国と地域で公開されています。

また本作は、角川文庫にて小説化、講談社月刊アフタヌーンにて漫画化を果たしています。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の見どころ

新海誠作品しか持つことのできない美しい映像美と、RADWIMPSが紡ぐ音楽でその世界観に引き込まれます。

また、天気を操る少女という今までにないヒロインとストーリーが新鮮で飽きることなく最後まで駆け抜けます。

これから見に行く人の絶対に面白い!という大きな期待を裏切りません。

新海誠監督がこだわった雨の描写が美しく、感傷的で、見終わると雨が好きになります。

また美しく、感動的なだけでなく、クスッと笑えるようなポイントもあり魅力的です。

そして何より、魅力的なキャラクターたちに誰しもが共感できます。

未熟で、でも懸命に生きている主人公につい自分を重ねてしまいます。

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の感想

見る前の期待を裏切らない、それを超えてくる作品です。

魅力的なキャラクターとストーリーに、映像美と音楽美が重なって満足感が高く、心が満たされた気持ちになります。

これまで雨はあまり好きではありませんでしたが、この作品は雨の日に歩きたいなという気持ちにさせてくれます。

自分とキャラクターを重ねて、そのひたむきで一生懸命な主人公たちに感動しました。

 

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)の登場人物・キャスト

森嶋帆高(醍醐虎汰朗):島から家出して東京にやってきた高校一年生
天野陽菜(森七菜):天気を晴れにする不思議な力を持つヒロイン
須賀圭介(小栗旬):編集プロダクションを営むライター
夏美(本田翼):須田の事務所で働く女子大生
冨美(倍賞千恵子):帆高と陽菜の依頼人の老婦人
天野凪(吉柳咲良):陽菜の弟

映画『天気の子』(新海誠監督アニメ)のスタッフ

原作・脚本・監督・絵コンテ・編集・イメージボード – 新海誠
製作 – 市川南、川口典孝
企画・プロデュース – 川村元気
エグゼクティブプロデューサー – 古澤佳寛
プロデューサー – 岡村和佳菜、伊藤絹恵
音楽プロデューサー – 成川沙世子
キャラクターデザイン – 田中将賀
作画監督 – 田村篤
美術監督 – 滝口比呂志
演出 – 徳野悠我、居村健治
CGチーフ – 竹内良貴
音楽 – RADWIMPS
音響監督 – 山田陽
音響効果 – 森川永子
撮影監督 – 津田涼介
助監督 – 三木陽子
制作会社 – コミックス・ウェーブ・フィルム
制作プロデュース – STORY inc.
配給 – 東宝

コメント

タイトルとURLをコピーしました